日本大学文理学部社会学科・後藤範章ゼミナールの日誌☆

社会学科後藤ゼミナールの実態とゼミ生の生態が一目で分かるゼミ日誌! しかと見れ!!!

9月29日 ゼミ前半

2014-09-30 20:33:02 | 2014年度
後期ゼミナール、第2回目は四年生の先輩方による卒業論文中間発表です。


卒論中間発表レジュメを配布する四年生の先輩方と、それを受け取る三年生


しかし、後藤先生から急遽10月に行う予定の二年生向けゼミ説明会に誰が登壇するかについての話がありました。
先生からは自薦他薦どちらでもよいので決めて欲しいとの話があり、三年生の中で決めることに。

まず推薦されたのが三年の高嶋くん。理由は、「背が高く壇上に上がった際に目立つから」「小顔でスタイルも良くゼミのイメージアップにつながるから」といった事が挙げられました。

次に推薦されたのが三年の遠藤くん。理由は、「演習のころから司会などを経験しており、安心して任せられるから」といったことが挙げられました。

次に、三年のありなさんが立候補しました。これについては特に異論などは無かった為、一人目の決定となりました。

一人目が決まったところで先生から、「今日中に三年生で残りの人を決めておくように」と指示をされ、決定は持ち越されることになりました。



また、「せたまちプロジェクト」で取り上げる予定の「雑居まつり」への取材について報告するようにと話があり、急遽報告することに。


報告を行うプロジェクトリーダーである四年鈴木さん

この際、先生から取材で使う新機材の説明がありました。


機材の説明をする後藤先生とTA堀さん

この新しい撮影機材は超長時間の撮影が可能な最新鋭バッテリーが搭載されており、超高性能マイクが使用でき、最新の手ぶれ防止機能がついているとのことです。


また次に、二年生の演習で提案されている海外での取材についての話しもありました。

演習生が提案している韓国での取材の費用の一部をゼミ生でカンパしようという提案です。
これについては、演習生の作成する取材計画、研究計画ができ次第検討するとのことです。


さて、以上の業務連絡を終え卒業論文の中間発表です。


発表席に座り発表する四年生の先輩方

発表は、卒論で扱う内容が似通っているゼミ生が前に出て発表を行いました。


司会を担当する三年遠藤くん

最初はワールドカップについて扱う先輩方が発表を行います。

加邊さんは「スポーツマーケティング」について、ワールドカップを例に企業とスポーツの関係に注目します。

刈谷さんは「スポーツイベントとスポンサービジネス」について、スポーツビジネスにおけるスポンサーシップに注目します。

鹿郷さんは「ワールドカップの光と影」について、スポーツの国際大会のあり方に注目します。

堀江さんは「ワールドカップと渋谷の関り」について、渋谷を例にワールドカップと地域社会に注目します。

一通り発表が終わった後は質疑応答に入ります。


質問をする三年佐藤くん

後半に続きます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9月29日 ゼミ後半

2014-09-29 14:40:00 | 2014年度

引き続き、4年生の卒論中間発表が行なわれました。


まずは、世田谷区まちづくりプレゼン大会に関連した卒論を書くメンバーから。


せたまちメンバーの考えている様子。

このプレゼン大会で市民団体について発表するため、このメンバーは卒論でも市民団体について書きます。
プレゼン大会自体の書類審査が近づいているため、着々と研究が進んでいます。
その成果もあって、各々の卒論の方向性や内容も明確になってきていました。


次は、個人ではっきりとした方向性を持っている4年生の報告。


発表している様子。

個人で研究を進めるメンバーはかなり研究が進んでいました。
中には、序論を書き上げている人も。とてもいい刺激になりました。



4年生の発表を真面目に聞く3年生。

今は、まだ実感がない3年生ですが、来年は全員卒論に取り組むことになります。
4年生はもちろんですが、3年生もいい卒論が書けるといいですね。


文責:加邉裕深(2014年度4年ゼミ)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9月22日 ゼミ後半

2014-09-22 18:00:00 | 2014年度
後期ゼミナール初回、後半です。
メインである写真プロジェクトについての議論を行いました。
ソシオフェスタまで2ヶ月となり、いよいよ活動も忙しくなってきました。

まず、ゼミ合宿で決まった各班の担当をまとめます。
1班:辰巳第一PA、日本橋・福徳神社
2班:都営霞ヶ丘アパート、浅草駅ビル
3班:渋谷・千代田稲荷神社、代々木八幡駅前歩道橋
4班:お台場VenusFortでのフラッシュモブ、神田古書店街・magnif
5班:明治神宮、蔵前駅前・隅田川花火大会
6班:渋谷FREEMAN CAFE(電源カフェ)、祐天寺・古民家カフェBISSORI

1班から順に夏休み中の活動報告から始まり、キャプションについて議論を行いました。


質問に答える3班のみなさん。


後藤先生から各班へ・全体へコメントがなされます。

どの班も、対話が足りていないこと、写真の面白さが文章に現れていないこと、そもそも写真の読み込みが足りていない・写真の面白さを見つけきれていないこと、東京らしさが文章から欠けていることを指摘されました。

途中には写真を全員で見て、東京らしさやおもしろい点を探したり、写真に撮られている場所の歴史や経緯を確認したり、今年は神社の作品が3点あがっていることから、それぞれの神社の特徴について確認をしたりしました。
これにより班で凝り固まっていた考え方や偏っていた意見が、より柔軟なものになったように感じます。

2次報告もあと数週間に迫っているので、今後の方針が肝心になってくるように思いました。
沢山のアドバイスやヒントが先生やゼミ生から挙がったので、今後の報告が楽しみになりました。私も今回の議論を活かしたキャプションを作りたいです。


文責:馬場美紗樹(2014年度3年ゼミ生)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9月22日 ゼミ前半

2014-09-22 18:00:00 | 2014年度
夏休みが終わり、ついに後期ゼミナールが始まりました。
各々チームでの活動がありましたが、皆が顔を合わせるのは8月初旬の合宿ぶりです。

まずは今後のスケジュールの確認です。


説明をする後藤先生。

12月2~6日には社会学科の研究発表会であるソシオフェスタが開催されます。

それに向けてゼミ生はメインプロジェクトである、写真で語る:「東京」の社会学プロジェクトをはじめ、ワールドカップの研究、浮世絵の研究など様々なテーマを取り組んでいます。

また、12月11日に開催される「世田谷まちづくりプレゼン大会」に向けての研究も
同時に進められています。


研究の進捗状況を説明する4年鈴木君

合宿時の段階では順調のようでしたが、最近は少し停滞気味ということで、
先生からはやる以上は何らかの結果を残さなくてはならない、それが出来そうにないのであれば撤退することも視野に入れなければならない、と厳しい言葉をいただきました。

頑張ってきていた研究なので、プレゼン大会チームにはめげずに当日素晴らしい発表をしてもらいたいです。

次に、本日のメインである写真プロジェクトの第一次発表です。
夏休みの間もチームごとにアンケートやインタビュー調査を行ってきました。


各班のキャプションを取りに行くゼミ生

後半に続きます。


文責:澤野孝太(2014年度4年ゼミ生)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加