徳島電友会 各サークル 活動状況

徳島電友会の各サークル活動状況を会員の皆さんにお届けします
左サイドの「カテゴリー」から各サークルにアクセスして下さい

日峰山・四国ミニ八十八か所巡り(平成29年5月14日)

2017年06月13日 | NTT徳島OB健歩会

〇平成29年5月14日(日)(参加者20名)

 《日峰山・四国ミニ八十八か所巡り》(小松島市)   只安 健一

   当日は、天気予報のとおり快晴でまずは一安心でした。自宅から南正面に見える気延山が、中国からの黄砂の影響か少しかすんで見える。日峰山からの眺望を楽しみにしていた

  ので、少し心配をしながら自宅を出発。

   徳島バス⑤番乗場に徐々に参加者が集まり、10時発の勝浦線に乗車。今日は日曜日で「日赤病院」が休診のせいか、一般の乗車客が0で貸切りバスの状態で定刻に出発。

  途中で漆川さんが乗車。1025分日赤病院前に到着し、山田さん内藤さんが合流して総勢20名の参加者となった。

   全員がそろったところで本日の目的地である日峰山を目指して、少し日差しが強くなった中を出発した。港に近い住宅街を約20分ほど歩くと元根井漁港沿岸にある「第一番霊山寺

  の石碑」がある観音波寺に到着し、ここで本日の登山の安全祈願をしました。

   今きた道を少しバックし山に向かって歩いてゆくと、ミニ札所への入口の登山道が見えてきた。よく整備された階段の道をゆっくりゆっくりと20分ほど登ると、海抜約80メート

  ルにある小松島灯台に到着。ここからは、小松島市内、小松島港が一望できてすばらしい眺めでした。18番札所の石碑のそばに第一展望台があり、ベンチも整備されていたので、

  ここでしばらく休憩し水分補給。

   汗が少しひいたところで再出発。しばらくは下りの山道が続き少し安心したところ、目の前に急勾配の階段状の登り道が視野に入ってきた。ここからは登りの連続で、個々に休憩を

  入れながら一歩一歩登っていった。

   1番札所から約1時間、ようやく88番大窪寺の石碑前に到着し、目の前には標高約200メートルの日峰山山頂が見えてきた。山頂休憩所で休んだ後、小松島市内から山頂まで整

  備された観光道路をしばらく下山し、昼食予定先の日峰展望台に到着。ここからは大神子海岸、沖洲海岸、遠くは鳴門大橋まで見渡すことが出来、まさに絶景だった。

   ようやく楽しみの昼食時間、今日のビールは格別においしかった。

             日峰展望台にて参加者全員で記念撮影


   昼食を終えたところで下山を開始。帰りは小松島市内へ続く急こう配の自動車道を一気に下山し、20分ほどで市営球場へ到着。市営球場で行われていた「春のまつり・金長まつり」

  に出会い、地元連7連による阿波踊りを見学。小さな子供たちの元気な踊りが印象的だった。

   日赤前から徳島バスに乗車し、車中で熟睡しながら帰途につく。

   今月の行事は厳しいコースでしたが、さすがに健歩会のメンバーは健脚揃いで、途中一人もリタイヤすることなく全員が無事に踏破することが出来ました。

   皆さん、大変お疲れ様でした。      

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 茶道「なごみ会」3月から5月... | トップ | 80会第445回大会実施結果(6月... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。