イケタクの「日本を世界に誇れる美しい国・誇りある国にする」日記

世界に誇れる素晴らしい国である日本を周辺諸国と反日日本人から護るためのブログです!

暴行を肯定する内閣官房副長官

2018-02-12 10:57:28 | メディア
悪質な相撲協会の隠ぺい体質だが、大手マスコミもあまり取り上げず、死者が出てもいかしくなかった日馬富士、白鵬らによる集団暴行や裁判沙汰になっている春日野部屋の暴行事件より貴乃花親方の報告が問題になっている報道姿勢に大きな疑問を持っていた。

かねてから八角理事長と鈴木宗男氏の後援関係は有名で、鈴木氏は自身のFacebookでしきりに貴乃花を批判し相撲協会を擁護していた。
鈴木氏は実力者とは言え、既に国家議員ではなく公人とは言えないから、この頁でも話題にしてこなかったが、これだで不祥事が続出しても、公益法人の認可を与えている内閣府や文科相が腰を挙げない原因は何なのかと多いに疑問を持っていた。

鳥取での日馬富士の「殺人未遂」事件では。同席していた貴ノ岩の恩師である石浦校長と石破氏の関係が噂され、かん口令が敷かれたとか報道を抑えているなどのうわさがまことしやかに流れており、確かに事件現場にいた角界関係者でない石浦校長に全く報道陣が取材しないのは不思議でならず、石破氏の裏工作なのかと勘繰りたくはなる。

そして今回、事件、疑惑の中心人物である白鵬との写真を堂々と自身のTwitterに掲載したのは、内閣官房副長官の西村やすとし(康稔)氏である。
白鵬は暴行事件の現場にいながら、止めもせず通報もせしなかった共犯者である。
主犯説まで流れている人物である。

そして理事である貴乃花親方を巡業から外せと要求した組織をないがしろにする人物もある。
この二つだけでも国会議員が席を同じくしてはならない人物であるが、更には卑劣な相撲ぶりは多くのネット永続で確認できる通りで、常に腕にしているサポーターは特注の凶器であることが報道で明らかになり、その凶器で相手力士の顔面を殴りつける悪質な反則力士である。

更には八百長疑惑も取りざたされる疑惑の力士、灰色の力士である。
日馬富士事件では当初から虚偽の証言をマスコミに行うなど不誠実な態度も目立つ。

そんな人物と平気で写真を撮り、自慢げに掲載するとは自民党や政府も一緒に隠ぺいしていると思われても仕方のないものである。
白鵬をフォローする人たちであっても、彼が暴行事件の現場にいて、あそこまで酷いけがを負うまで止めなたった事実、そして救急車も呼ばず、親方にも協会にも方向すらしなかったことは認めるであろう。
それだけで一般
企業ならかなりの処罰を受けるものである。

それをこともあろうに内閣官房副長官が「無罪放免」とばかりに激励するとは、上司である菅官房長官、ひいては安倍首相の見識も疑う。
暴力を肯定する政府なのか。

今回の写真を見て確信した。
相撲協会の暴行や八百長の隠ぺいは国家ぐるみである。
内閣も官僚もマスコミも揃って相撲協会の隠ぺいに加担、税金を使って八百長を見せているかもしれない疑惑にも味覚がなくなるほどに殴られる暴行事件が起こっていることも全て承知でいながら、手を付けていないのだと。

いくら貴乃花親方が頑張っても、これでは改善されるはずがない。
公益法人として優遇されている税金、そしてその相撲を堂々と放映しているNHKの受信料、更には自民党に投票した票の返還を求めたい。
ジャンル:
スポーツ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 相撲協会不祥事隠ぺいは国ぐ... | トップ | 大臣も長期政権を »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

メディア」カテゴリの最新記事