銀右衛門文庫の経済動向

昨今の経済動向をピックアップします



勧誘や営利目的ではありません
あくまで個人の趣向の範囲とご理解下さい

12月28日

2016-12-28 | 経済動向
東京市場はもみ合いか。欧米市場はそろって上昇。連休明けの市場が多かったが、独DAXは年初来高値を更新、米ナスダック総合は史上最高値を更新と、総じて楽観ムードが優勢となった。ドル円は117円台40銭近辺で推移しており、やや円売りが優勢。CME225先物は円建てが大証日中終値と比べて50円高の19360円、ドル建ては110円高の19450円で取引を終えた。欧米市場が比較的しっかりの割にはCME225先物はマイナススタートもあるかといった水準。ダウ平均は上昇ではあったが、きょうも2万ドルの節目には到達できておらず、日経平均も19500円の節目が壁として意識されそうだ。一方、海外要因からは売る材料もなく、引き続き動きづらい展開が想定される。19400円どころでの小動きか。日経平均の予想レンジは19350円-19480円。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 12月27日 | トップ | 1月13日 »

あわせて読む