イケタクの「日本を世界に誇れる美しい国・誇りある国にする」日記

世界に誇れる素晴らしい国である日本を周辺諸国と反日日本人から護るためのブログです!

幼児教育無償化と大学無償化

2017-11-12 15:00:00 | 教育
安倍首相の目玉政策の一つに教育無償化がある。
この中には幼児教育と大学無償化が含まれているようだが、まず幼児教育に関しては大賛成である。
少子化の解消のためには、若い親世代に金の負担をかけずに子育てができる環境を作ることが大事であり、その一つの目玉になることは間違いない。
だた、これは待機児童問題と並立して行わなければならない問題であること、そして預ける必要もないのに保育園に預けることの阻止が必要。仕事をしっかりしているか預けざるを得ない事情の判断は必要だ。
幼稚園・保育園の義務化(国が無償で幼児教育をさせる義務)は急務である。

一方で疑問符が付くのが大学の無償化である。
大学はそもそも専門的な知識を学びたい人が行くところであり、行きたい人は金を支払ってでも行くべきである。
表現は少し違うが、幼児教育や高校が主食だとすれば、大学は嗜好品であり、貧しい人に米を支給するのは分かるが、嗜好品である酒やたばこまでをkyにが支給する必要はないのと同じである。

もちろん、大学教育の充実によって学問レベルを上げるという意味もあるだろう。
であれば、それは統一試験などの実施により、或る程度のレベルをクリアした人に年ごとの返還必要のない奨学金を支給するなどでカバーでき、大学卒業という「資格」を欲する人に施す必要はない。

この二つはその目的が大きく異なる。
まずは少子化を解消のための待機児童ゼロと幼児教育無償化を実施してもらいたい。
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小池叩きに見るマスコミのい... | トップ | 希望の党は民進党の左翼にぶ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

教育」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL