銀右衛門文庫の経済動向

昨今の経済動向をピックアップします



勧誘や営利目的ではありません
あくまで個人の趣向の範囲とご理解下さい

7月6日

2017-07-06 | 経済動向
東京市場は小動きか。休場明けの米国株はまちまち。FOMC議事要旨公表で新たな手がかりに乏しかったこともあり、方向感に乏しい展開となった。ドル円は足元で113円10銭近辺での推移。米製造業受注指数が弱かったことなどから、やや円安一服となっている。円建てのCME225先物は大証日中終値と変わらずの20070円、ドル建てが30円高の20100円で取引を終えた。

海外市場に特段大きな変化がなかったことから、動きづらい展開が想定される。ドル円の動きはややネガティブも、113円近辺で推移していれば、売り材料にはなりづらい。北朝鮮の地政学リスクへの警戒はくすぶる一方、週末のG20サミットや6月雇用統計は期待材料。強弱材料入り交じる中、次の材料待ちでこう着感の強い地合いが続くと予想する。日経平均の予想レンジは20000円-20150円。

トレーダーズウエブより
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 7月5日 | トップ | 7月11日 »

経済動向」カテゴリの最新記事