イケタクの「日本を世界に誇れる美しい国・誇りある国にする」日記

世界に誇れる素晴らしい国である日本を周辺諸国と反日日本人から護るためのブログです!

予想通りの詐欺集団

2018-01-16 06:48:10 | 政局
民進党と希望の党が統一会派を組むことで合意した。
大山鳴動して鼠一匹とはまさにこのことだ。
左傾のメディアは自民党圧勝の選挙結果をしきりに報じていたが。民進党が分裂しなければ、実はもっと自民党は圧勝したに違いない。
というのは、立憲民主党なる反日政党が異常な躍進を遂げ、無所属と称した民進党の議員と会見を是として希望の党に入りながら、平気で前言を翻すあるまじき連中を含めれば、改選前より議員数は増加している。
公明、共産、維新などが議席を減らしているので、自民圧勝感が強かったが、実は民進党は善戦している。
これは完全に詐欺である。

これまで最も詐欺色が強かったのは、55年体制が崩壊した細川政権後に、羽田政権があり、そのあとの村山政権ができた時である。
反自民、政治改革を掲げて自民党を離党した武村正義、鳩山由紀夫氏といった議員たちは、離党直後から自民党との連携を模索するという禁じ手を行った。
これは自民党の初の下野が現実的になったことを受けて後藤田正治や三塚氏らが、画策し離党させた面々である。
そして反自民選挙から再度の審判を受けずして自社さという世紀の野合政権が誕生した。

今回は政権とは無関係であること、また国民が今や民進党を見限っていることなどから、インパクト的には比較にならないし政治的な影響も少ないが、国民の政治家に対する信用の失墜という面では甚だ許しがたい行動と言える。
私の周りの人の中にも、小池氏の改憲、保守的な政策に対し、自民党は嫌だから投票したという人も少なからずいる。

そういった人たちに対し、反安倍で一致したなどと言うおよそ国益と関係のないことで合意したとして納得しろと言うのか。

既得権益まみれの玉木代表や早期から護憲を訴えていた詐欺師に何か聞く気はない。
参院では中山恭子氏らがこの合意に猛反発している。
唯一まともとも言って良い長島昭久氏は、一体どのように説明するのだろう。
また改憲を旗印に民進党を離党した細野氏は今後どうするのだろう。

やはり民進党系は全員政治家失格だ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

政局にかかわりたがる引退議員

2018-01-11 07:32:20 | 政局
日本では政治家を引退した方々が色々問題のある言動を起こしてくれる。
小泉元首相と細川元首相がタッグを組んで脱原発を目指した運動を行っている。
原発に関しては、正直ないにこしたことはないというのは事実であり、替わりのエネルギーがしっかりと完成すれば順次廃炉にすべきだとは思うが、現状でそれが可能なのか。
原油が安定的に輸入されないケースもも想定して判断して欲しい。
この問題はとかくイデオロギー的なものが大きの割合を占めてしまうので、感情論を抜きにしっかり数字を出して検証してもらいたい。

そして「安倍首相ではできない」と言った政局がらみの問題にしてしまうことも頂けない。
引退した政治家は、公の場で感情でものを言ったり、政局に絡む発言をすることは慎んでほしい。

そして更に酷いのが外交や防衛に口を出す連中だ。
河野洋平、村山富市、加藤紘一氏らはそうで、中国や韓国で日本の、そして日本政府の悪口を言いまくっていた。
表面上では歓迎されたが、実は自国の悪口を吹聴するとして軽蔑されていたという。

引退した議員の過ごし方としては中曽根元首相が比較的好感が持てる。
国家論を語るに終始し、具体的な政策や少なくても現在行っている政府の外交を批判するようなことは決してない。

小泉元首相も河野洋平氏もそんなにものを言いたいなら現職に復帰されてたら良い。
そうでないなら、陰で悪口など言わずに首相や大臣に堂々と物申せば良いのだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

韓国とは距離を置くべき

2018-01-10 13:00:00 | 外交
日韓合意。
日本軍による慰安婦問題に関して、最終的かつ不可逆的な解決として合意したものである。
にもかかわらず国民は納得していない、慰安婦には謝り続けるべきだとする韓国とまともに付き合う必要があるのだろうか。

あの合意は前政権が行ったものである。
まだまだ謝れ。
そして日本から得た補償金は使用しない。
とても民主主義国家とは思えない発言である。

こんな国とはどんな合意も約束も決してできない。
安倍首相はもともと韓国に対し大きな不信感を持っていた。
何度合意しても何を言っても無駄だと思っていたようだ。

そこで国際的にも大きなニュースになるように、この合意に同意した。
そして、それでも騒ぐであろう韓国を予想していたに違いない。
この韓国の発言は、反日の連中は別とすれば国際的な信用を大きく損ねた。
もはやこの隣国はまともに相手にする必要はない。

それにしても現体制が安倍首相・河野外相で良かった
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

止まらぬ中国の世界侵略

2018-01-09 13:00:00 | 外交
日本という国は非常に呑気というか浮世離れしているところがある。
大陸と海で隔てられているという点はあるにせよ、外国の動向や思惑に対して驚くべき程無頓着である。
共産党や立憲民主党などの売国勢力や朝日新聞などの反日工作員が、護憲や似非平和を説くのは分かるとしても、ごく一般の国民でも平気で国を売り渡すような発言を無意識にしてしまうのは、警戒感の欠如の表れだ。
竹島に関して実効支配されたまま放置したがために、次は対馬に照準を絞っている韓国に対し、未だ有効とか言っている人の頭の中はおめでたすぎて涙が出る。
対馬の次は九州や四国に当然侵攻してくる。
外交に友好などあり得ない。

そして何といっても中国である。
尖閣を皮切りに沖縄に侵攻してくることは確実で、軍事ではなく諜報戦では既に多くの勢力を県内で獲得したと言って良いだろう。
沖縄タイムス、琉球新報という反日工作員を見事に配置し世論を反日反米に構成し、翁長知事という究極の売国奴を知事に据えることにも成功している。
更に中国は途上国への投資に賢明である。
河野外相は「中東やアフリカに行くと、x不動くが立てたビルや国会議事堂、橋、道路などが至る所にある。」と指摘。
かつては日本がその地位にあった最大の援助国の座はすっかり中国に奪われている。
その金がそもそも日本から支出されていたのだから、日本政府と外務省のアホぶりには情けなくて涙が出る。

中国は日本や台湾、フィリピン、ベトナムには軍事的に攻勢をかけるが、国境を接していない国には極めて友好的に新設にふるまう。
この外国戦略に日本はやられている。

幸いなことに今の日本政権は安倍首相と河野外相という戦略的に外交を考えられ、物の言える政治家がトプにいる。
この時期に将来にわたる外交の礎を作っておかないと日本はとんでもない窮地に陥る可能性がっ極めて高い。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

政府・内閣府・スポーツ庁はなぜ相撲協会を野放しにするのか

2018-01-08 11:00:00 | 文化
相撲協会の腐れぶりがどんどん出てくるが、その中でも深刻と考えるのが苛め体質である。
そもそも貴ノ岩に対する集団リンチは、半グレか不良中学生のように稚拙でアホで質が悪い。
しかも、この件は恩師(石浦校長)が生徒(貴ノ岩)を呼び出してリンチを加える手伝いまでしたと思われる。
相撲協会も鳥取城北高校も何故文科省が調査して指導しないのか分からないが、このいじめ体質は貴乃花親方への処分問題でも如実に出ていた。

そして、貴乃花親方の弟子である貴景勝らがラフ正装ではない格好で街に出たとして、春日野広報部長は本人に注意をした。

まず関取、しかも新三役である貴景勝に注意するのであれば、別室に読んで行うべきだし、それをマスコミのいる前で、しかもポケットに手を突っ込んで行うとは、正気の沙汰とは思えない。
たまたまかもしれないが、少なくてもこの写真はやくざがすごんでいるようにか思えない。
こんな人物が理事とは情けない。

そもそもモンゴルジャージにも文句を言わないくせに何故、貴乃花部屋の力士にだけこのように凄むのか。
親方からしてイジメ体質を持っていると判断せざるを得ない。

更に白鵬のラフな格好での繁華街写真も流出している。

白鵬にも公の場で凄んで見せろと言いたい。

恐らく今後も相撲協会の貴乃花いじめは続くであろう。
取り組みや判定での差別も予想される。

このような状況を、公益法人の認定機関である内閣府や大相撲の管轄であるスポーツ庁は何故放置しているのか。
法的にも倫理的にも明らかに腑に落ちない集団リンチ事件とそれに伴う処分。
こんな団体が公益財団法人とは、この国はどうかしているのではないか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加