日本大学文理学部社会学科・後藤範章ゼミナールの日誌☆

社会学科後藤ゼミナールの実態とゼミ生の生態が一目で分かるゼミ日誌! しかと見れ!!!

ウェブ改訂&暑気払い

2007-08-12 23:30:00 | 2007年度
■日本の夏、ウェブ改訂の夏■
真夏の風物詩、ほぼ八月唯一のゼミ活動であるウェブ改訂
であるが今年は、ゼミ合宿が一週間遅れたのでどうもそんな気がしない。
ウェブ改訂というと、システム班とOBしか来ないと思われがちだが、
各部会のメンバーも報告にやってきたりするので意外と賑やかなのだ。

■13時研究室集合。
まず全体の作業工程など今日のスケジュールの確認
・出版に耐えうる高画質の過去作写真のスキャン&補正作業
・現状のHPの細かい更新作業
・現在絶賛進行中の新HP移行にむけての話し合い
・各部会の報告

■そしてコンピュータ実習室に移動


…キュッキュッカキカキ…

システム班班長大橋くんが作業工程をバシッとわかりやすく解説。

■以降、ほぼ同時進行ドキュメント

(1)馬車馬のように、ひたすら過去作写真をスキャンするチーム
貴重な写真を取り扱い、順番どおり写真を戻さなければなりません。


「九枚並べてスキャンすれば…らくちんらくちん」

(2)まったりスキャンした写真を一枚一枚カットするチーム
単調かつ、シビアなマウスワークが必要とされます。
暇そうなひとを見つけては仲間に引きずりこんでいきます。


「あのさー面倒でもスキャンチームが一枚一枚スキャンすればこの作業いらなくなくない?」

「ちょっと曲がっててカットしづらいんだけどー!」
「こっちだってスキャン大変なんだよそっちでなんとかしろー!」
といった言葉が飛び交いながら、和気あいあいとしたムードで進みました。
(システム班じゃないのに手伝ってくれた人助かりましたありがとー)

(3)新HP移行に向けての話し合いチーム
一方研究室では、OBの方と三年生が中心になって、
新HP移行に向けての話し合いが持たれました


詳細は未だ明らかにされていませんが有意義な話し合いが持てたそうです。

(4)部会報告

・広報宣伝部会
部会長の高柳君が到着したのでコンピュータ実習室の片隅で
部会と先生の話し合いも始まりました。
企画書の草案を見ながらの、先生と部会長白熱したやりとりで、
写真など撮れる雰囲気ではなかった(ウソつきました。撮り忘れただけです)
部会長の熱意が伝わります。去年以上のものができるといいですね。

・デザイン部会
なし(まだまだこれからさ)

PPF(ポスターパンフレットフライヤー)部会
ポスターに使う写真が決まっていた去年に比べ
自由度が高い分、方向性の決定が難しいようです。
先生がどういうものを求めているか、
自分たちはどうしたいかのすり合わせをしていたようです。

去年のポスターを見ながら。シンプルに文字データを減らしたい部会と、
「これ以上減らせない」という先生。負けるなー

あのー暑気払いまだですか?
作業が一段落したのはなんと7時すぎ。
やっと暑気払い開始。もうみんな腹ペコだよ。そして麦酒!!

まずは先生と奥様で午前中作ってきたという愛の手作り餃子(なんと80個!!)

(お味は?)「んーうまい!感謝感謝」

■OB自己紹介
三年生が多くいるということで、OBの方から
自己紹介をしていただきました。
それに加えて先生が各代についてコメントしていきました。
「ここだけの話(多い!)」や「十年越しの恨み話」(荒木さんの代「桜の季節」)
が飛び出したり、ふだんゼミ生を褒めることの少ない先生が
「彼らの代が最高レヴェルだった」(馬場さんの代です)とべた褒めを始めたり。
言われた方も「当時はそんなこと一言も…」といった感じで困惑気味。
いつの時代も先生に褒められ慣れていない後ゼミ生というのは
変わらないなぁと思ったりしました。


↑黄金世代の馬場さん。さらっと現れた、いわゆるスーパーOB坂田さん

■現役生自己紹介
当然ながら現役生からも自己紹介。
酔いが回ってきて不利なんですが、
恥ずかしいところは見せられないと
みんなかなり熱が入っていたように感じます。


副ゼミ長。幸せそうな表情です。あ、あの話題のときか


自分。柄にもなく真面目に喋ったつもりが、説得力ナシ?


高橋君。「OBのみなさんは、ぼくがなんでサモンって呼ばれているか
分からないと思うんですけど…」
OB「いやわかるって(爆笑)」


森さん松本さん。紅二点ですな。


児玉君。ピカチュウっぽい。彼は高いところで喋るのが好きなようだ。

話は自然と今年の現役生、ゼミ活動について白熱していった。

■真面目な話もありつつ…
ホットプレートはフル稼働中
横川さん、馬場さんが遠くまで買いに行ってくれた、
ゴールデンポーク&スーパーゴールデンポーク!!

ぶ厚い!うまい!名前が凄い!
ありがとうございますおいしかったです!

そして宴もタケナワといわけで

恒例締め焼きそば!!


↑坂田さんプロデュース。
自分も研究室の全く切れない包丁(もはやただの鉄の板)で
野菜切るのを手伝いました。あれでにんじんの皮剥けとか無茶です。
途中、水の代わりにポカリが投入されそうになりましたが、
おいしくできました。

以上。

毎度、現役生としては正直言って"緊張感"の伴う
イベントではあるのですが、出たら出たで
なんだかんだ楽しくて、最後までいてしまうんですよねぇ。
みなさんどうもありがとうございました。

オマケ

↑テイトウワっぽいポーズ、高柳君。
「オレさ八時二十分発の夜行バスで実家に帰るんだ」
と言っていた彼は、八時二十分現在、まだ研究室にいた。
そしていつのまにかに消えていた。
彼は無事実家に帰れたのだろうか。心配である。

文責:小出孝芳(2007年度4年ゼミ生)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

後藤ゼミ夏合宿 4日目

2007-08-06 11:30:43 | 2007年度
10:00 合宿総括

今回の合宿を総括しました。
その中で来年のゼミ方針について、先生から提示がありました。
来年の3限を2年生の映像社会学を実施、4限を2週間に一度2.3年の映像社会
学と2週間に一度の3.4年合同のゼミ。そして5限を3.4年のゼミ。
つまり演習、ゼミ1・2の連動性を重視するとこと。
これは3年生が一番負担になるわけですが・・・。
これについてはゼミ長からは「よくばりすぎかな」と否定的でしたが、
現2年生からは「今の2年はやる気のある生徒が多い」となんとも来年が楽しみな
一言がでました。


→参加してくれた2年生。来年がほんと楽しみです。

ともかく今回も無事にゼミ合宿を終えました!!!!
今回写真は21点+1点(保留) が選ばれましたが、みなさん協力していい作品を目指
していきましょう!!!


→みなさんほんとお疲れ様☆

文責:相沢 政斗(2007年度4年ゼミ生)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

後藤ゼミ夏合宿 3日目 午後 

2007-08-05 23:59:59 | 2007年度
14:00 イベント開始

今年は卓球でした!

チームは 

チームラブラブ 
→ラブラブだけあって強かったですねぇ

チームそっくりさん
→最初は負けたのに、2回戦は見事にスカウターをはねのけ勝利!
     
チーム大学デビュー
→ごめんなさい・・なぜか集合写真がありませんでしたぁ
     
チームご近所さん
→今回の罰ゲームのチーム。そんな暗い顔しなくたって・・・
     
チーム寝相がよさそう   
→罰ゲームを危機一髪で乗り切って、みんなうれしそうですねぇ

チーム母乳で育ってそう
→やはり母乳で育つとこんなにも卓球が強いのか!

なおこのほかにも卒業生のチームご老体もありましたが、帰ったために棄権・・


→トーナメント表でーす。左上の人が意味深ですね・・・

今年も一回は練習みたいな感じで、2回目から恐怖罰ゲームありの本気モードに。
ちなみにくじで引かさせるハンディは 逆手 スカウター 2人3脚 スリッパ なし でしたぁ。

最後の罰ゲームをかけた決勝戦は何回にも及ぶマッチポイントを乗り切れなった
チームご近所さんでした!!!


→今回もイベント班のみなさんお疲れ様でした!

20:00 合宿打ち上げの飲み会

今回の罰ゲーム劇団四季キャッツに変装してもらいました!!!!!

→いやぁひどいです。。。特に男2人は完全にタイツからパンツが見えてます

22:00 2次会


→ピエールさん良い気分ですねぇ

今年は3時くらいにはみんな寝ちゃいましたね。疲れてたのかな?

とりあえず合宿は明日の総括を残すのみです。

文責:相沢 政斗(2007年度4年ゼミ生)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

合宿3日目 午前の部

2007-08-05 12:00:00 | 2007年度
合宿もついに3日目。

前日深夜まで及んだ討論によりみんな疲弊しているかな?
しかしそんなことも言ってられません。
ついに今日は今後のゼミ活動を左右する後期キャプション班、そして班ごとのキャプション決めです。



今年は例年とは班決めの手法がかなり違いました。今までのくじ引き方式を取り止め、新たにドラフト制が取り入れられました。例年より人数が少なく、またそれにより当然班の数も少なくなり構成人数も少なくなるということで各班によって戦力が偏らないようにと採られた手法でした。



決め方はまず班長として我こそはと思う人が5人立候補し、さらにその班長に対して「付いていきたい!」と言う人が副班長として立候補します。そこで班長と副班長で相談をし、これからキャプションを製作していく上で必要だと思う人をドラフトによって決めていくというものです。

それによって出来上がった班はこちら

◎児玉3 ○若宮 高柳 渡辺 堂野前
◎大橋 ○古瀬3 柳川 鵜野3 相沢 関勇気
◎吉田 ○益戸 上野 小俣3 富田
◎萱場 ○松本 関雅彦 森3 田中3
◎松山 ○小出 山本3 宮原 春日 高橋3 
↑◎は班長、○は副班長 名前の後に3は3年。それ以外は4年

上記のメンバーでこれから後期を戦っていくことになりました。共にがんばろう!


↑吉田班のメンバー がんばれ一雄ちゃん!


↑私も所属する萱場班 ベジータ?

そして班が決まれば次は運命のキャプション割り振りです。
希望するキャプションを勝ち取ることができるのか!?



熱いキャプション争奪バトルの末に決まった割振りはこちら↓

児玉班 中央線 かっぱ橋 銀座ソニービル 神宮 上野新潟県人会
大橋班 渋谷(連作) 銀座高架下ハイヤー 江戸川紙芝居 新宿西口ホームレス
吉田班 上野朝顔市 上野絵描き 花月 町田セーフティーボックス
萱場班 有楽町宝塚歌劇団 両国国技館 上野七夕祭り 柴又矢切の渡
松山班 ポケモンスタンプラリー 鬼子母神境内駄菓子屋 祖師谷ウルトラマン商店街 秋葉原閉店デパート、革命ヲタ(連作)
↑上記の結果となりました。今年は各班の担当作品数が多くて大変だろうけど頑張ろう!

これによりゼミ内において後期に向けての「下準備」は整ったわけです。来る展覧会に向けて日々尽力!

文責 関雅彦(2007年後藤ゼミ4年)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

後藤ゼミ夏合宿 2日目 その2

2007-08-05 01:15:00 | 2007年度
15:00 まだ作品化第一号は決まらない…

15:10~15:30 休憩TIME《この時点で写真は55点残っていた》


↑休憩中は全力で休憩するゼミ生↓


よしっ!!!急ぐぞーーー!!!
時間が無い!!!このままだと大変だーーーー!!!
ということで、スピードアップして議論を再開する。
自分の意見をまっすぐにぶつける、
そして反論する、そんな場面がたくさん見られた。

そしてついに…
ついにこの瞬間がやってきたのだ。

16:40   作品化第一号キターーーーーーーー!!!!!!!!!!!!

大ホールは歓喜に包まれた。

よし、この調子でドンドン決めていこう!!

18:10 夕食TIME《この時点で写真は32点残っていた》
    
そしてここで4年春日くんと宮原くんが所用のため東京へ帰ることに。
君たちの分もがんばるから!!!


↑帰る前に見事な脚線美を披露してくれた春日くん

↓久しぶりに会った先輩と写真を撮ってもらう4女


21:00 再開。

ここから更にスピードアップ!!!
教授自ら写真を手に持ち作品化するものを決めていく。


↑鮮やかTシャツの教授

そんな中、2年越しの思いを実らせたゼミ生がいた。
彼の熱い想いがゼミ生の心を動かしたのだ。
作品化することが決定したわけではないが、写真を撮りなおす
チャンスが与えられた。
みんな期待しています。いい写真撮ってきてね!!


↑まさか泣いてないよね(笑)??


↑OBに見守られながら議論するゼミ生

最後は時間との戦いだった。
ボツ作品を決めていくという形をとってしまったことが残念だった。




日付変わって5日AM1:15 
完全燃焼とは、このことだぜっっ!!


長い戦いは終わった。
ゼミ史上最も長い戦いだった。
この時点で決まった作品化される写真は21点+1点(保留)


↑これが作品化される写真だぜ!!

みなさん、今日は本当にお疲れ様でした。
いーーっぱい寝て明日のイベントに備えてね!!

イベント班がんばっちゃうから!!
絶対楽しいからぁ!!! BYイベント班長マスティ

3日目につづく…

文責:益戸綾美(2007年度4年ゼミ生)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

後藤ゼミ夏合宿 2日目 その1

2007-08-04 15:00:00 | 2007年度
2日目の今日は9時からスタートです。
普段ならまだこの時間は寝ているという人も多いのではないでしょうか。
前日は日付が変わる前に終わったこともあり、みなさん元気そうです。


昨日と違ってみんな輪になって座ります

今日はまずボツ候補の写真を出すことから始めました。
しかし、なかなか候補を出しても反対意見が出てボツにすることができ
ません。
すぐに納得しないところがいいところでもあります。
結局この時間は20点以上のボツ候補が出て、実際にボツになったのは10点
でした。
ボツ候補に反論した人は次までにきっちりと調べて、ボツを阻止しなく
てはなりません。


助手でありゼミのOBでもある堀内さんが見やすいように回ってくれます

ボツ候補を出しているうちに12時になり待ちに待ったお昼の時間です!
13時半までお休み。

お昼ごはんはみんなの大好きなカレーライスでした。


美味しそうに食べています

休み時間は遊ぶも寝るも自由です。


休みの間に写真のことについて調べる面々

休みが終わり13時半からは残したい作品を推薦します。
しかし、またしても候補の作品は挙げられても、過去作とどう区別するのか、
写真力がないなどの意見が出ることもあり、もう一歩のとこで作品化第一号は
でません。
そんな中、去年度の卒業生が到着しました。
区切りのいいとこで先輩方ひとりひとりから挨拶。


今やっている仕事のことなどについて話して頂きました


真剣に写真を見る先輩。写真係はTAの稲田さんにバトンタッチ

議論は展開するが、第一号が出ぬまま次へ・・・


先輩方からの差し入れのお茶

文責:渡辺好美(2007年度4年ゼミ生)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2007年度 後藤ゼミ夏合宿 1日目

2007-08-03 20:30:00 | 2007年度

今年もやってまいりました!!後藤ゼミ恒例、伸るか反るかの夏合宿!!

 10:00--------------------------------------------------------------------

舞台は山中湖。車組とバス組に別れて出発です。筆者は奇跡的にも遅刻せずに集合することが出来ました。

  ↑ゼミ長上野車の面々と愛車のガイア君です。

 14:30---------------------------------------------------------------------

 今回の舞台、山中湖セミナーハウスについた後藤ゼミの面々。

早速、写真選定!!!

・・・と行きたいところですが、準備ができるまで魔の「喜怒哀楽3分スピーチ」のお時間です。

 

1人目は吉田カズオくん。テーマは「怒」。

バイト先での不条理な出来事に対する怒りを臨場感たっぷりにぶつけてくれました!が、結果は不合格。 

皆さん、新宿「Kの家族」に行きましょう!

2人目は田中君。

テーマは「哀」。

高校時代に告白された話から、自分の良心の呵責、葛藤に至るまでを語ってくれました。

結果は合格。 貴重なお話でした。

そうこうしているうちに準備はOK!写真をずらーーーっと並べます。

今年の提出作品数は366点。一つ一つの作品とじっくり対話を重ねていきます。

16:30---------------------------------------------------------------------

 休憩時間をはさんで、プレゼンテーション開始です。作品を1~3点選び、推薦していきます。

 

↑如何に自分の選んだ作品が面白いか。人を惹きつける話し方もポイントです。

18:00--------------------------------------------------------------------

 待ちに待った夕食タイム!好きなおかずをお皿によそって。

 

↑今回参加してくれた2年生ちゃんと。みんなで食べるとおいしいです☆ 自由時間。卓球したり、ウノしたり、ポーズを決めたり・・・

  

↑おちゃらけムードのゼミ生。

 21:00-------------------------------------------------------------------

 自由時間後。まだ今日は終わっていません。

過去作とかぶるもの、写真力のないものなどを落とす作業が始まります。

 ↑真面目モードのゼミ生。

22:30-------------------------------------------------------------------

 合宿1日目はこれにて終了。

今日はぐっすりねましょう・・おやすみなさい・・Zz                       

2日目につづく

○おまけ○

 ①

①・・・今回作品化を逃した幻の367枚目の写真。    

 「大学デビュー」

 ②・・・春日氏&山本氏、奇跡のコラボレーション。 

文責:柳川藍子(2007年度4年ゼミ生)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加