すいーと雑記帳

とっこの独り言

山城博治さんインタビュー (沖縄タイムス)

2015-05-15 20:46:43 | 日録・雑感など

5月15日 FRI  28℃

 チョイさんは11日から東京で防衛省交渉、海上保安庁交渉などに参加して昨夜帰沖しました。

 今朝も5時起床。チョイさんを6時過ぎに辺野古へ送り出しました。今日は5・15平和行進が辺野古の瀬嵩浜から出発するので、カヌーや船も海上から行動を共にしたとのことです。

 5月11日の沖縄タイムス1面と2面に、悪性リンパ腫の治療のためにキャンプシュワブゲート前の現場を離れて闘病に専念している山城博治さんへのインタビューが載っていました。

 

                                          (沖縄タイムス5月11日1面 )

 

                                           (同上2面)

 このインタビューで、山城さんの今まで歩んでこられた道を知ると、「なるほどなあ!」と納得させられます。山城さんの存在の大きさが一段と心に沁みます。

 新聞画像では読めないので以下に転記させてもらいました。是非読んでください。博治さんを支える奥さんの太っ腹、大物ぶりや、お母さんの深い愛情にも感動しますよ!

 山城さんは、今、現場を離れてどんなに歯がゆく悔しい思いをしておられることか。私はこの記事を何度も何度も読んで、日々の介護の大変さに折れそうになる心を立て直す、励みにさせてもらっています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[沖縄を語る 時代への伝言⑲] 沖縄平和運動センター議長 山城博治さん

ー沖縄が本土から切り離されたサンフランシスコ講和条約発効の1952年生まれ。

 「父は沖縄戦で防衛隊に取られ、南部戦線をさまよった。両方の膝と背中から脇腹にかけての3か所、銃弾が貫通した。傷口にわいたウジ虫を草でつついて出した、といった戦場の話を聞いて育った」

 「父はハワイの捕虜収容所から帰り、南洋から帰った母と結婚。軍作業員になった。実家があるうるま市豊原は、ほとんどの人が軍で食べてきた。だから軍とすら言わない。『現場まーやが(どこか)』と。今、キャンプ・シュワブのゲート前で向き合う警備の基地従業員も重なって見える。逮捕された時に自分を拘束した従業員にも、恨みつらみはない」

 ー最初に社会の矛盾を感じたのは。

 「中1だった65年、B52爆撃機が嘉手納基地に飛来した。先生に連れられ、デモをした覚えがある。本土復帰が決まった69年の佐藤・ニクソン会談は前原高校2年の時。基地自由使用の密約は、高校生にも見え見えだった。佐藤首相訪米反対と学園の民主化を訴えて、約150人のハンストを1週間続けた。マスコミや警察も来て大騒ぎになった」

 「3年生になって、やはり基地付きの本土復帰に反対して仲間4人で校舎の一部を封鎖するバリケードストをやった。先生にあっという間に解除され、僕は除籍処分になった。『退学させられる理由はない』と登校しては、机と椅子ごと先生に引きずり出される、の繰り返し」

 ーゲート前で逮捕された時と同じ光景だ。

 「やっていることはあまり変わらないね。ただ、除籍になった時、母が涙を流しながら『頑張れ』と言った。それで、むちゃばかりはできないと目が覚めた。その後はガソリンスタンドボーイ、水道配管、土木工事となんでもやった」

ー 最終学歴は大学卒。

 「兄の勧めもあって、大検を受けて進学した。実は高校時代、全国のいろんな大学のセクト関係者が会いに来て『うちに来ないか』とスカウトされていた。だけど僕は、反復帰論の新川明さん、川満信一さんの本をバイブルのように読んでいた。国家をどう相対化するか、日本の支配層とどう縁を切るかばかり考えていたから、本土のセクトにまったく興味はなかった」

ー卒業後は。

 「県庁に中級職で入り、学校事務をした。思ったような、沖縄全体に関わる仕事ができず、2年目に辞めた。司法試験を受けるために東京の専門学校に行ったが、学費が続かない。上級職で県庁に入り直した。専門学校で学んだ法律の知識は今、現場でハッタリをかますのに役立っている」

ー転んでもただでは起きない。

 「県庁では基地従業員の離職対策、次は不発弾処理担当、と充実していた。公務員人生がおかしくなってくるのは87年海邦国体の事務局に行ってから。当時の西銘順治知事は『天皇をお迎えして沖縄の戦後を終わらせたい』と考えていた。だんだんスポーツに名を借りた政治プロパガンダだということが分かってくる。87年の卒業式は日の丸・君が代強制で大荒れになった。旗やテープを大量発注して配布の準備をしたのが僕だった。すっかりやる気をなくし、残業する同僚を残して午後5時で帰ったり、国体反対のビラを職場でまいたりもした」

ー国体の事務局職員が国体に反対と。

 「耐えきれず、ある日係長に辞表を出したまだ結婚して数か月だったのに、妻も理解してくれて。結局、係長が引き留めてくれたが、国体本番が終わるとすぐ県税事務所の徴収担当へ異動になった」

「徴収担当は、県庁の中で生活保護を担当する福祉事務所の次にきつい部署と言われていた。異動してすぐ、先輩に連れられて人の家に上がり込み、クーラーや冷蔵庫に差し押さえのシールを貼った。暴力団抗争の真っ最中、それと知らずにコザの組事務所に行ったこともあった。若い衆に囲まれたが、意を決して議論した。『見たところ数万円が払えないようでもない。みなさんの事情は聴くが、税金だから払ってもらわないと困る』。親分には話が通じた。逆に、徴収に行った家庭のあまりの貧しさに『頑張ってください』とだけ言って帰ったこともある」

ー組合活動はずっと続けていたのか。

「本格的には名護市民投票2年後の99年、名護に異動してから。『今は大変な時だ』と説得され、県職労北部支部長になった。その後2004年に沖縄平和運動センターの事務局長に就いた」

 ーそして、反基地闘争の現場に入っていく。

「東村高江のヘリパッド建設問題には、着工した07年から関わってきた。山中の工事現場入り口にテントを張って1人で泊まり込み、沖縄防衛局が来るのを警戒する生活。防衛局の車を高江から名護市内まで追いかけ、マイクで『前にいるのは基地建設を強行する防衛局の車です。市民の皆さん、一緒に止めましょう』とやったこともある。局職員への傷害容疑で書類送検され、那覇地検に相当調べられたのがこの時。極端なストレスで全身が硬直し、救急搬送されたことがあった。斜面を降りてきた職員をよけただけで、結果は不起訴だった」

ー12年のオスプレイ配備阻止行動で、普天間飛行場のゲートを封鎖した。

 「台風で暴風警報が出ている中、仲間に呼び掛けて車でゲートを封鎖した。ああいう行動は組織の論理ではできない。一方で、組織の力が必要な運動もある。自分は組織人と一市民の間を行きつ戻りつしている」

ー今回、辺野古の新基地建設反対行動は。

 「自由な個人の集まり。問題が大きすぎると、組織では担えない。ここでは10年前からいる人もきょう来た人も、かつての労組の親分も若い人も、同じ仲間。それぞれが自腹で、主体的に来てくれている。信頼と友情があって、行動だけ一緒にできれば、個人の考えは違っていい。戦後70年にわたる沖縄の不条理を解き放ちたいから、人の関係性も自由でないと。誰かの命令に従うだけなら、沖縄の未来は始まらない」

ー一番きつかったのはいつ。

 「どこでも、運動の形をつくるまでが大変。昨年7月、座り込みを始めた当初はゲートから入る全ての車を止めては、機動隊に排除されていた。ところが、毎日やっているうちに、どれが海の作業に向かう車か、分かるようになってきた。機動隊も、何でもかんでも排除するわけではない。机上でなく、現場でぶつかり合うと、相手の考えが分かってくる。やり方は悪いけど、時間がないから」

 「夏休みに入ってから、親子連れが多くなった。ぶつかっているだけでは駄目だと思っていたら、歌三線が始まった。だんだん形ができていった」

 ー集会では多くの参加者に発言の機会をつくっている。

 「1人で来た人に寂しい思いをさせて帰すなら、運動は広がらない。あなたのことを見ています、ここでマイクを握って、帰ったらあなたの回りにも伝えてほしい、と。大衆運動は気配りだから」

「実は以前から、シュプレヒコールにも少し違和感があった。ほかのスタイルを見つけられないから続けるけど、言葉は前向きなものを選んでいる。『闘うぞ』ではなく、『海を守ろう』『未来に残そう』と」

ー「カヌー隊と連帯して」と話す時は涙ぐむことが多い。

 「よく『泣き虫博治』って言われる。カヌー隊は海上保安庁の暴力にさらされ、非常にきつい。でも彼らなしで運動は成り立たない。ゲート前でも、気持ちを一つにすることを心掛けている」

ー対峙する相手に語り掛ける場面がよくある。

 「警備員は普通の現場だと思って本土から来る。みんな最初はびっくりするけど、帰る時には『沖縄の人ってすごいですね』と言ってくれる。今回病気を公表したら、警察官も『思いは伝わっていますよ』『早く治して帰ってきてください』と。帰ってきたら、彼らがまた困るのに。現場はそこがおもしろい」

ー行動には、本土からも多くの人が訪れる。本土との関係をどう考える。

「民衆同士、自立しながら連帯することは害じゃない。薩摩侵攻から400年。沖縄側が本土との関係にこだわりすぎて、逆に本土にくぎ付けにされていると感じる。例えば薩摩が侵攻しなかったとしても、他の欧米列強が攻めてきたかもしれない。本土の呪縛から自由になって、東南アジアや太平洋の小さな独立国に目を向ける方が、自立に役立つと思う」

ー現場の運動と県民世論は、互いに支え合っているようにも映る。

 「僕は現場で何度もつぶされているけど平気。だから、『本気じゃないんだ』と言う人もいる。そうではなくて、もともと現場の運動だけで決着がつくと思っていない。県民の声をまとめて現場で必死に抵抗し、その積み重ねで世論をまた大きくしていく。最終的には市長や知事を代えて、その力で国を止める。だから、もし昨年の知事選で翁長雄志さんが負けたら、と思うと怖かった。ここの運動もすぐたたきのめされていただろう」

ー振り返って、ここまでの評価は。

 「今回、国は海に臨時制限区域というわなを用意して、抗議の市民を逮捕しようと待ち構えた。陸でも総がかりで包囲網をつくってきた。しかし、県民はそれを打ち破った。毎日各地からバスが走り、日替わりで親子連れや経済人が来る。継続性といい規模といい、かつてないほど圧倒的だ。それは沖縄が自信を持ち始めた表れ。保守だ革新だ、ではなく郷土を愛するから。島ぐるみの団結を実感している」

ー歴史的な意味をどうとらえているか。

 「復帰運動や反CTS(石油備蓄基地)闘争、喜瀬武原の実弾砲撃演習反対闘争。へこたれず、粘り強く続いた戦後沖縄の運動の上に、今がある。たまたま、そこに僕たちがいる。先輩たちが刻んできた歴史は常に意識している」

 「今、蔑視してきた中国が軍事的に台頭し、日本人は屈辱と恐怖を感じている。かつてないほど緊張が高まっている。辺野古で防波堤が決壊したら、日米中の軍事の濁流が沖縄全体に流れ込んでくる。沖縄戦のあの光景がもう一度繰り返されるかもしれない」

ー悪性リンパ腫を公表し、闘病生活に入った。

 「なぜ今なのか。あと少しくらい待てないのか。残念でならない。あえて公表したのは余計な心配を掛けたくないのと、その間は仲間に頑張ってほしい、と伝えたくて。石にかじりついてでも戻ってくる」

 「病院のベッドの上にいても、現場を思わない日はない。荒れ狂う国と、それに耐え抜く仲間の姿。涙を流しながら新聞を読んでいる。戦後70年の年に、現場にこれだけの人が集まり、知事が頑張っている。県民の闘いを誇らしく思う」

(聞き手=北部報道部・阿部岳)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 博治さん、ゆっくり養生して必ず現場へ戻ってきてくださいね。みんな待っています。

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 辺野古基金1億円突破!  | トップ | うちなーんちゅ、うしぇーて... »
最近の画像もっと見る

日録・雑感など」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事