日本大学文理学部社会学科・後藤範章ゼミナールの日誌☆

社会学科後藤ゼミナールの実態とゼミ生の生態が一目で分かるゼミ日誌! しかと見れ!!!

6月30日後藤ゼミ

2008-06-30 17:00:00 | 2008年度
今回のゼミはそれぞれ行った広尾T・Wと築地T・Wの報告から始まりました。

広尾班の報告は星さんから、
築地班報告は猿谷さんから、
それぞれの報告を聞きました。

広尾班も築地班も日ごろできないウォッチングをすることが出来たようです。


↑皆で報告を聞きます。

続きまして・・・
築地T・Wに行った人たちの感想や思ったことを
発言してもらうことになり、
観光客の多さ
セリについて
築地の人と人との繋がり
など様々な感想をもったようです。
先生の仕入れた情報を皆に聞かせもらったりしました。

続きまして…
キャプション班別で今日までの作業と報告と
今後の方向性について。

築地班は、
セリの迫力や様子から、
関西の寿司と関東の寿司、
日本における寿司文化から
マグロに注目しては、ということになりました。

銀座班は、
なぜ銀座に花が多いのか
銀座を構成するショップ、ギャラリー
銀座の花の需要の高さに注目しては?

副都心班

↑先生の素敵な絵

従来の地下街の比較
地下空間の拡大と地上へのつながりについて注目しては。
などといったことを先生のわかりやすい絵で説明しました。

隙間建築班は
キャットストリートにするか否か。
特有の現象のことなのか否か。
とのことでした。

来週に向けてそれぞれの班で頑張り時のようです。
来週にはどんな作品になるのでしょうか。

文責:今井晴香(2008年度3年ゼミ生)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

広尾TW

2008-06-23 17:30:17 | 2008年度
今回広尾TWに参加したのは5名
◎星・後藤・卯野・古瀬・山本でした。

13時、日比谷線広尾駅三番口にて待ち合わせをし、広尾TW開始!!!
三番口から地上に出て、向かった先は広尾ガーデンヒルズ
坂を登って行くと背の高い木々が道なりにずっと生えていて、
さらに素敵なマンションが並んでいました。


(広尾ガーデンヒルズ)

普通の住宅地ではあまりタクシーを見ることがないのですが、
ここではお金持ちが多いためか、タクシーを頻繁に見かけました。
また、花束を抱えた人などもいて、さすが高級住宅地という感じでした。


(住宅地なのに多くのタクシーが見られた)

さらにはマンションの1階部分に花屋さんや銀行、カフェなどが入っており
設備が整っているようでした。
お昼過ぎのひと時を優雅にカフェで過ごす人がちらほら見受けられました。


(花屋を見る古瀬さん。山本さん)

私の印象としては広尾ガーデンヒルズは高級!!!という感じでした。
将来はこんなところに住みたい!!!

広尾といえば、外国の大使館。
やはり外国の方が多く、広尾のあちらこちらで外国の方を見ました。
そこでおもしろいなと感じたのが、このお店です。


(天ぷらの表記がローマ字で書かれてるお店)

天ぷらという日本語の下に、ローマ字でTEMPURAと書いてあります。
このように、英語で書かれた品書きなどをみることで、よりこの町が
外国の方と結びつきが強いことが感じられました。


(過去に取り上げられていたナショナルアザブスーパーマーケット)

次に向かったのが、ナショナルアザブスーパーマーケット
やはり外国の商品が棚に陳列されていて、お客さんも外国の方ばかりでした。
お店の人は英語が話せるようで、外国の方と英語で何か言っているのをみて
驚きました。
ここのスタッフはみんな英語が喋れるのかなぁと疑問に思いました。

次に、スウェーデンや中国などの大使館をみて回りました。
ほぼ塀に囲われていて中をうかがい知ることは出来ませんでした。
しかし、国旗はどこの国の大使館でも掲げられていました。


(塀に囲われた大使館)

また、大使館周辺ではこんなトラックを発見!!!
海外引越し専門のトラック、
こんなトラック私は見たことがなかったので驚きでした。


(海外引越し専用と書かれたトラック)

大使館周辺を後にし、私たちは有栖川記念公園に足をむけました。
木々に囲まれていて、ここ最近まったくみることのなかった
なめくじがいました(卯野さんが発見)


(有栖川公園散策中)

公園内には犬(大型犬)の散歩をしている人や、
遊具の周りには日本人の子供たちと同じぐらい外国の子供もいて


(3匹もの大型犬と散歩中)


(公園内で遊んでいる外国の人)

その後、休憩をするためにカフェに入り、広尾から西麻布に出て六本木の東京ミッドタウンにあるフジフィルムの展覧会(無料)に行くことを決めました。


(東京ミッドタウン内にあるフジフィルムのギャラリー)

ここでは毎回企画展をしており無料でギャラリーをみることが出来ます。
今回は『「日・欧巡礼の道」展 日本編/熊野古道 写真・南川 三治郎』
が開催されていました。

写真展をぐるっとみてフジフィルムの前で解散。
お疲れ様でした!!!

文責:星ともみ(2008年度3年ゼミ生)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

築地TW

2008-06-23 10:20:00 | 2008年度
今日は今年度初の合同TWです。

0:00 築地集合。

夜中から朝までという過酷なスケジュールにもかかわらず、
18人の現役生と富田さん、先生が参加してくださりました。

とりあえず、ジョナサン築地店で時間をつぶします。


↑先生は靴を脱いで椅子の上にあぐら、リラックスモードです。

体力温存のため寝るかと思いきや・・・
みんななんだかんだわいわいと話していたら、
あっという間に夜中の3時です。

さぁ出発!!!!


↑小降りの雨の中、いざ出陣!

まだシャッターが降りている店が多い場外市場を通りぬけると、
築地場内へトラックの列が並んでいました。
もう市場は動き出しているんですね、午前3時の話です。

受付で見学証を受け取り、
セリ見学の前まで班ごとに行動することにしました。

◎萩原、栗原、長森、柴田
◎猿谷、児玉、丸田、上野
◎河村、小俣、朴、庄司、中村、富田さん
◎森、角井、伊藤、今井、後藤先生


↑築地市場の正門です。

築地市場の場内は、狭い通路をターレットが行き交い、
私たちはそれをよけるのに必死です。


↑ターレット。荷物を運ぶのに使います。

中卸業者のお店は、セリの前ということもあり、
まだあまりお魚は並んでいませんでしたが、
みなさん大忙しで、見学者は本当に邪魔者です。

午前4時ごろ。
まぐろのセリ場の前を通ると、
セリ場に入りきらないまぐろ達が通路にまで並べられていました。
今はまき網漁の季節なので、こうしてセリ場に入りきらない量が
築地へ集まることも珍しくないそうです。


↑生のまぐろは高値で取引されます。

さぁ、5時です。
正門にもう一度集合し、
みんなで冷凍マグロのセリを見学しに行きます。

冷凍まぐろのセリ場は本当に寒く、足の裏が凍りそうになります。
しかーし。セリ見学は今回のTWの目玉です。
早めに行ってベストポジションを確保。
数分後、ふと後ろをみると、ほとんどが外国人。
築地が観光名所になっていることがよく分かります。
200人ぐらい外国人が来る日もあるそうです。

セリ直前になると、セリに参加する人たちがどんどん集まってきて、
尻尾の部分の肉を見たり、腹に懐中電灯を当てて見たり・・・
どのマグロをいくらでセリ落とそうか、考えます。


↑手前は全部本まぐろ

私の班は前期キャプションで築地をテーマにしているので、
見学者通路から中にいる方に質問等をしていると・・・

「じゃあ特別に一人だけ案内しましょう、どうぞ!!」

と、私と角井さんで質問攻めをしていた方が言い出し、
なんと脇から質問に参加しだした先生が中へ・・・!!!


↑どんな話を伺ったのでしょうか、気になります。

5:30
リンリンリンリンリンリンリン・・・・・・・
と鐘がならされ、セリが始まりました。


↑いつ息継ぎをしているか。声を出し続けるセリ人

セリ人さんは独特のリズムをとりながら、
1番~1番~と、声を張って、セリに参加している人の手元を見て
値段を決めていきます。
その熱気は本当にすごいです。
あっという間にセリ落とされたまぐろは、
セリ落とした仲卸業者や売買参加者がすぐに運んでいきます。

6:15にはセリが終わり、
これから仲卸業者がまぐろを解体して、
自分のお店に並べるのです。
町の魚屋や、すし屋、割烹料理屋などが
築地の場内にある、この仲卸業者の店に仕入れに来ます。

7時にもなると、こういった買出し人が、
竹かごを持ってやってきます。

セリも終わり、いったん解散となります。
ここで、おつかれさまぁ~☆と言い合っていると、
先生とはぐれてしまいました。

しかたがないので、
残った組で朝ごはんを食べに築地場外市場へ・・・。
ラーメンを食べた人もいましたが、
私たちは海鮮丼を食べました☆

おなかがいっぱいになると、どうしても眠気が・・・


↑角井さん、体力の限界か。

場外市場に休憩室があったので、そこで少ーし仮眠??
を私たちはとってしまいました。

8時半。
築地についてのビデオを見せてもらうため、
会議室に集合。
先生とも合流することができました。

ここまで残ってくれたのは、
築地班の森さん、小俣さん、角井さん、萩原さん、猿谷。
と、中村君と今井さん、そして先生です。

場内にある会議室で、築地市場管理課の杉田さんに
東京の市場に関してのビデオを見させていただきました。

ビデオ鑑賞後、質問にも答えていただき、
本当にありがとうございました。


↑いつも築地班がお世話になっている杉田さん

会議室を出たのは10:20。
みんなくたくたになりながらも、
得たものは大きかったのでは?

第3次キャプション検討会に向けて、
大きな収穫をした築地班。

参加してくれた他の現役生も、
東京の台所“築地”を肌で感じることができ、
合同TWは大成功?!

みなさん、お疲れさまでした~~☆

文責:猿谷ゆい(2008年度3年ゼミ生)
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

6月16日後藤ゼミ(後半)

2008-06-16 16:10:00 | 2008年度
蒸し暑いなか、引き続き第2回タイトル・キャプション案の発表・検討会です。

あれ?もしかして…
先生さっそく角井さんのマネをして靴を脱いでます!!


↑角井さんのマネをしてみた先生の靴下スタイル

さぁ議論の続きです。

まずは4班の『地価上昇から見るブランド性』からです。

・狭小物件の東京性
→狭小物件はほかにもたくさんある。なぜこのたこ焼き屋?
・この写真の面白さは?
→土地の有効活用
・原宿のブランド性とは?
→原宿という土地がもはやブランド化している。

キャットストリートの猫の額ほどの
狭い隙間をうめてあざとく商売をする東京人

キャプションを地価や狭小物件から変えた方が良いということに。

次に3班の『副都心線による百貨店と人の変化』

・生活圏の拡大をいいたいのなら和光の写真を撮ったほうが良いのでは?
・もともと山手線などとつながっていたので、生活圏の拡大はないのでは?

メディアと同じようなことをやっててはダメ!
現象を肌で感じて、もっと斬新な切り口で語ろう!!

新宿の地下空間に注目して、写真とキャプションをやり直すことに…

最後に1班の『銀座と花』

・花は銀座を演出する。
・花屋激戦区の様子とアンダーグランド銀座の2パターンを調べては?

順調な班と振り出しに戻ってしまった班もありますが、
がんばりましょー!!

次のゼミは築地と広尾のふたつにわかれ、タウンウォッチングです!


↑タウンウォッチングの最終確認をする星さん

文責:上野 はるか(2008年度3年ゼミ生)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6月16日後藤ゼミ(前半)

2008-06-16 14:40:00 | 2008年度
今日のゼミは第2回タイトル・キャプション案の発表・検討会です!!

まず、夏休みの合宿について・・・

いろいろありましたが、恐らく第3希望までのいずれかの日程で、
山中湖セミナーハウスに決まりそうです☆

次に23日のタウンウォッチングの確認を少し。
築地班は集合場所、集合時間だけでなく服装にも注意が必要です!
築地班、広尾班とも充実した内容になればいいですね!

イベント班から7月14日の前期最後のゼミの日に、
打ち上げをすることが発表されました~☆
皆さん予定を空けておきましょう。

そして、いよいよキャプション検討会です。
各班のキャプションと写真を一通り皆で読みます。

その後各班から補足説明

・2班 築地   建値市場にポイントをおいた。
・1班 銀座   さらに深く花屋について調べ、インタビューも行った。
・3班 副都心線 流動性にポイントを変えた。14日の開通日の様子や写真。
・4班 近代建築  題材変更→原宿のたこ焼き屋。


↑新たな題材になった4班のキャプションを説明する星さん

2班についての議論からスタート!!

・副題はどうしてカタカナ?
・地方からきた魚が築地産ということになるのか?
 →産地、水揚げ地、価格をつける市場の3つの場所の情報
・観光に来た人への対応は?
 →パンフレットなどは用意されている。
・築地直送とつくだけでブランド性がでるのか?質自体も違うのか?
 →高値で売れそうな魚は築地へ、他は地方市場へ!?

などなどの質問や批評が・・・

築地はイメージばかりが先行しているので本質について
書きたいと2班は考えています。

先生からのコメント・・・
・キャプション内容と写真が不一致
・経済学であって社会学でない

写真が良いので他の内容でキャプションを書いてはどうか?


↑2班のキャプションと写真について批評する後藤先生

そしてこの授業時間の最後に・・・
先生「角井さんが靴をぬいで素足でいるの大変気持ちよさそうでしたぁ~」
皆「!?!?!?・・・」

いきなりの発言内容で皆とまどいましたが、
後藤ゼミではこれから靴をぬいでの授業スタイルが流行るかも!?
後半へ続きます・・・。


↑先生もマネしたくなる角井さんの素足スタイル

文責:後藤 のどか(2008年度3年ゼミ生)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6月9日後藤ゼミ(後半)

2008-06-09 17:00:00 | 2008年度
さぁ!ゼミも後半になりました。

始めの15分は部会ごとの話し合いの続きをし、
各部会どういった仕事があるのか理解を深めました。

また、2004年卒小田急トラベル勤務の加藤さんも
挨拶に顔を出してくれました。


↑挨拶をする加藤さん

卒業した後に気軽にゼミに来られるっていいですよね!

そして部会のこれからの動きについてそれぞれから報告がありました。

●広報・宣伝部会
・合宿までには世田谷区教育委員会や日本都市社会学会からの後援をいただけるように。
・対メディアは早すぎてもダメなので、夏休み明けくらいから。

先生から、
・TVドキュメンタリーということを考えたときに、よい媒体はあるのか?
・昨年は時間が余計にかかったので、メリハリをつけて行うのが広報の課題。
という助言をいただきました。


↑広報・宣伝部会班長、高橋さん

●会場・運営部会
・夏休み明けから動き出す。
・渉外は夏休み前に。
・シュミレーションはオーバルホールで行う。

●PLP部会
・合宿までに展覧会パンフを集めて、合宿時にラフ画持ち寄る。
・クイックデー(9月19日)に一次案を皆さんに提案。

PLPは昨年の出来が素晴らしかったので、今年は昨年越えを!!
とハードル高めのようです。
ポイントは
視認性・訴求性・判読性です!!

各部会、これから11月の展覧会に向けて頑張りましょう!!

続いては、合同タウンウォッチングについて話し合いました。

後藤先生からは、あえてゼミで行かなくてもキャプション班で
いろいろ行けるし、TWしなくてもいいんじゃないかという話が・・。

対してゼミ生からは、
・夏合宿で持ち寄る作品には、ゼミでのTWに行ったときの写真が多い。
・集団で行くとより大胆になるので、いい写真が撮れる。
・TWは貴重なもの。
といったTWやりたい意見が出ました。


↑TWやろうと先生に訴える朴くん

そして話し合いの結果、6月23日(月)に合同タウンウォッチングをすることになりました。
日程は以下の通りです。

《早朝組》~築地市場~
日時:6月23日(月)0時集合
場所:大江戸線築地市場駅、日比谷線築地駅の各改札を出た所

3時頃から築地市場入りをして、場内の見学、せりの見学等々。
場内はびちょびちょなので長靴もしくはスニーカーで来ること。

☆築地班
 ◎萩原・栗原・長森・柴田
 ◎猿谷・児玉・丸田・上野
 ◎河村・小俣・朴・庄司・中村
 ◎森・角井・伊藤・今井・後藤先生

それぞれの班長を、キャプション築地班の皆さんが務めてくれます!

《午後組》~広尾・麻布~
日時:6月23日(月)、13時集合
場所:広尾駅

大使館が多く、外人さんのよく行く高級品のスーパーなどがある広尾から麻布にかけてTWします。

☆広尾班
 ◎星・卯野・高橋・古瀬・山本・木村・後藤

当日はどちらの班も有意義な時間が過ごせるといいですね!!


↑今日のゼミも終盤に近づいた様子

最後に夏合宿の日程について報告がありました。
事前に決めておいた第一~第三の希望日に合宿を行うのが厳しくなったため、代替案を話し合い。
日程をずらすのはおそらく無理だろうということで、他のセミナーハウスを探すことに。

代替の日程等々はまた来週話し合うことになりました。

来週は第2回タイトル・キャプション案の発表・検討会!!

前回からどんな風に変わったのか楽しみですね~♪

文責:柴田 碧(2008年度3年ゼミ生)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6月9日後藤ゼミ(前半)

2008-06-09 14:30:00 | 2008年度
本日のゼミでは部会の編成を行いました。

・広報・宣伝部会
・会場部会
・PLP部会

最初に後藤先生から各部会の説明がありました。

4年生は今までと同じ部会を引き継ぐことになり、
3年生は黒板に希望を書きました。


どうしよ~?と、迷いの声もちらほら‥

みんなの希望を見てみると…

前回の役職決めで学んだのか、どの部会も程よく人数がわかれていて、
さらに貴重な3人の男子もうまい具合に3つの部会に分かれていました!

皆さん、後藤ゼミの空気が読めるようになってきましたね!(笑)

部会の新メンバーは以下のように決まりました。
(敬称は省略させていただきます)

・広報、宣伝部会

4年生:高橋、児玉、卯野
3年生:朴、川村、萩原、伊藤、栗原

・会場部会

4年生:小俣、山本、(児玉)
3年生:今井、猿谷、丸田、後藤、庄司、長森

・PLP部会

4年生:森、古瀬
3年生:中村、角井、柴田、上野、星

おかげであとは微調整だけで済んだので、部会決めは割と早めに終わり、
後半は各部会ごとに分かれて今後のことについて話し合いました。


広報・宣伝部会。真剣に話し合い中です。

我が会場部会が活動するのは10月になってからとだいぶ遅めですが、
広報、PLPは前期から動きだすようなので、
キャプションと同時進行になり、ますます忙しくなりそうですが
展覧会を成功させるため、力を合わせて頑張りましょう!!

文責:丸田結香(2008年度3年ゼミ生)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6月2日後藤ゼミ

2008-06-02 16:10:00 | 2008年度
本日は第1回タイトル・キャプション案の発表会・検討会でした。

まず、各自配布されたキャプション案に目を通し、いよいよ各班ごとの発表です!

1班 定点観測
「銀座花物語-露店花屋からみえるもの-」
高級クラブが軒を連ねる銀座7丁目の夜にスポットをあて、そこに現れる軽トラックの花屋とその花を買う男性とクラブの女性の写真から、花屋を通して銀座を見る。という面白い発想のものでした。


外見と説明していることのギャップが激しい中村君

2班 築地
「頑固都政-海鮮丼はどこへ?-」
写真は築地の場外市場の様子を撮っており、内容は築地の移転問題に対する、東京都vs市民というものでした。


何だか癒される声を出して説明している森さん

3班 副都心線
「新高級路線!?-東から西へ-」
写真は新宿高島屋前にある新宿三丁目駅。
副都心線開通による、百貨店戦争を取り扱っており、特に池袋駅にある東武・西武百貨店にスポットをあて書いていました。

4班 近代建築
「園長、裸電球に目が光る」
写真は立川にあるふじ幼稚園にある裸電球。
利便性が追求される今だからこそ、不便さの中で育てていこうとしている、園の教育方針を取り上げていました。


アーティスティックな説明をする古瀬さん

発表を一通り終え、次は各班のキャプションに対する意見・質問・批評タイムです。

1班
・値段は?客層は?
・花はもしかしたら質がいいのでは?

2班
・考察というより、事実を書いてる。
・場外市場と場内市場の違いは?

3班
・写真とキャプション内容にズレがあるのでは?
・改装したら中に入っているブランドも変わるのでは?

4班
・何が東京らしいの?
・建築はどこにいったの?
・この幼稚園だけ着目して不便さを強調するのは無理なのでは?

などなど、痛いところを突かれたり、なるほどと思わせるような意見が出てきて、今後の参考になったと思います!

休憩を挟み、後半戦の突入です!
まず後藤先生から各班に対する意見をいただきました。


温厚そうな顔立ちから出てくる、出てくる厳しい言葉!の後藤先生

1班
・写真が悪い。
・銀座を象徴するマークを写真に入れるべき。
・銀座と花の関係はおもしろい。
・インタビューが無理なら直接観察で色々発見していこう。

2班
・中央卸売市場と地方卸売市場の違いをもっと理解しよう。
・品物のルートはどうなってるんですか?
・築地の事実ではなく築地の社会学にしていこう。

3班
・この写真では何を伝えたいのかわからない。
・百貨店のパルコ化
・百貨店のバイヤーとは?
・店舗改装による扱う商品の変化は重要。
・デパートの実態をもっと調べてみては?
・百貨店相関図。

4班
・テーマを変えたほうがいいのでは?
・社会学になってない。
・東京性もない。

今の段階でキャプションが書けそうなのは、順に1班、2班、3班・・・
そして全くと言っていいほど希望が見出せない4班という感じでした。

最後にもう一度、意見交換(今後4班はどうすべきか!を重点的に)をして今日のゼミは終了。

再来週の第2回タイトル・キャプション案の発表会・検討会まで、各班キャプションを練りに練っていきましょう!

特に4班!合言葉は「不可能を可能に!」ですよ!

文責:伊藤しおり(2008年度3年ゼミ生)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加