日本大学文理学部社会学科・後藤範章ゼミナールの日誌☆

社会学科後藤ゼミナールの実態とゼミ生の生態が一目で分かるゼミ日誌! しかと見れ!!!

6月20日 東京探検団 in新宿2丁目

2012-06-20 23:00:00 | 2012年度

東京探検団夜のスペシャル企画、ゲイバー体験&新宿2丁目探検!

OBの山崎さんが働いていらっしゃるお店に実際にお邪魔してきました。

参加者:後藤先生、河野さん(TA)、長沼さん(院生)、藤村さん(社会学科助手)、

(3年生)山田、菅原、奥洞、泉、平山、松尾、飯塚、金丸、吉田、棟近、玉鉾

 

19:45  JR新宿駅東南口に集合。

まず我々は、最初にゲイバーで飲む班と新宿2丁目をフィールドワークする班の二手に分かれました。

 

こちらが山崎さんの勤めていらっしゃるゲイバー「ARTY FARTY」です。

 

店内は残念ながら撮影NGでしたので、写真がありませんが

お店の中は照明が暗く、音楽が大音量で響き渡り、一般的なクラブのような雰囲気でした。

 開店すぐということもあってか、お店の中は非常に大人しい印象。お客様は男性ばかりかと思いきや、女性同士や男女で来ていたグループもありました。

天井にはミラーボールが回っていて、ダンスを踊る用のステージやポールなどがありました。

また、壁が鏡になっている箇所が多くありました。これは、周りの人に気づかれることなく、鏡の中で気になる人と見つめ合えるのでないか、と考えられます。このような工夫が施されているなど、お店の中のモノひとつひとつ意味が隠されているようでした。

 

21:00  先に2丁目探検に出掛けたグループが帰ってきて店内で合流。皆でお酒を交えながらそれぞれの意見交換。

 

21:30   今度は、先にゲイバーにいたグループが2丁目探検に出掛ける番です。お酒が入り、少しハイなテンションでのスタートです!

 

山崎さんがナビゲーターを務めて下さり、場所やお店について解説していただきました。

 

ここは「仲通り」といって、週末の夜中にはたくさんの人で溢れるそうです。

 

「シャインマート」という2丁目のコンビニ。

バーでお酒を飲むとお金がかかるため、バーに行く前に一杯ここで低価格のお酒を買って、体にアルコールを入れてからバーに向かうという人が多いそうです。

 

吉田君の奥に写っている赤いカラーが特徴的なお店は、タレントのミッツ・マングローブが店に立つこともあるとか。

 

「二丁目の王国」

ここは、肉体関係を主に目的としたお店であり、風俗に近い存在だそうです。

 

ジャニーズ系の顔立ちがそろった人たちがいるというゲイバー。

 

さらに奥に進むと、レズビアンが集まるお店も出てきました。

 

ここは、コンドームを無料配布している活動を行っているそうです。

 

男性愛好者向けの雑誌やビデオが置かれているお店。筋肉質で髭が生えいている男性は、ゲイである特徴だそうです。

 

「新千歳街」へ。

2畳しかないようなこじんまりしたお店が集合しています。

 

看板に電気がついていなかったため、写真ではわかりづらいですが、ここにある「NEW SAZAE」というお店、クイーンやビートルズのメンバーが訪れたという噂もあるようです。

22:30  全員集合し、まとめに入ります。

 

人間誰しも根本的には、人を好きになるという気持ちを持っています。それは、性別に関係なく、芽生える自然な気持ちであると言えます。なのに同性愛者は偏見や好奇の目で見られることがあったり、異性を好きでなくてはならないといった固定観念や法律が残っていることも事実です。

新宿2丁目という街は、「同性愛者」の考えを持った人やお店が集結した非常に特別な地区です。ある意味自由が認められ、勿論活気で溢れている場所もありましたが、奥深いところには、規制があるところもありました。

もっとフリーに、もっと愛情表現や価値観の多様化を受け入れることが、今後の日本社会や日本人個々人の意識に重要となっていくのではないでしょうか。

大変貴重な体験でした。新宿2丁目に対し、今まで自分が抱いていたイメージと違った部分をたくさん感じるとることが出来ました。今回の参加者の皆さんも自身の中の世界観が広がったことと思います。

 

山崎さん、本当にありがとうございました!

 

文責:玉鉾玲奈(2012年度3年ゼミ生) 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 6月20日東京探検団 in谷根千 | トップ | 第1回せたがやまちなか研究... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

2012年度」カテゴリの最新記事