すいーと雑記帳

とっこの独り言

キャンプ・シュワブゲート前座り込み3年

2017-07-06 20:49:52 | 日録・雑感など

7月6日 THU  32℃

 今日、辺野古新基地建設反対を訴えて始まったキャンプ・シュワブゲート前での座り込みが3年を迎えました! 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

3年前、未明に工事用資材の搬入がが始まった日の沖縄タイムス

  

 http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=77313 (沖縄タイムス 7月20日)

 http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=77313 (琉球新報 同上)

 Ⓒチョイさん

2014年7月、キャンプシュワブのゲート前で、ゲートに入るトラックの監視、米軍車両への抗議行動を続ける人達

 座り込む人たちを排除するために、沖縄防衛局が「殺傷鉄板」をゲート前に設置したのもこの頃です。

 

  

この危険な殺傷鉄板は、撤去されることなく今なお工事ゲートの入り口にあります。舗装された道路を走ってきて基地に入るトラックの「泥落とし」だというふざけた名目のまま。

 この3年間、猛暑の夏の日、強風で冷え込む冬の日、ゲート前で、海上で、非暴力の座り込みやカヌーによる抗議行動を続けた市民の忍耐力に頭が下がります。機動隊や海保とのもみ合いの中、怪我をして救急搬送された人(頭蓋骨骨折の重傷まで)、逮捕された人も多くいます。 

 全国の何処に、民意に反して強権的に押し付けられる国策に反対してこうして3年も座り込みを続けている場所があるでしょうか? 今日は180人ほどの人たちが集まってゲート前で座り込み3年の集会があったとのこと。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 私は、昨日(5日)、朝4時に起きて、抗議船に乗るチョイさんの車に便乗。7時前に辺野古キャンプシュワブ・ゲート前に着きました。7時半ごろから人が集まり始めてゲート前に座り込みます。昨日は120人ぐらいだったかな?

暑いのなんの! 気温33℃、太陽がアスファルト道路に容赦なく照りつけます。みんな持参の水筒から水分補給をし、塩飴をなめて熱中症予防に大童。日傘も必須です。

私は持参の折り畳みマイチェアを出して、機動隊車両でできたわずかな日かげに座っていました。それでも汗がダラダラ、Tシャツの汗が搾れるほどになってきます。昨日は午前中、工事車両の動きもなさそうだったので、みんなで道路向かいにあるテントに移動。

あ~、涼しい。風が吹き抜けて、生き返るようです。ここでまた県内各地、県外からの参加者の話を聞きました。

私は7時から12時前まで座っていましたが、もう体力の限界、午前中でリタイアーしてしまいました。私よりもっと高齢の方が午後も頑張っておられるのに、まことに申し訳ないことながら、ここでムリをして倒れたら「後方支援」もできなくなると思って泣く泣く引き上げました。

その後午後1時半ごろ、昼食休憩などで座り込みの人数が50人ほどに減った頃を見計らって(!)、石材などを積んだトラックが30台基地内に入ったと沖縄タイムスのツイッターで知りました。50人ほどの人たちが機動隊に「排除」されたとのこと。

 悔しい!! 座り込みの人数が減ったら必ず工事車両が入るんだ、たくさんの人が座り込んでいさえすれば止められるのに。同じことを毎回思いながら腹を立てています。この猛暑の中、1日頑張るのは体力的に無理な人もたくさんいるはず(私も~)。なんとか各市町村の「島ぐるみ会議」などが話し合って、「半日交代」でいつも150人はゲート前に座り込めるようにする、とかなんとかならんもんかな~、と思います。「暑いけど、しんどいけど、一人一人の県民が、今、怒りをもって気合を入れて辺野古へ集まらないと新基地建設は止められない!」と息巻いていると横からチョイさんが「なんや、たまに座り込みに来たらエライ鼻息やなあ!」と冷やかします。まあ、そう言われると一言もない、でも「枯れ木も山の賑わい」、週1でも月1でも辺野古へ行きます!                                                                              

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 猛暑のゲート前 | トップ | 「生きろ! 撮れ! 石川真... »
最近の画像もっと見る

日録・雑感など」カテゴリの最新記事