日本大学文理学部社会学科・後藤範章ゼミナールの日誌☆

社会学科後藤ゼミナールの実態とゼミ生の生態が一目で分かるゼミ日誌! しかと見れ!!!

ゼミ合宿4日目(最終日)

2009-08-06 12:00:00 | 2009年度
ゼミ合宿も本日が最終日
後藤先生の授業やゼミ生から提出された395点の写真の中から議論を重ね
選考した結果、23点の写真が決定しました。
それぞれの作品は後期班の分担され、フィールドワークを重ねていくことに
なります。

最終日は合宿の総括です。

↑たくさんいます。


↑まずは先生から


↑3年の山崎君、斎藤君、倉本君


↑4年角井さん

3、4年生からは
・3泊4日というのはあっという間で非常に濃い内容だった
・67人という大人数にわかりやすく伝えるためのよい訓練になった
・会話/対話の重要性を感じた
・昨年は春合宿で演習生と接することができたが、今年は夏合宿が初対面で
 あったため、良い緊張感と共にゼミが新鮮な感じがした
・ゼミプロジェクトの理解度の違いからか、ゼミ生と演習生の温度差を感じた
・熱い議論をする環境を上手く作る必要性を感じた
・1枚の写真を提出するために180枚撮った。そのくらい納得する写真を撮る
 のは難しい
・合宿を通して絆が深まった。みんなで頑張っていきたい、成功させたいと思った
といった感想述べられました。


↑2年生の橋場君、有田さん

2年生からは
・1枚の写真から多くの見方、考え方ができてすごい
・ゼミ生の洞察力ある議論は自分にとってプラスになった
といった感想が述べられました。


↑先生の授業「都市と地域の社会学」の社会人聴講生であり、
今回合宿に参加していただいた小林さん

小林さんからは
・ゼミも会社の縮図で新人は聞く権利がある、先輩は教える義務がある、
 それによって「育ちあう、育てあう」
といった感想をいただき、4年生のとっては考えさせられるものでした。


↑TA富田さん


↑社会学科事務室から堀内さん、二宮さん

三方からは
・写真選考の議論があっさりしてたから時間が早く感じたのではないか
・先生対個人の議論はあっても個人対個人の議論がなかった
・途中、思考停止のではと思われる人が見受けられた
・思考している人でも空気が思考させられているのか、それとも自ら思考
 しているのか
・行動に考えが伴うのか、考えて行動するのか。考えて行動することが重要
・展覧会を目的にしているのではなく、展覧会を見て感じてもらうことが
 目的で、そのことが重要
・学部主催の展覧会は今回が最後だということを改めて自覚し、残り3カ月を
 過ごしてほしい
といったコメントをいただきました。


↑副ゼミ長 猿谷さん、伊藤さん

・合宿を通して展覧会にかける想い、モチベーションの高さを感じることが
 できた。
・この合宿が後期、展覧会へつながるものになった。
そして後期、展覧会への意気込みを語られました。

その後、各人合宿の感想を用紙に書き、片付けをし、最後に記念撮影!
というところで雨が…


↑全体写真 あいにく雨が…

多くのコメントをいただきみなさん考えるところが多くあったのではない
でしょうか。それと同時に合宿でみなさんのモチベーションがさらに高くなった
のではないかと感じました。
全体を通して多くの人と触れ合い、新たな一面を発見したり、刺激をもらったり
することができました。
この合宿が後期、展覧会と今後ののゼミにつながるものになったことは
間違いないでしょう。

みなさん本当にお疲れ様でした。学部主催最後の展覧会まであと3カ月。
せめぎあって紡ぎ合って自信を持って最高の展覧会だったといえるよう
頑張りましょう!

文責:中村仁一(2009年度4年ゼミ生)
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ゼミ合宿3日目後半

2009-08-05 21:30:00 | 2009年度
お待たせしました!!遅ればせながら書かせていただきます!

写真選考に苦戦を強いられ、長時間にわたって缶詰状態にされたゼミ生達。
ストレスが許容レベルを超えた彼らの目は完全に正気を失っていた。
いよいよ後期グループも決まり、緑豊かな自然界へと解放された彼らを新たな闘いが待ち受けていた。

ドッジボール

いつしか日本では“闘球”と表記されるようになった。読んで字の如く、球を武器とした闘いなのである。
溜まりに溜まった鬱憤をボールに乗せ、目前の敵にぶつけていくゼミ生達。


彼の場合、怒りの感情が自分自身でコントロールできなくなってしまったのだろう、とうとう金髪になってしまった。そう、斉藤君はサイヤ人(ドラゴンボールZ参照)だったのである。


「さーて、そろそろ本腰入れますか。」って言いそうな猿谷さん。
その胸には何が詰まっているのだろう・・・。


「君達に格の違いを見せつけてあげましょう。」
まだまだ余裕のマスター範章、と後方でそれを嘲笑う竹尾さん。てへっ


君に本日のベストスマイル賞をあげよう。3年春日さん。オードリーの彼とは無関係。


至近距離での攻撃を回避しようとする3年樋口。こりゃいい写真だ。誰かキャプション書いて。


範章in Heaven.


範章in Hell.

以下、闘いを終えた戦士達。みんなやりきった顔してる!!


チーム「クリリンのことかぁぁぁっ!!(ドラゴンボールZ参照)」
たぶん名前ちがう。


チーム「山崎夫婦」
ちなみに3年山崎さん(♀)は僕の友達の彼女なので、なんかこの名前むずがゆかったです。


チーム「お調子者」
たぶん名前ちがう。


チーム「結局人間は顔です。」
たぶん名前ちがう。

もう何チームかいたはずなんですが、激闘の末、宇宙の塵と化しました。
お悔やみ申し上げます。

さてさて、いよいよ毎年恒例、罰ゲームのお時間です。
今回惨めな思いをしていただくのは・・・

チーム「不二子先生には足を向けて寝れません」のみなさーーーーーん!!
たぶん名前ちがう。


控え室でのひとコマ。
手前のネコ娘は3年嶋さん、こりゃ全然罰ゲームじゃありませんね。そっち系の趣味がある人なら欲情しても不思議ではありません。
ポッケにつめて帰りたかった。泣


前述した3年嶋さんとすごくスタイルのいいドラエモン(演習生まひろくん)。
嫉妬嫉妬嫉妬嫉妬嫉妬shit.


「OB・OGのみなさんご無沙汰してます。ゼミ長の中村です。」
うん、じつに卑猥な顔つきですね。どーしょもねーなコリャ。


ちなみにbefore


そんでもってafter

左から順に紹介します。

過去にトラウマを抱えるジャイアン(20㌔減)
のび太に入浴を覗かれると興奮しちゃうしずかちゃん
日本のねずみ界を仕切っている長(♀)「鼠先輩とか目じゃねーっス。」
けして涙を見せないのび太
堀内さん
麗しのプッシーキャット、ドラミ
父の会社が倒産し、全てを失ったあげく新宿2丁目で働いているスネオ
ブルーマンの熱烈なファン

てな感じでしたかね。今年も腹の底から笑わせてもらいました!!
来年は床にローションまいて相撲でもしますかね!
イベント班をはじめとするみなさん、本当におつかれさまでした!!

以上、一ヵ月半もブログに手をつけず罪悪感でいっぱいの、後ゼミのキーマンこと
、3年山崎亮がお送りしました。ではまたの機会まで、アディオス!!



文責:山崎亮(2009年度3年ゼミ生)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

合宿3日目

2009-08-05 12:00:00 | 2009年度
合宿もついに3日目に突入です。

今日は、ゼミと演習を別々に行います。
演習(2年生)は別室で、ドキュメンタリーの企画案のコンペとチーム編成です。

ゼミでは、まず
広報・宣伝部会、会場デザイン・運営部会、PLP部会にわかれて、作業部会別会議です。
それぞれの部会で、秋の展覧会に向けての今後の活動などについて話し合いました。

次に
後期のキャプション班決めです!
みんなで輪になって席に座り、まず班長決めです。


↑前でしきるゼミ長、副ゼミ長

班長の決め方は、もちろん立候補制。
静かな空気の中
5人が立候補し、班長に決まりました!!
後期のキャプション班班長は
河村くん(3年)、池田くん(3年)、樋口くん(3年)、小田桐さん(3年)、齋藤くん(3年)です。
よく見ると、全員3年生。
展覧会に対する
「先輩たちを頼るだけでなく、自分たちの力でゼミを引っ張って行くぞ!」
というような熱意の表れでしょうか。

次に副班長をきめ
班長、副班長は班員を決める会議をするために別室へ。
ちなみに、班員はドラフト制で選ばれます。
会議の間、班長、副班長以外は休憩です!


↑選ばれた作品についてなど色々な話に花を咲かせています


↑昨日のセレクション夜中まで続いたからか?
 3年は多くの人がお疲れだったようです


↑こんなところで寝ている人も!

さてさて
会議も終わりまして、ついに後期キャプション班発表です!!!


↑後期キャプション班です

ここからは、
新しい班で集まり、どの作品を担当したいかを話し合い。
各班前期からの引継ぎ作品も含めて、5~6作品を担当することになります。

そして
各班の担当作品を決定するべく
各班第一希望から順に希望する作品を出し合い、
希望が重なったところはじゃんけんの勝敗で決定します!


↑班長同士のじゃんけん!声援が飛び交う場面もありました

希望を言い、重なったらじゃんけんをする。というのを繰り返しながら…

ついに
各班の担当作品が決定いたしました!
こちらです。


↑作品の左側に赤でかかれている数字が担当班です

担当作品が決まったところで
また班で話し合いです。
班の中での作品の担当者をきめたり
まずは9/19(土)のクイックデーに行われる1次案検討までにやるべきこと
などを話し合っていました。

話し合いの中、各班写真を撮らせて頂きました!


↑河村くん率いる1班のみなさん


↑池田くん率いる2班のみなさん


↑樋口くん率いる3班のみなさん


↑小田桐さん率いる4班のみなさん


↑齋藤くん率いる5班のみなさん

みなさん写真撮影にご協力ありがとうございました。

12時になったので、ここで話し合いは終了!
ご飯の時間です。
お昼ごはんはなんでしょうか。

そして、そして
午後からはみなさんお楽しみのイベントです!!

罰ゲームだけにはなりませんように…

文責:小池悠(2009年度3年ゼミ生)
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

合宿2日目(後半)

2009-08-04 14:00:00 | 2009年度
お待たせ致しました。2日目後半スタートです。
小休憩を挟み、引き続き、午後は作品にしたい写真を上げて、話し合う形で選考が進みます。

と選考の前に、後藤先生から今日のこれまでの総括。
AM1:00越えをしないために、集中して選考に取り組もうとのことでした。


後藤先生

では、後半の選考開始です。
河村さんと伊藤さんが互いに意見を飛ばし合います。


河村くんと伊藤さん

社会人聴講生の小林さんからは、社会人ならではの意見が聞けました。


社会人聴講生の小林さん

討論に一段落つき、晩御飯の時間ため休憩に入ります。


二宮さん

休憩を挟み、21時から再開です。
お疲れムードも出できて、AM1:00越えがリアルになってきました。



お疲れムード

そんな中、携帯片手に原宿について熱く語る山崎君。


山崎君。

ということで、AM1:30すぎに選考終了。
全部で22点の写真が選ばれました。

1.浅草羽子板
2.日比谷東京宝塚劇場
3.銀座米作り
4.六本木ヒルズ太極拳
5.渋谷109マーケティング
6.渋谷駅 岡本太郎《明日への神話》
7.恵比寿ガーデンプレイス屋外映画
8.新宿アンテナショップ
9.新宿大江戸線エスカレーター
10.駒込六義園夜桜
11.新宿高層ビルからの夜景
12.高尾山
13.後楽園ホール三沢追悼
14.台東区公衆トイレ
15.原宿ルイ・ヴィトン
16.お台場ガンダム
17.原宿GAP前 スナップ写真
18.原宿駅舎&銀杏並木 聖徳記念絵画館
19.神田祭り
20.中銀カプセルタワー
21.アメ横
22.新宿丸井 GROM

明日は班決めとレクリエーションです。
今年は誰がバツゲームをするのでしょうか?
皆さんお疲れ様でした。

文責:今橋輝久(2009年度3年ゼミ生)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

合宿2日目( 前半)

2009-08-04 09:00:00 | 2009年度
さぁ、合宿2日目の始まりです!

今日は初日に選ばれた55点の中から、
実際に作品化する作品を20数点にまで絞る作業です!!

...と、その前に。
後藤先生から、毎日新聞の方達が、
展覧会に毎日新聞社として共催してくれることになったという報告が!!


↑報告中の後藤先生

先生の報告も終わり~...
話し合いスタート!!

午前中は、落としたい物から選んでいきました。

発言第一号は、朴さん!さすがです!!


↑発言中の朴さん。いい笑顔です!!

少数でも強い思いがあれば生きる!!
(...2、3回目はそういかないけど)

という先生のお言葉により、たくさんの作品が、
落とされそうになっては復活し...を繰り返し、
PM12時、午前の部が終了した時点では、
まだまだ数多くの作品が机の上には残っていました...。

そしてお昼を食べ午後の部突入!!
午後からは、これは作品化すべき!という作品を選んでいきました。

実際に作品化するとなると、
選ぶのが難しくてなかなか決まりません...。


↑作品化するか審議中の写真をみんなに見せてくれている二宮さん

そして紹介が遅れてしまいましたが、午後の部の途中から、
OBの石塚さんがセミナーハウスまで足を運んで来てくれました!
わざわざありがとうございます!!


↑挨拶中の石塚さん

さぁ、一体いくつの写真が作品化されるのでしょうか!
去年のAM1時まで話し合うという記録をさらに破ってしまうのでしょうか!?
答えは2日目(後半)日記へ続く...。

文責:春日七恵(2009年度3年ゼミ生)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

合宿初日

2009-08-03 14:00:00 | 2009年度
とうとう合宿です!

遅刻してくる人もいなく、2年の演習生、3、4年のゼミ生が集まる
ことができ、無事に合宿を迎えることが出来ました。
演習生とゼミ生がちゃんと顔合わせしたのは、この合宿が初めて
でしょうね。
そして生徒に加え、助手の堀内さん、二ノ宮さん、TAの富田さん、
社会人聴講生の小林さんも合宿に参加して下さいました。
3泊4日よろしくお願いします!

セミナーハウスに着いて休む暇もなく、早速全作品との対話が始まりました。


↑展覧会の作品化選びということもあり、みんな真剣な面持ちで作品と向き合っています

全作品と対話が終わった所で、毎年は一人ひとり作品を推薦していき
いましたが、今年は人数が多いので作品を挙手制で推薦していくこと
になりました。


↑推薦人数の多さで作品を振り分け

作品を推薦した後、後藤先生が推薦漏れの作品を拾い集めます。


↑先生の華麗な手さばきであっという間に作品が拾い集められていきます!

推薦作業が一通り終わり、それをまた絞る込むため作品への意見の語り合い
がなされました。


↑TAの富田さんが全員に分かるよう、作品を回してくれています

合宿1日目の写真選考はこれで終了です。
夕食、入浴後の21時30からは、演習生による前期映像作品の上映会です。
2年生は合宿ぎりぎりまで、編集に取り掛かっていたそうです。
どんな作品に出来上がっているか楽しみですね!

いよいよ演習生による上映会です。
2年生にとっては、前期の成果発表ということになるでしょう。


↑上映前に班員による一言挨拶

今年は、去年よりも多い6作品が上映されました。
現代の社会問題であるネットカフェ難民を題材にしたシリアスな作品や
男女の修羅場をコミカルに描いた作品など、ユーモア溢れる作品ばかりでした。


↑上映会場の様子

上映終了後、前期映像製作を終えた感想やゼミ生からの作品を
観た感想、アドバイスの声が挙げられました。


↑去年、映像制作を経験した3年斉藤君も2年生へ今後のアドバイスを送る

2年生は後期、東京ドキュメンタリーという映像制作に取り掛かります。
この調子で、11月の上映会に向け、前期で学んだ事を活かして、素晴らしい
作品を作ってもらいたいですね。

明日2日目は、本格的にセレクションが始まります。
何時に寝れるでしょうか・・・。

文責:竹尾有美子(2009年度3年ゼミ生)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加