日本大学文理学部社会学科・後藤範章ゼミナールの日誌☆

社会学科後藤ゼミナールの実態とゼミ生の生態が一目で分かるゼミ日誌! しかと見れ!!!

観察学会ウェブ改訂

2008-03-08 13:00:00 | 2007年度
 3月8日土曜日。今日は「東京人」観察学会のウェブ改訂。
今年の改訂には、後藤先生をはじめ、高橋、山本(3年)、
上野、小出、関(勇)、若宮、そして私大橋(4年)が参加。
そしてOB/OGの西村さん('01年卒)、岸本さん、馬場さん、('02年卒)、
森川さん('07年卒)が駆けつけてくれました。
こんなとき、卒業生との繋がりが強い「東京人観察学会」を実感出来る。
まずは会議を行い、作業内容を確認していく。

・リンク
・BBSの過去ログページ
・2007年度のゼミの作品
・ウェブ版ゼミ日誌
・観察学会News
・アンケートによるキャプションベスト10
・同じくアンケート及びギャラリートークの生の声
を更新・アップをする、今年のゼミを締めくくる一大作業である。


↑研究室での作業風景

先生と作業内容に明るいOB/OGの方々がメインの作業をしていく中、
現役の我々は手分けをしてキーボートをカタカタと叩きタグ打ちしていく。


↑↓タグ打ち班の作業場所


↑遊んでいるように見えますが至って真面目です。

↓作業内容を書き記したホワイトボード。もう少しだ。


今後の改善点として、現役生による事前の準備が必要だったと
ウェブ更新の大変さを身に沁みて感じつつ作業終了。
OB/OGの皆様方に任せっ切りで、現役としての当事者意識が足りませんでした。はい。

そしてここからが本日2つ目の行事、「懇親会」である。
食欲を掻き立てる湯気を立てた食料達がテーブルに盛られていく。



↑恒例の焼きそばを通称天皇の山本氏とシェフ小出氏が手がける。
 そしてOB岸本さんからの差し入れ「極の黒」。ご馳走様です。


↑主体となってくれたOBの西村さんと馬場さん。ありがとうございました。


↑笑い溢れる和やかな場。こんな場を大切にしたい。


↑そんな中、今後のゼミのあり方や諸々についての白熱の議論が展開される。
これぞまさしく「せめぎ合いとつむぎ合いのダイナミズム」。
先生、そしてOB/OGの皆様方と酒を片手に本音トークが出来るという貴重な時間。
自分自身、この後色々と物思いにふけりました。ただの和やかな飲み会ではない、
「後藤ゼミの飲み会」は終電ギリギリまで続くのであった。

こうして2007年度「東京人」観察学会ウェブ改訂終了。
皆さん、お疲れ様でした!

おまけ

↑終了後、知る人ぞ知る桜上水のラーメン屋「あぶらー亭」での一こま。
 先生、ご馳走様でした!

文責:大橋伸哉(2007年度4年ゼミ生)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

卒業論文発表会!

2008-02-05 17:00:00 | 2007年度
今日は、第7回社会学科卒論発表会です!百周年記念館のなかにある国際会議場で行われました。

  

学生委員会のみなさんが作ってくれた冊子↑↑プログラムとそれぞれのレジュメです。

プログラムは、5人ずつ第一部と第二部に分かれ、学生委員会の方々の司会によって進められました。

今年度の各ゼミから選出された代表者による卒業論文タイトルを見てみると・・、

1:現代のまちづくりと景観政策の役割
―景観としてのまちづくりへの視点と方向性―
2:公共広告
3:ナチスドイツにみるプロパガンダとその影響力について
4:日本的経営と過去30年を振り返っての新卒社員意識
5:家族のつながりと子どもの関係発達に関する研究
6:オーストラリアワインと日本のワイン市場
7:ゴジラ映画の社会学
―都市破壊シーンから読み解く東京観と都市文明像―
8:若年労働問題に関して
9:労働者と就労意識の関係性 NEETと雇用環境について
10:格差社会のメカニズムと日本の行く先

この幅広さ!社会学の研究対象が多岐に渡っていることが分かります。

発表形式は、口頭のみの人、レジュメを使う人、パワーポイントを使う人など様々でした。客観的に自然と比較する立場になって見ると、慌てずに落ち着いた話し方、文字や色が見やすいグラフや地図は、とても印象的でした。

発表ごとに設けられた質疑応答では鋭い質問も多く面白かったです。また仲川先生と中森先生からの講評では、サブタイトルの重要さやグラフの見方など自分では気付かなかったことや分からなかったことを教えていただきました。

今年は、自分たち3年生が卒業論文を書く番です。まずは3月に春合宿で経過報告です。頑張りましょう!!

文責:森 明霞(2007年度3年ゼミ生)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

就活セミナー&懇親会

2008-01-21 16:20:00 | 2007年度
2008年1月21日(月)4限・5限

2008年、最初のゼミの授業も無事に終わり、
1年生と2年生も交えた「3年生のための就活セミナー」
が始まりました。

      

まず第一部!!
98年卒のOBの吉田周平さんによる講演でした。

吉田さんは、卒業後に商社である八洲器材(株)に入社され、今年の4月より
別の会社に転職予定ということで、これまでの経験を語ってくれました。
働くことの意味を経験を通して話してくださり、会社という価値を
3年生にとってはもう一度見直すきっかけになったのではないでしょうか?

←考える3年生

僕にとっては、吉田さんが語ってくれた「いい人間関係を築けるかが大事」とのお話は、いい会社というブランド名だけでなく、そこに働く人が大事だということを教えてくれたのだと思い、多くのことを考えるようになりました。

続いて、第二部!!!
現役4年生による就活体験談です!!

司会は、後ゼミ副ゼミ長の堂野前さん。
4年生からの一方通行な説明会ではなく、
6名を前半と後半に分けて意見の交換できる時間を作ったセミナーで、
3年生が疑問に思っていること、先輩がどうしてきたのかを聞けた
いいセミナーになったと思います。

今日のゲストは、実はもう一人います。
それは、フルキャストに入社された07年卒の坂田さーん♪
忙しい中来てくれる先輩に脱帽しました。

OBの吉田さんに4年生のみなさん、貴重なお話をしてくださり
大変にありがとうございました。
また参加した1・2年生の皆さんもお疲れ様でした。

そんじゃあ、就活セミナーも終わったところで、懇親会いってみよう!!!



">

研究室に集まって、お酒を飲みつつ語り合いました。

懇親会では、参加した3年生と1年生から
今日の就活セミナーの感想や意気込みをみんなの前で発表しました。

1年生からOBの方達まで、関係を築けるこの場所を
正直心地よいなと思いました。

文責:児玉 研司(207年度3年ゼミ生)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日が最後だ、全員集合!!

2008-01-21 14:30:00 | 2007年度
今日は冬休みが明けて初めてのゼミであると同時に、
本年度最後のゼミとなってしまいました。
だから、授業期間内にゼミ生が一堂に会するのも今日が最後な訳です。
次回ゼミが開講する来年度の第1回では、メンバーの大半が
入れ替わっている光景が何となく想像されます・・・・・・。

さて、最終日である今日の前半のテーマは卒論発表会の発表者の決定
ということです。卒論発表会は各ゼミから1名ずつ選出されるので、
事実上そのゼミの面子が懸かっている重要イベントです。
我がゼミでは先生が3人の候補者の中から代表を決めかねていた様です。
体裁の整っている若宮さん、説得力のある富田さん、
ビジュアル要素の強い上野さんが上がっていましたが、
我がゼミの研究手法が視覚に頼るものであることから、
その研究手法の性格を強く持っている上野さんがゼミ代表として
卒論を発表することになりました。


有力候補の一人、富田さん。卒論テーマはサッカーとのこと。

その上野さん、ゼミ長であることからも代表として適任ですが、
テーマは何かというと、『ゴジラ』だそうです。
特撮映画に描かれる社会と怪獣の役割を検証することが中身で、
この卒論を書く為にゴジラシリーズのDVDを片っ端から鑑賞して行ったという
影の努力家です。
(怪獣がどうやって社会学のテーマになるのかなぁ?)
と、誰もが関心を持ったことでしょうが、代表に選ばれることで
ミーハーなゴジラファンとは一線を画す実力者であることを
見事証明してみせました。


卒論代表が決定した上野さん。大役を手にしてポーズにも力が入る。

授業ではゼミ生全員が集まるのは今日が最後となってしまいましたが、
卒論発表会では全員が上野ゼミ長の勇姿をその目に焼き付ける為、
もう一度集結します。卒業生最後の活躍の場であるだけに、
ゴジラの様にインパクトの強い発表をみんなで期待しています。
後藤ゼミの実力全開だ、上野さん!!

文責:古瀬 宗(2007年度3年ゼミ生) 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゼミ旅行(2日目)

2007-12-19 18:00:00 | 2007年度
二日目の朝は、10時出発ということで、明け方まで飲んでいた人たちもゆっくりと過ごすことが出来たのではないでしょうか。


これから出発しまーす。

二日目の今日は、陶芸体験をしました!!
お世話になる「窯元つかもと」さんでは、釜飯の器を作っているそうです。


この粘土が、これから各々のつくりたいものへと形を変えます。


真剣に作り方を教えてもらうゼミ生。…小出さん、寝てないからか、口が開いてます。


こねたり、丸めたり、絵を描いたり。


簡単そうに見えて、意外と発想力と想像力が試されます。

さてさて、これからは、みんなの作っている益子焼きを一挙大公開します!


まずは、益戸さんの作品。餃子です。本物そっくりですね。これは、置物になるのでしょうか…


次に、三年ゼミ生の古瀬君の作品をのぞいてみましょう。


んっ…クリオネでしょうか。益子焼きからだいぶ離れましたね。


副手の神戸さんも真剣です。


最後に、松本さんの作品です。これは、とっくり…ではなく歴とした花瓶です!

皆さん、様々な作品を作っていました!
これから、焼く作業に入らなければならないので、もう少し時間が必要。
ってことで、できあがりは、後日学校宛に届くそうです…
早く、完成品が見たいですね。

疲れた後には、お昼ご飯でパワーをつけましょう。


お昼から豪華なご飯です。釜飯もバッチリ!

では、最後に集合写真です!


みんな、疲れてるけど笑って笑って、はいチーズ!
…後の七福神、かなり気になりますね。

今年度のゼミ旅行も、事故もなく、無事に終わりを遂げることが出来ました。
先生、加藤さん(ゼミ生OB)、副手の方々、ゼミ生(特に総務の方々)、お疲れ様でした!

文責:卯野友美(2007年度3年ゼミ生)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゼミ旅行(1日目)

2007-12-18 22:30:00 | 2007年度
2007年12月18日火曜日 曇のち雨

とうとう楽しみにしていたゼミ旅行の日が来ました。
展覧会に向けて走ってきた一年間の疲れを労う旅行であるため、
いろんなしがらみを置いてきてみんなで全力で旅行を楽しむというルールのもと始まりました。

今日くらいは、9時30分に全員集合して遅刻者も出ずに済むだろうと思っていましたが・・・

残念ながら若宮さん、大橋さん、松本さんの3名が遅刻してしまいました。
この瞬間、後藤ゼミ十八番の罰ゲーム決定!なんだか夜が楽しみです!
内容は、夜の宴会にてカラオケをみんなの前でランダム何か歌わされるといったものです。はたしてみんなは、何を歌うのかなー?

後ゼミ旅行は、遅刻者もいましたがバス発の10時には間に合って、まずは一安心してスタートを切りました。
今回お世話になった神奈中観光のバスの内装構造が、変わっていて、ロケバスのような形のした後部座席だったので、普段のバスより盛り上がっていたと感じました。そのこともあって、バスが走り出した時から後ゼミ生は、かなりテンションが高く、わいわいしながら、ガイドさんの紹介と総務の言葉をもらい互いに語り合っていました。

11時辺りで総務のバスレク「チキチキ第一回後藤ゼミすべらない話」のくじ引きが
引かれ始めました。名前を引かれた者は、嫌でもしゃべらんとあかんのです。

とてつもなくあたりたくないと誰しも思っていたなか、第一号のコールはなんと「富田」さんでした。


↑バスレク(富田さんの語り)

こうして富田さんの恋バナを皮切りに後藤先生や吉田さん、柳川さん、高橋君、堂野前さん等の後部座席の人達がどんどん犠牲になっていきました。
なぜかしゃべった人の率が高かったことや富田さんの「あのメガネにやらせろよ。ぎゃふんと言わせてやろうぜ」がよく記憶に残っていて、結局総務の上野さんが当たらなかったことに後ろのメンバーは、不満の声を挙げていた者もいて、面白かったバスレク時間になりました。

鬼怒川温泉に行く前に体育館で汗を流す運動をしました。

競技に入る前に4男でバスケをしていました


ではでは本題に入ります。その競技は、昔懐かしい雑巾がけを競技にした雑巾がけリレーでした。
↓では、総務からルール説明とチーム分けの発表です。


チーム分け結果
後藤チーム→大橋さん、高柳さん、若宮さん、小俣さん、堂野前さん、後藤先生
堀内チーム→高橋君、小出さん、関(雅)さん、関(勇)さん、渡辺さん、堀内さん
神戸チーム→古瀬君、萱場さん、吉田さん、松本さん、柳川さん、神戸さん
加藤チーム→児玉、上野さん、富田さん、卯野さん、益戸さん、加藤さん

それでは、チームも決まったところで準備運動して、ランニングしたら早速雑巾がけ競技に入りましょう。

↓では、位置についてヨーイどん!!!


白熱した雑巾がけリレーの結果
一位・・・加藤チーム
二位・・・神戸チーム
三位・・・堀内チーム
四位・・・後藤チーム

よっしゃーと喜んだ一位になった加藤チームを尻目に
総務の上野氏からまだまだ競技は終わっていませんの一言。

それでは、罰ゲームをかけたバレーボール大会いってみよう!!
当然のごとく、雑巾がけで勝ったことなんてなかったかのようにバレーボールの試合会場は、作られていきました。

最初の試合の組み合わせは、
堀内チーム対後藤チーム
神戸チーム対加藤チーム

二つの試合とも接戦でした。
しかし勝ったのは堀内チームと神戸チーム

というわけで負けてしまった後藤チーム対加藤チームが後藤ゼミお得意の罰ゲームをかけた戦いが始まりました。

←試合前に後藤先生も入って、掛け声をかけて士気を高める後藤チーム

試合が始まって早速、後藤先生が本気で戦いにきていることに加藤チームは気づいたものの、先生のサーブの前にたちうちできずにあれよあれよの間に13対2まで点数差が広がり、かなり加藤チームに焦りが見え始め、誰しもが(このまま負けてたまるか)と思ったはずでしょう。

そして、加藤チームにサーブが回り、一気に14対14まで追いつくというデッドヒートの試合を見せてくれ、かなり白熱した戦いになったんじゃないでしょうか?

結果的に加藤チームが負けてしまいましたが、いいところまで追いつけたことに満足していたように見えました。

そして体育館レクも無事終わり、バスに乗り込んで鬼怒川温泉旅館ホテルニュー岡部につきました。

またまた総務から部屋割り発表!!!
各部屋でみんなまったリしていました。

↑くつろいでいる506号室の人達

ホテルから見えた山↓
 ←ホテルの近くにあった足湯につかる若宮さん

食事は、19時からなのでそれまでは、自由時間になりました。
温泉は、すごい気持ちよく、男湯の露天風呂は後ゼミ生で埋め尽くしてやりました。

スポーツの汗をみんな温泉で流したところで夕食の時間でーす。↓
←食膳酒をみんなで飲んで、いただきまーす♪

しばしおいしい食事に没頭する僕たち後ゼミ生たちでした。

今日のイベントで負けたものへの恐怖の罰ゲームの時間が総務の口から告げられ、加藤チームは舞台に呼ばれました。

内容は、ペアにされた人同士が甘い言葉を語りかけなくてはいけないという非常に恥ずかしいことこの上ないものでした。

児玉、加藤ペアは舞台の両側から走ってきて片方を抱き、一回転してから甘い言葉を言うものでした。正直僕が何を言ったのかよく覚えていません。


↑富田、卯野ペアは、お姫様抱っこ。これも恥ずかしい。

それから上野、益戸ペアは、鼻キスでした。
全体的に鼻キス以外は、去年と変わらなかったようですが、すごい恥ずかしい罰ゲームであったことには変わりはなかったように思いました。

それから朝の遅刻者への罰ゲームが決行されました。
若宮さん、大橋さん、松本さんには、カラオケを披露して頂きました。
 

カラオケの罰ゲームも無事終わるとイベント班の指揮によるカラオケ大会が始まりました!!!

森&小俣によるパフィーから始まって、YUI(なぜか児玉)に柳川さんによるYUKI等を歌い、宴会を盛り上げてくれました。

指定曲が終わったら各自好きな歌を歌える時間になったので萱場さんによるスノースマイル(バンプ)、古瀬君のサザン、堂野前さんによる決意の朝(アクアタイムズ)など楽しんで歌っていて、面白かったと思います。

やっぱり忘れてならないのは我らが後藤先生にも一曲歌って頂きました。
曲名は、「Tomorrow」でした。この曲には、先生の辛かった時代に支えとなったという思い出のある曲だそうです。
サビの「涙の数だけ強くなれるよ♪」のフレーズできっとみんなにも思いが伝わったことでしょう。
僕も小学生の頃この曲を聞きながら元気になった思い出を思い出していました。

余韻を残しながら、カラオケ大会も終了し、残るは、朝まで飲み会だぜイエーィ


↑飲み会会場505号室にみんな集合し、好きなお酒を取りにいく姿。

夜が更けるまでという飲み会が開始されました。この飲み会では、クリスマスも近いということもあってプレゼント交換がされました。

こうしてお酒と共に語り合いの空間が広がるのでした。

文責:児玉研司(2007年度3年ゼミ生)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

卒論発表会

2007-12-17 16:10:00 | 2007年度
この時間は、現時点での卒論発表の時間です。

卒論をとっている6人が一列に並び、6人が先に研究概要、現状報告などを発表していき、その後質疑応答の時間を設けるという形式で発表は行われました。


一番左の関(雅)くんから順番の発表です。

一人約5分から10分程度、レジュメと口頭による発表が行われました。


その後、発表を聞くゼミ生から卒論執筆者に対しての質疑応答の時間となり、一人一回以上の発言がなされ、議論は活発になっていきました。

そのような中、先生からの厳しい指摘や、現状に対してのお話があり、「一定水準に達した卒論を後輩の模範としていき、達していないものは処分もやむを得ない」との先生からの叱咤激励がありました。


最後に各々から、執筆に対する決意を述べてもらい「やるからには良いものを作って来年の三年生の手本になるようなものを作りたい。」という声や、三年生へのアドバイスとして、「テーマを早く決め、一年かけてじっくり取り組んだ方が良い。」という人もいました。

1月15日の提出日まで諦めずに、大学時代の集大成である卒論作成に力を注いで欲しいと思います。

文責:萱場 博(2007年度4年ゼミ生)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

展覧会総括 部会報告等

2007-12-17 14:30:00 | 2007年度
今日は年内最後のゼミです。

あしたはゼミ旅行ですが、その前に展覧会の総括をしなくてはなりません。



各部会から展覧会の会計報告等がなされました。
しかし領収書の書式などに不備があったり、また千葉大の領収書が期限どおりに集まらなかったりと、本来なら今日決めなくてはいけなかった事柄が先送りになるという事態が発生してしまいました。

当然先生からはゼミ生にたいしてきついお説教が。
今までゼミ活動を曲がりなりにもしてきたのだから、最後の絞めくらいはしっかりできなくてはなりません。しかし現状の私たちは未だにこのような凡ミスを繰り返しています。卒業まであとわずかですし、いい加減成長した証拠を後藤教授に見せなくてはこのゼミに入った意味がなくなってしまいます。
3年も来年に向けて後輩の指導に当たる立場になるわけですから、より自分を高めていかなくてはならないでしょう。


↑神妙な面持ちで資料に目を通すゼミ生


↑会計係として報告をする堂野前さん

かく言う私も領収書で書式のミスをしてしまいました。会計係の方には申し訳ないです。

4年はもうすぐ社会に出る人がほとんどです。
間違いなく社会ではこのようなミスは許されることはないでしょう。
残りの2、3ヶ月で今までの自分を脱ぎ捨てる努力が求められている。
そんなことに気づかせてくれるような時間だったのではないでしょうか。

そしてゼミは卒論中間発表へと続きます。

文責 関雅彦(2007年後藤ゼミ4年)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

展覧会打ち上げ@きちんと

2007-12-10 21:00:00 | 2007年度
29日に終わった展覧会から結構時間があいてしまいましたが
今日は展覧会の打ち上げです。
みなさん大いに盛り上がりましょう~!

今回の打ち上げは、イベント班の3年生の仕切りデビューです。
去年は、私も被り物かぶってがんばってたなーなんて
懐かしく感じながら3女2人を見ていました。


↑かんぱーい!!お疲れ~


↑とりあえず食べましょう!!飲みましょう!!

飲んだり食べたり盛り上がっているところに
イベ班3女が登場~♪


↑今年は可愛いサンタさん

イベントは…もはや恒例行事か!?
『たたいてかぶってじゃんけんぽん』対決!!


↑新旧KY対決
本気で痛そうな先輩KY


↑イベント班4年対決
本気で殴られそうな益戸


↑新旧ゼミ長対決
男気あふれる二人??

それではここで後期のキャプション班をご紹介!!
みんな達成感とアルコールのおかげでいい笑顔です。


↑男気1班


↑肉じゃが2班


↑ちょびヒゲ3班


↑ノリつっこみ4班


↑メンバーが足りません5班

こんな素敵なメンバーで作り上げた展覧会。
改めて、この展覧会に関わってくれたすべての方々に
お礼申し上げます。


↑イベント班メンバー
来年はメガネの2人が盛り上げます!!

次の飲みは…ゼミ旅行かなっ♪

文責:益戸綾美(2007年度4年ゼミ生)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

展覧会を終えて 後半

2007-12-10 18:15:00 | 2007年度
休憩を取りまして後半が始まりました。

まずは来年度展覧会のコラボ相手についてです。
TVドキュメンタリーや映画などの映像関係者を現在考えており、3名がコラボ相手に挙がりました。

1人目が映画監督の方。文理学部でも授業を持っていた方だそうです。
2人目は映像演出の方。なんと今年の展覧会に足を運んでくださいました。
3人目はプロデューサーとして働いておられて、ドキュメンタリー番組を作っていました。

先生から一通りの説明があったあと、ゼミ生からも意見が出ました。その中で候補者が絞られていき、アプローチする方が決まりました。実現するといいなぁ。

それから2つめの話題へ。
今後のゼミ活動についてです。
展覧会のアンケート集計やブックレットについてのことが話され、今年も4年生による就職セミナーを開催するかどうかという話になりました。3年生に話を聞くとやってほしいとのことで、今年度最後のゼミが終わったあとに開催することになりました。

また、来年は4年生が卒業したあとにゼミ合宿をやることに。新2年生、新3年生、新4年生が参加します。そこで日程の決定がなされました。

そして今日の一大イベント!! 後藤ゼミ総選挙です。
今年の3年生は人数が少ないため、ゼミ長・副ゼミ長は共に1人ずつなります。男女一人ずつというのは変わりません。選ぶ方法はゼミ長にふさわしいと思う人を3年生が2人、4年生が1人紙に書いて投票します。

18・19日にゼミ旅行があり、その説明にとOBの加藤隼人さんが来てくださり、時間短縮のため、説明と投票が同時に行われました。

ゼミ旅行の場所は今回日光です。
旅行参加者に1枚ずつ行程表が配られたのですが、先生はこの行程には納得してして頂けませんでした。総務でもしっかりまとめきることができずにお叱りの言葉をもらいました。反省です。

投票のほうですが、結果は・・・
児玉・・・12票
森・・・10票
卯野・・・3票
となり、ゼミ長は児玉君、副ゼミ長は森さんとなりました!
来年は引っ張る側の人数が少なくなり大変そうですが、頑張ってほしいです。
新ゼミ長、新副ゼミ長から一言あり、今日のゼミは終了しました。


わざわざ来て下さった小田急とラベルの加藤さん


新ゼミ長の児玉君と新副ゼミ長の森さん                

文責:渡辺好美(2007年度4年ゼミ生)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

展覧会を終えて 前半

2007-12-10 13:00:00 | 2007年度
 展覧会を終えて一発目のゼミの日です。

 残りのゼミ活動をどうするの?
 ゼミ長は誰になるの?ゼミ旅行は!?
そして来年度はなにやんのーー?!
今日もやることいっぱい、盛りだくさん!

 心なしか人数も少ないですが、ちゃきちゃきやっていきましょう。

①諸報告と確認

 まず広報宣伝部会、会場デザイン部会、PPF部会ごとの連絡事項がありました。
色々と報告はありましたが、結局は情報化しなければ何の意味もありません。

「情報は整理していつでも見られるようにしよう!!」引継ぎも忘れず・・・

②来年度に向けて

 今年のコラボレーション相手であった千葉大の皆さんの展示方法。
それは私たちの頭の中にある、写真展=「額」という発想を覆すものでした。
後藤先生の投げかけた、「額」を使わない展示方法の提案にゼミ生の意見は割れました。如何に人に見せるか。いや魅せるか。今後の大きな課題と言えるでしょう。

 
↑写真とキャプションの他に各種データ、FWの様子など「結果」だけではなく、「経過」を載せる新しい魅せ方を模索する後藤先生。

 次に来年度のコラボレーション相手についての話し合いです。
来年度は「映像関係者」と展覧会を作り上げていくことに決定しました。
候補者の中には、個性的な方や情熱のある方、そして大物の名前も・・・
果たして、来年はどうなるのか。今から楽しみです!!

今日からブックレットの個人撮影も始まりました。


↑キメキメの副ゼミ長(ダイエット始めました。)

後編へ続く・・・

文責:柳川藍子(2007年度4年ゼミ生)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

展覧会片付け日!!

2007-11-30 13:00:00 | 2007年度
昨日をもちまして、展覧会は終了しました。

様々な思いを抱きながら迎えた最終日。
そしてその後開かれたプチ打ち上げ&反省会の興奮冷め止まぬまま、
今日はさっそく会場の片づけを行いました。

朝10時。
デザイン部会や広報宣伝部会を中心に、集まった総勢12名で
約10日間お世話になった会場を、元通りにキレイにしてゆきます。


↑パネルを運ぶ小出君。…決して遊んでいる訳ではありません。


↑ポールを移動させる吉田君。…もちろん遊んでいませんよ…

パネルや机の片付けとともに、
お花やポット、その他控え室にあったものたちはすべて研究室に運びます。


↑Befor


↑After

こうして、会場を元に戻すと
展覧会が開催されていたことが幻のように感じられます。
改めて、10日間があっという間であったんだなぁーとしみじみ思いました。

それから、窓など会場内に貼られたポスターもすべて取っていきました。


↑荷物が散乱していた控え室もこの通り、元の状態に戻っています。

片付け終了!
残りの荷物を持って研究室に向かい、ようやく片付けは一段落しました。

インドカレー屋さんでお昼を食べたのち、
広報宣伝部会は外部のポスター剥がしに行き、
授業に向かう人、帰宅する人など、ここで解散となりました。

勇気・雅彦のダブル関コンビは、パネルの業者を待ち、
本日は終了です。


↑朝早くから集まり、片づけをしたみなさんお疲れ様でした!!

文責:松本彩(2007年度4年ゼミ生)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

展覧会最終日(3)&片付け&プチ打ち上げ

2007-11-29 18:00:00 | 2007年度
泣いても笑っても、あと1時間で展覧会も終わり。


↑本当に本当に「最後」なんです!!

寒い、本当に寒いけれど最後の追い込みをかけます。
入場者数にこだわるわけじゃないけど、やっぱり気になります。

1つの作品を作るのに費やした時間(と交通費とか)。

パンフレットを作るのに費やした時間(とか行数とか文字数とか。)

ポスターを商店街に貼るために歩いた歩数(とか頭を下げた数とか。)

会場づくりに費やした時間(とか予算とか。)

いろんな要素が私たちを奮い立たせます。

結果、今日1日で263名、10日間全体では1586名の方にご来場頂きました!!
去年の入場者数にはちょーーーっとばかり(500ばかり)足りなかったけれど、私たちには意味のある数字です。

千葉大の方々をはじめ、OBOGの先輩方、文理学部の関係者の方々、近隣商店街の皆さん、社会学科の先生方、ご父母の皆さん、マスコミの皆さん、業者の皆さん、そしてここに書き表せない位の沢山の方々の力により、今年も無事に展覧会を終えられました。

本当にありがとうございました。
そして来年度もよろしくお願いします!!

-----------------------片付けの模様--------------------------------
こちらはダイジェストで・・・・




その後、会議室B(別名 社会学科反省会会場)にて
「プチ打ち上げ」なるものが開催されました。


1人1人が展覧会を終えての感想・反省を口にしました。
涙あり、笑いあり、2代目KY(空気読めない)襲名ありの3時間弱・・・

さあ、明日からまた頑張るぞーーーー!!
後藤ゼミの未来を創るのは他でもないアナタなんですよ!


「2007年度後藤ゼミ一同」(片付け参加者のみ)

文責:柳川藍子(2007年度4年ゼミ生)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

展覧会最終日(2)

2007-11-29 16:00:00 | 2007年度
展覧会も残すところあとわずか。

一人でも多くの人達に、自分達の成果を発表したい、という
想いはゼミ生一同変らないです。

展覧会初日に比べ、冷え込みが厳しくなってきた11月の寒空の下
人の流れを狙い、最後の呼び込みをします。

声をかけても、素通りされることもあるし、時に、注意される事もあるけれど、
それでも何もやらないよりかは、何かをして終わりたい。
その想いは、ゼミ生を突き動かします。


展覧会最終日、呼び込みの成果もあってか
展覧会場はいつにない賑わいがあります。

寒い中、卒業生の方々もお越しくださいました。



20日から29日までの展覧会開催中、
卒業生方々をはじめ保護者の方々、地域住民の方々
にも数多くお越しくださいました。

改めて、私達は多くの人に支えられているのだと、
だからこそ、良いものを作る責任が私達には課せられているのだと
いうことを実感しました。

泣いても笑ってもあと数時間。
過ぎてしまった時間は戻せないけれど、今出来ることを一つ一つ行って
無事に終わりを迎えられるように頑張りましょう。

文責:萱場博(2007年度4年ゼミ生)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

展覧会最終日(1)

2007-11-29 14:30:00 | 2007年度
私たちゼミ生は、今までこの展覧会のために頑張ってきました。

しかし、今日で展覧会も最終日。
悔いを残すことの無いようにしたいものです。

今日は予報された雨はあまり降らなかったものの、会期中一番の冷え込みでした。
それでも、多くのお客様にご来場いただきました。
ありがとうございます。


↑厳しい冷え込みの中でも、呼び込みをつづける筆者。
(写真撮影:ゼミ生4年小出さん)


↑来場されたお客様に解説をする、関雅彦さん(右)。
気さくながらも丁寧な語り口は今日も変わらない。


↑鉢植えのシクラメンの手入れをする、松山さん。
細かいところも、手入れを怠らない姿勢には頭が下がります。


↑大橋さん(右)のご友人。寒い中ありがとうございます。

展覧会終了まで残りわずか。
気を引き締めて頑張りましょう!!

・オマケ

↑ふと、会場の外に目をやれば、桜の木々の葉もすっかり色づき、少しずつ散り始めている・・・。
冬がすぐそこに迫っていることに気がついた瞬間でした。

文責:高橋芳典(2007年度3年ゼミ生)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加