講談とおもちゃの意外な共通点!

117()に、年に2回のおもちゃ学芸員特別イベント「館長のグッド・トイ・カフェ」を開催しました!

今回館長と対談いただいたスペシャルゲストは、講談師 神田山緑さんです。

4月で開館10周年を迎える東京おもちゃ美術館。

四谷の地を改めて知りたいと思い、講談で「四谷怪談」をご披露いただくことにしました

講談師とは、歴史や昔の出来事を分かりやすく語る人のことです。

その歴史は落語よりも古く、しかし現在は日本に78名しかいません。

神田山緑さんは、自動車メーカーの営業マン、健康食品会社社長の経歴を持ち、 その頃出会った神田すみれさんに入門したまさに「講談界の異端児」!笑

寄席だけでなく、中野区観光大使や散歩ガイド、ラジオ・テレビ出演など幅広く活躍されています

 

神田さんから「話を聞き手に最後まで楽しく聞いてもらうテクニック」を伝授いただきました!

どんな場所で、どんな音がして、どんな言葉で、どんな照明で、どんな時間に…

語り手がその描写をしっかりと頭に浮かべ、登場人物になりきることで、聞き手が語りの世界に入ってきます

 

教えてもらったことをさっそく実践。「雪おんな」を全員で語ってみました。

 

…む、難しい!!実際に読んでみると、神田さんがいかに一句一句に思いを込めているかが分かります。

声の緩急、話す速度や声色の高低、目線を変えるタイミングなど、緻密に計算されているのです

 

張り扇(おうぎ)も体験。響きのあるピシッ!という音を出すのにもコツがいります。

釈台(しゃくだい)に打ちつけるあの音には、話にメリハリをつけ、調子をとる効果があるのだと分かりました。

 

いよいよ「四谷怪談」をご披露いただきます。

照明を落として…何だか急にお部屋の温度が下がったようです。

結末も様々あるということでしたが、私自身も初めて聞くラストに鳥肌が立ちました

 

神田さんによると、1つの話を語るのに30冊ほどの本を読むそうです。

同じ物語でも決まった語り方がないため、講談師の個性を感じられるのも講談の面白さのひとつ

また「いかに惹きつけ楽しませるか」ということをポイントに、聞き手に合わせて言い回しや話の長さを変えているということでした。

 

私たちも、おもちゃや遊びをご案内する際には相手に合わせて見せ方やルールを変えるので、思わぬ共通点を発見して嬉しかったです。

受け取る側が自由に想像し、自分だけの世界を作れるところも似ている気がします

 

「四谷怪談から知る四谷の歴史」というテーマでお話しいただきましたが、神田さんから「伝える」ことの面白さを改めて教えていただくことができました!

皆さんも「遊びの案内人」として、多世代の人と交流できるおもちゃ学芸員の仲間になりませんか?

 

リリー

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2018年 あけましておめでとうございます!

明けましておめでとうございます。

 

赤ちゃんから高齢者の方々が年間15万人以上集う多世代交流の

館として定着してきた東京おもちゃ美術館。

 

その積み重ねが、今年は、花開く年となりそうです。

 

2013年にオープンした沖縄県国頭村の姉妹館「やんばる森のおもちゃ美術館」に引き続き、

今年の4月に山口県に「長門おもちゃ美術館」、7月に秋田県に「鳥海山木のおもちゃ美術館」の

姉妹館が続々と誕生します。

 

遊びとおもちゃの勉強を積み重ねている360人の「おもちゃ学芸員」も、

長門に100人、秋田に120人と、その輪が全国にも広がりそうです。

 

スタッフ、おもちゃ学芸員一同、皆様のご来館を心待ちにしております。

 

今年も皆さんと遊び心溢れる思い出作りをご一緒に!

 

東京おもちゃ美術館 館長  多田千尋

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

第9回テーブルサッカーペア大会

 

12月と言ったら?
そう!年に1回のテーブルサッカーペア大会です!!!

午前・午後と対象年齢別に2回行いどちらもとっても白熱しました
 
インターン生のこの真剣な表情
 
 
 
 
午後の部には沢山の小学生親子が参加してくれました!
 
 
 
 
 
 
 
余りの熱に半そで
 
 
 
 
 
 
 
 
優勝した親子ペア
 
 
 
 
実はこの女の子、去年も出場してくれています。
去年負けた悔しさからおもちゃ美術館にも練習しに来てくれていたそう。
 
 
今回の大会で勝った子も泣いた子も
最後はやっぱり笑顔です
皆さんまた遊びに来てくださいね。
沢山練習して来年へのチャレンジお待ちしています!
 
 
 
 
 
 
 
そして・・・
去年の雪辱を晴らすべくこの1年毎月特訓をしてきたわれらがおもちゃ学芸員チームの結果は、、、
なんと!!見事第3位になりました
 
 

しかし「悔しさが残る」「もっとレベルアップを図りましょう」と
早速来年度に向けて闘志を燃やしておりました
 
 
 
テーブルサッカーの日本代表選手がやってくるイベントは隔月ごとに行っています!
この日は直接レクチャーを受けたり、対戦したり、、、とっても贅沢な体験会なので是非お越しください。
次回は2月18日(日)の予定です。
 
※日程は変更になる場合がございますのでイベントカレンダーでお確かめください。
 
 
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

山口県長門市のおすすめ観光スポット紹介~後編~ 長門出身のインターンが厳選!知る人ぞ知る穴場スポットをご紹介!

こんにちは!長門市の出身の大学生インターンの真理子です。

前編に引き続き、地元民である私が故郷長門市のおすすめ観光スポットをご紹介したいと思います!

後編である今回は、長門市で観光するならぜひ行ってほしい、穴場スポットを二つ紹介していきます。

 

日本棚田百選の一つ!東後畑の棚田

意外と知られてないかもしれんけど、長門で外せない、外したくない絶景スポット!

棚田は日本にたくさんあるんやけど東後畑の棚田は、夕暮れ時の海に向かって並ぶ棚田と漁火のセットがほんとに最高なんよ。

日本人の古き良き「故郷」のイメージをまさに具現化したような景色に、誰もが郷愁の念を抱くはず。

夕暮れ時もおすすめやけど、日中も風に揺れる稲と青い大きな海が一望できる!

上記で紹介した、元乃隅稲成神社の近くにあるけえ、寄り道がてら行って長門をより一層楽しみませんか。

 

 

▽温泉好き必見!穴場の癒し空間。俵山温泉

温泉好きな私にとって、小さいころから何度も通ってた俵山温泉。

約1,100年の歴史を誇り、今でも湯治客でも愛されている俵山温泉のお湯は西の横綱ともいわれるほどに効果あり。

静かな山間地の細い通りに、数々の温泉が立ち並び、浴衣姿で散策もできる穴場スポットやね。

俵山温泉名物の「三猿まんじゅう」は、見ざる、言わず、聞かざるのかたどった一口サイズのお饅頭で、おやつやお土産におすすめ!

カップルだけでなく、おもちゃ美術館に訪れた子ども連れの家族も、おじいちゃんおばあちゃんも、ぜひ俵山温泉へ行って癒されてほしいです。

 

 

いかがでしたか。長門市のおすすめ観光スポットでも穴場スポットを二つ紹介しましたが、長門市は田舎ならではの自然や風情が今でも残っている町です。観光だけではなく、新鮮な魚や野菜などの食や、観光汽船などの遊べる場所もあります。

ぜひ「長門おもちゃ美術館」にご来館の際は、長門を余すことなく味わいつくしてください!

 

学生インターン 真理子

 

廃船改修プロジェクト「くじら船長」の募集もあと5日ですよ! お申込みのお忘れないようお気を付けて!!

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

おもちゃ作家と一緒にワークショップ!!開催!!

 

みなさまがお持ちのおもちゃ、
どなたがつくっているかご存知でしょうか。


おもちゃをつくっている素敵な方々を紹介したい!ということで
12月9日(土)と10日(日)に
木のおもちゃ20作家展関連イベント「おもちゃ作家のワークショップ」を開催しました!
内容は「つくる」「あそぶ」「しる」があり、
それぞれの角度からおもちゃ作家とお客様が出会うイベントです。

「つくる」は木のおもちゃをつくるワークショップです。
6名のおもちゃ作家のワークショップをご紹介いたします。

佐賀の飛鳥工房、廣松利彦さんは「ポリキューブパズル」です。
立方体を決まったパーツに接着し組み立てると、大きな立方体がつくれます。
立方体に限らずパーツを様々なカタチに組んで、親子で楽しんでいました!

福島のマストロジェッペット、富永周平さんは「木のカメラ」です。
本物のカメラが出来上がったかのような達成感で子どもたちは大喜びでした。
大きさも子どもたちの手にフィットする丁度いい大きさで、
さまざまな風景をカメラを覗いて切り取っています。

岡山のおとぎ屋、多曽田育男さんは「花のかざぐるま」です。
木でできた花びらのパーツはとても繊細で、
その小さなカタチの中に子どもたちの想像の世界が広がっていました。

新潟のナカムラ工房、中村隆志さんは「鈴」です。
ヤスリ掛けを240番、400番とかけていき、自分にとって心地よい鈴を磨いていきます。
磨くごとに木がつるつるになる感動を味わいながら、できた鈴でみんなでジングルベルを歌いました!

富山のIKARI木工舎、五十里伊規子さんは「クリスマスモビール」です。
木のパーツを選び、絵を描いたりスタンプを押してモビールを完成させていきます。
深みのある木の色と鈴のコントラストがとても心地よく、
大人も嬉しいモビールです。

茨城の木工房どんどこどん、宮﨑昌洋さんは「小さなお家の世界」です。
ヒノキでできたパーツは丁寧に磨かれてとてもいい触り心地です。
絵の指導をしていただきながら、それぞれとても個性豊かな世界が完成です!

まだ完成形ではない材料からおもちゃをつくることで、
おもちゃ作家の丁寧な仕事にふれたり、おもちゃづくりの大変さ、楽しさ、
そして、親子のコミュニケーションを深く感じるひと時となったのではないでしょうか。

 

「あそぶ」は、おもちゃ作家と一緒にあそびました!
子どもたちの自由な発想に驚くことばかりです。

医療現場で利用されているおもちゃをこどもたちは使い方がわかるのかと思いましたが、
感覚で理解し、ごっこ遊びをしていました。

 


「しる」はおもちゃの制作について、じっくり聞いていただけるトークショーです。
おもちゃの制作段階のものやパーツを見せていただきながら、
安全性やこだわっている木材、誕生秘話を語っていただきました。

制作についての専門的なお話は、今後のおもちゃ選びや向かい方について考えるきっかけとなり、
とても貴重な時間となりました。


まだまだイベントはあります!!
「ナルカリおもちゃと電動糸鋸大作戦」では、
おもちゃ紹介と電動糸鋸の実演です!!

電動糸鋸の実演では、お客様から注文いただいたカタチを
その場で切り抜いてくれます。
なんとそのはやさ、、、30秒!!!

切り抜いてくれたカタチはライオンやワニ、ろくろ首、、まだまだあります。
お客様に見られながら切る、その集中力はまさに匠の技でした。

 


閉館後の東京おもちゃ美術館では、
全国各地から9名のおもちゃ作家が集まり「トークショーと交流会」を行いました。
参加者総勢80名のにぎやかな会となりました。

おもちゃ作家になったキッカケやこだわりを熱く語っていただきました。
そこで感じたことは、ただこのカタチを作りたいだけではなく、
モノの先にいる、その誰かが幸せになることを願っていることです。
その為に、いつもアンテナをはって、おもちゃについて考えていらっしゃいます。


おもちゃは人ととても近い存在であり、
人と人の間にあることで輝きます。
親子のコミュニケーションが生まれたり、
達成感、
新たな発見
その時にうまれた瞬間がなにより大事なコトです。

どのようなモノも勝手に生まれることはありません。
全てに誰かのメッセージが込められています。
おもちゃ作家の思いをこのイベントでみなさまに届けられていたら幸いです。

 

もうすぐクリスマス!
おもちゃとともにみなさまのメッセージを届けてみてはいかがでしょうか。

 

こびー

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ