特定行政書士 徳能ブログNEO

特定行政書士とくさんのちょっと得するかもしれないお話  
シーズン2

7月も明日まで・・・

2014年07月30日 00時45分00秒 | 日記・エッセイ・コラム

 

 なんだかんだで7月も明日1日を残すのみとなりました。

 今年の夏は冷夏になるという予報もあったようですけど,梅雨明けの前後を問わず,とんでもない暑さが続いてきています。

 来月8月は例年よりも気温が高めになるかもしれません・・・

 8月と言えば,いよいよ来週4日から行政書士試験の申し込みが始まります

 今年の試験を受けられる方は,これから先の約100日間,もはや1日たりとも無駄にすることはできないという時期に入っていますので,暑さとうまく向き合いながら(戦いながら)夏を乗り切るようにしたいですね。

 来月も(暑さに負けず)頑張っていきましょう(今年に限っては,もうほとんどの方が申し込みを終えているはずですので今さら言うまでもないとは思いますが,宅建の申し込みは明日31日の消印有効までですので念のため)。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブログに続きホームページまでも・・・

2014年07月29日 08時44分05秒 | 日記・エッセイ・コラム

 すでにお知らせしてありますとおり,OCNのこのブログのサービスが今年の11月30日で終了ということになっているんですけど,ブログに続きOCNのホームページのサービス(page on)も来年2015年2月28日で終了となるようです。

 その結果,7年ほど前からある(手作りの)事務所ホームページも約8年で終幕ということになりました・・・

 まだちょっと時間はありますけどね・・・

 OCNは今後インターネットやメールのみのサービスになっていくのでしょうかねぇ?・・・

 来年になりましたら,ホームページの移行先につきましてもお知らしたいと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

会社法で1問(平成26年度司法書士試験午前の部第30問)

2014年07月28日 00時37分00秒 | 会社法過去問

 取締役と監査役について。

 役員等に関しては,このほかに会計参与会計監査人がありますが,これらについての資格要件と任期について見ておけば,ほぼなんとかなると思います。

                   「問題」

 株式会社(清算株式会社を除く。)の取締役及び監査役に関する次のアからオまでの記述のうち、正しいものの組合せは、後記1から5までのうち、どれか。

 ア 監査役の監査の範囲を会計に関するものに限定する旨の定款の定めを廃止する定款の変更をした場合には、取締役及び監査役の任期は、当該定款の変更の効力が生じた時に満了する。

 イ 監査役設置会社が委員会を置く旨の定款の変更をした場合には、取締役及び監査役の任期は、当該定款の変更の効力が生じた時に満了する。

 ウ 累積投票により選任された取締役を解任する株主総会の決議は、当該株主総会において議決権を行使することができる株主の議決権の過半数を有する株主が出席し、出席した当該株主の議決権の3分の2以上に当たる多数をもって行わなければならない。

 エ 監査役会設置会社において、取締役が監査役の解任に関する議案を株主総会に提出するには、監査役会の同意を得なければならない。

 オ 3人以上の取締役を置く旨の定款の定めのある取締役会設置会社において、取締役として代表取締役A並びに代表取締役でない取締役B、C及びDの4人が在任している場合において、Aが取締役を辞任したときは、Aは、新たに選定された代表取締役が就任するまで、なお代表取締役としての権利義務を有する。

  1 ア ウ  2 ア エ  3 イ ウ  4 イ オ  5 エ オ

    (平成26年度司法書士試験 午前の部第30問)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年は大丈夫(隅田川花火大会)?・・

2014年07月26日 08時37分00秒 | 日記・エッセイ・コラム

 

 昨年はスタートから30分程で強烈なゲリラ豪雨にあい,大会初の(途中)中止に追い込まれた隅田川花火大会ですけど,今年はなんとかなりそうですかねぇ・・・

 この時期は常にゲリラ豪雨に襲われる可能性がありますから,予断を許しませんけどね・・・

 2年連続で中止ということにはならないことを祈っています(先週19日,地元足立区の花火大会は雨の中決行されました)。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

民法で1問(平成26年度司法書士試験午前の部第21問)

2014年07月25日 16時52分00秒 | 民法過去問

 親権に関して。

 親族編は,なじみはあるものの,勉強は一番やりにくいところかもしれませんね。

 基本的には,条文知識のみで正解できる問題が多いと思いますけども・・・

                   「問題」

 親権に関する次のアからオまでの記述のうち、判例の趣旨に照らし正しいものの組合せは、後記1から5までのうち、どれか。

 ア 父母の婚姻中に父が後見開始の審判を受けた場合には、母が単独で親権を行使しなければならない。

 イ 子の出生前に父母が離婚した場合には、父は、出生した子に対する親権を母と共同して行うことができる。

 ウ 父母が協議離婚をする際に協議により父を親権者と定めた場合は、父母の協議により、親権者を母に変更することができる。

 エ 親権を行う父が自己の名義で金銭を借り入れるに当たり、子のために特別代理人を選任することなく子が所有する不動産に抵当権を設定する行為は、その金銭を子の養育費に充てる目的であったとしても、父とその子との利益が相反する行為に当たるものとして、子に対して無効となる。

 オ 家庭裁判所が親権停止の審判をするには、父又は母による虐待又は悪意の遺棄があるときその他父又は母による親権の行使が著しく困難又は不適当であることにより子の利益を著しく害するときでなければならない。

  1 ア イ  2 ア エ  3 イ ウ  4 ウ オ  5 エ オ

   (平成26年度司法書士試験 午前の部第21問)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

(今年の)司法試験予備試験の論文式問題も見ておいたほうが・・・

2014年07月24日 08時40分43秒 | 司法試験予備試験

 法務省のホームページ(資格・採用情報 司法試験予備試験)で,今年の司法試験予備試験の論文式の問題が公開されていますけど,この中の民法の問題は行政書士試験の記述式対策としても充分参考になると思います。

 もちろん,司法試験予備試験の問題のほうが明らかに難易度は高いですけどね・・・

 事例式ですが,何が問題となっているのか(何の話をしているのか),いちおう見て考えておくといいと思います(基本的には請負のお話です。内容的にマンション管理士試験の出題論点にもなってくると思います)。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宅建インターネット申し込み者数が発表になりました(昨年度よりも増加しています)

2014年07月22日 14時06分23秒 | 宅地建物取引主任者試験

(一財) 不動産適正取引推進機構より,今年の宅建試験のインターネットによる申込者数が発表されました。

 それによりますと,インターネットでの申込者数は55,472人(速報値)ということで,昨年度の52,776名より2,696人の増加ということです。

 インターネット申し込みでのこの数字から単純に考えますと,最終的な人数は昨年度よりも増加しそうな感じですけどね・・・

 この段階で意外に地味な増加数となっているのは,やはり,来年度からの取引士試験変更に向け(あわせ),今年の試験を見送るという(受け控え)の影響等があるのかもしれません(特に一般の方)・・・

 ただし,後半,郵送申し込みで一気に伸びてくるという可能性も捨てきれずでして,31日消印有効までの残り10日間で,(怒涛の)駆け込みがあるのかどうか?,というところに注目したいですね。

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

民法で1問(平成26年度司法書士試験午前の部第13問)

2014年07月21日 12時00分00秒 | 民法過去問

 法定地上権についてです。

 これは司法書士試験以外ですと,やはり宅建でしょうね。

 とはいえ,行政書士試験でも過去に,まるまる1問出題されたことがありますけども(平成23年度問題30等)・・・

 要は法定地上権の成立要件が分かっているかどうか,まさにそこだけですけどね。

                「問題」

 A所有の甲土地に係る法定地上権に関する次のアからオまでの記述のうち、判例の趣旨に照らし正しいものの組合せは、後記1から5までのうち、どれか。

 ア 甲土地上にB所有の乙建物がある場合において、AがBから乙建物の所有権を取得した後、乙建物について所有権の移転の登記をする前にCのために甲土地に抵当権を設定し、その後、Cの抵当権が実行され、Dが競落したときは、乙建物について法定地上権が成立する。

 イ 甲土地上にB所有の乙建物がある場合において、AがCのために甲土地に第1順位の抵当権を設定した後、Aが死亡してBが単独で甲土地を相続し、更にBがDのために甲土地に第2順位の抵当権を設定し、その後、Cの抵当権が実行され、Eが競落したときは、乙建物について法定地上権が成立する。

 ウ 甲土地上にA所有の乙建物がある場合において、AがBのために乙建物に抵当権を設定し、更にCのために甲土地に抵当権を設定した後、まずBの抵当権が実行されてDが乙建物を競落し、その後、Cの抵当権が実行されてEが甲土地を競落したときは、甲土地の当該競落により、乙建物について法定地上権は成立しない。

 エ 甲土地が更地であった場合において、AがBのために甲土地に第1順位の抵当権を設定した後、Aが甲土地上に乙建物を建築し、Cのために甲土地に第2順位の抵当権を設定すると同時に、Bの抵当権とCの抵当権の順位を変更し、その後、Cの抵当権が実行され、Dが競落したときは、乙建物について法定地上権が成立する。

 オ 甲土地上にB所有の乙建物がある場合において、BがCのために乙建物に第1順位の抵当権を設定した後、BがAから甲土地の所有権を取得し、更にDのために乙建物に第2順位の抵当権を設定し、その後、Cの抵当権が実行され、Eが競落したときは、乙建物について法定地上権が成立する。

 1 ア イ  2 ア オ  3 イ ウ  4 ウ エ  5 エ オ

    (平成26年度司法書士試験 午前の部第13問)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

民法で1問(平成26年度司法書士試験午前の部第22問)

2014年07月20日 09時06分00秒 | 民法過去問

 相続の承認と放棄に関して。

 個数形式の問題ですけど,ひとつひとつ消していけば正解までたどりつけるような感じですかね(といっても,結構紛らわしい選択肢もありますが)・・・

                     「問題」

 相続の承認又は放棄に関する次のアからオまでの記述のうち、判例の趣旨に照らし正しいものは、幾つあるか。

 ア 未成年者である相続人が相続の承認又は放棄をするためには、その法定代理人の同意又はその代理によることを要しない。

 イ 相続人において、相続財産が全く存在しないと信じ、かつ、このように信ずるについて相当な理由がある場合における相続の承認又は放棄をすべき期間は、当該相続人が相続開始の原因となる事実及びこれにより自己が法律上相続人となった事実を知った時から起算する。

 ウ 相続人が3年を超えない期間を定めて相続財産である建物を賃貸しても、単純承認をしたものとみなされない。

 エ 相続の承認又は放棄をした場合であっても、相続の承認又は放棄をすべき期間内であれば、これを撤回することができる。

 オ 全ての相続人が相続を放棄した場合には、相続財産は、そのうちの最後の放棄のあった時に、国庫に帰属する。

     1 1個  2 2個  3 3個  4 4個  5 5個

     (平成26年度司法書士試験 午前の部第22問)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久々の3連休ですね・・・

2014年07月19日 00時09分00秒 | 日記・エッセイ・コラム

 きょうから3連休という方も多いかと思います。

 3連休は5月の大型連休以来ですので,久しぶりという感じもしますね。

 夏休みとかぶっているこの時期の3連休に,はたしてどれぐらいの休日効果があるのか分かりませんけど,次の3連休は9月までありません・・

 しかもその9月の連休は,例年台風に悩まされることが多いという厄介な傾向もありますので・・・

 気温が極端に上がらなければ快適な連休になりそう(なのですが,あいにく,この3連休は全国的に雨模様のよう)です・・・

コメント
この記事をはてなブックマークに追加