特定行政書士 徳能ブログNEO

特定行政書士とくさんのちょっと得するかもしれないお話  
シーズン2

平成29年度管理業務主任者試験に関する官報公告がありました

2017年06月14日 09時11分33秒 | 管理業務主任者試験

本日,平成29年度管理業務主任者試験に関する官報公告がありました。

それによりますと,

試験日は12月3日(日)午後1時~午後3時

試験の申込期間は9月1日(金)~10月2日(月)消印まで

合格発表日は平成30年1月19日(金)

となっています。

詳細につきましては,官報又は,一社マンション管理業協会のホームページでご確認を。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平成28年度管理業務主任者試験の合格発表がありました

2017年01月20日 10時08分58秒 | 管理業務主任者試験

先ほど,平成28年度管理業務主任者試験の合格発表がありました。

それによりますと,

受験者数  16,952人

合格者数  3,816人

合格率    22.5%

合格基準点  35点(5問免除者は30点)

ということです。

合格基準点は35点ということで,受験者の方は意外に苦戦された模様です(平成21年以来,7年ぶりにマンション管理士試験と同じ基準点になりました)。

詳細につきましては,一社マンション管理業協会のホームページでご確認を(合否の確認は官報でも可能です)。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年の管理業務主任者試験の難易度ですが・・・

2016年12月06日 21時21分40秒 | 管理業務主任者試験

一社 マンション管理業協会より,一昨日実施された管理業務主任者試験の受験者数が公表されました。

今年の受験者数は16,952人ということで,昨年(27年)度の17,021人より69人減少ということです(詳細については,協会のホームページでご確認を)。

試験問題も公開されましたけどね・・・

重要なのは今年の試験問題の難易度ということで・・・

今年の問題は昨年よりやや取りやすい(平易な)問題が多くなっているような気がします。

傾向そのものは,ほとんど変わっていないんですけどね・・・

少なくとも法令系の問題で,かなり時間をかけてしまう(てこずる)ということは,なかったのではないでしょうか?・・・

民法についても(昨年と比べ)少なくとも難化してはいないですね。

区分所有法やマンション標準管理規約も,奇抜で難解な問題というものはないと思います。

過去問の範囲内で対応出来るものが多いという感じです(全ての選択肢の正誤が分からなくても正解を出すことは可能な問題が多いということでもあります)。

建築・設備系に関しては特別易しいという感じはしませんが,逆に非常に分かりにくいという問題もないと思います(もともとこの分野は過去問で対応できない問題であれば取れなくても合否に影響はありませんからね)。

全般的に見て,この問題傾向で合格率が20%台であれば,昨年の34点よりは若干上がりそうな感じがします。

管理業務主任者試験の場合,合格基準点と試験問題の難易度との関係が他の試験(宅建士等)に比べ,かなり分かりやすいものになっています。

32点(平成25年に1回だけあった個数乱発)非常に難しい

33点 かなり難しい

34点 やや難しい

35点 標準レベル

36点 やや易しい

37点 かなり易しい

38点(第1回試験以来出てきていません)非常に易しい

というのがだいたいの目安です(あくまで私の感覚ですけどね)。

ここに当てはめて見ますと,32点というのはまずないと思います(この基準点は当分出てこないでしょう)。

33点と34点の可能性も今年は厳しくなりそうですけどね・・・

35点~37点の間での決着のような気もしますが,どんなに易しめの判断を下したとしても,合格率が20%台前半になって以来,基準点が37点を超えたことは1回もありませんので,37点取られていれば(マークミスがない限り)ほぼ確定的だと思います。

現実的には,35点か36点か,というところではないでしょうかねぇ(感覚的には36点あたりのような気もするのですが)・・・

とはいえ,受験された方が意外に(予想以上に)苦戦されたということもありえますので,微妙に低くなる可能性はあると思います。

合格発表日は来年1月20日ということで,あと(ちょうど)1ヵ月半ありますね。

どんな試験でもそうですけど,ボーダーライン上の得点を取られた方は,できるかぎりポジティブ思考で発表を待ったほうがいいと思います(悲観的になってしまいますと,試験以外の他の部分にもマイナスの影響が出てしまいますので)。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

管理業務主任者試験の受験者数と問題は明日公表,公開されることになりそうですので・・・

2016年12月05日 21時52分47秒 | 管理業務主任者試験

昨日行われた管理業務主任者試験の受験者数と試験問題については,(例年どおりであれば),明日,一社マンション管理業協会より公表,公開されることになるものと思われます。

受験者数は昨年とそれほど変わっていないはずですけどね(数十人の減少あたりで)・・・

今年の試験問題の難易度等については,明日以降感想を書きたいと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4週連続となっていました秋の試験も明日の管理業務主任者試験でついにラストです

2016年12月03日 14時10分05秒 | 管理業務主任者試験

先月11月13日の行政書士試験に始まり,翌週20日の貸金主任者試験,そしてその翌週27日のマンション管理士試験と続いてきました秋の資格試験も,いよいよ明日の管理業務主任者試験でラストということになりました。

先週のマンション管理士試験では,今年改正されたマンション標準管理規約の改正点からピンポイントで出題されていましたので,明日の管業試験でも改正部分は要注意だと思います。

複数の試験と併願されている場合は,体調面でも相当キツクなってきている頃かもしれませんが,最後ですので頑張ってきてください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平成28年度管理業務主任者試験の申込者数が発表されました

2016年10月25日 09時35分26秒 | 管理業務主任者試験

一社 マンション管理業協会より,今年の管理業務主任者試験の申込者数が発表されました。

それによりますと,今年の試験の申込者数は20,254人ということで,昨年(27年)度試験の20,317人より63人の減少ということです。

先週公表されたマンション管理士試験の申込者数同様,管理業務主任者試験の申込者数もほぼ減少が止まった感じですかね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平成28年度管理業務主任者試験に関する官報公告がありました

2016年06月15日 09時08分21秒 | 管理業務主任者試験

先ほど官報にて今年度の管理業務主任者試験に関する公告がありました。

それによりますと,

試験の申込み期間は9月1日(木)~9月30日(金)(消印有効)で例年どおり。

試験日は12月4日(日) 午後1時から午後3時

合格発表日は平成29年1月20日(金)

ということです。

詳細については,本日付の官報を(いずれ ,一社 マンション管理業協会のホームページにも掲載されます)。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

管理業務主任者試験の合格発表がありました(合格基準点は34点)

2016年01月22日 09時37分37秒 | 管理業務主任者試験

先ほど,一社 マンション管理業協会より,昨年12月6日に実施された管理業務主任者試験の合格発表がありました。

それによりますと,

合格基準点は34点(5問免除者の方は29点)

合格率は23.8%

合格者数は4,053名

ということです。

合格基準点は一昨年26年度試験の35点より1点ダウン。

合格率が平年より若干高めになった分,合格者数も増えて,また(以前のように)4,000人台に戻りましたね・・・

本日付の官報に合格者の受験番号と氏名が掲載されていますので,受験された方は,そちらのほうでもご確認を。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年の管理業務主任者試験の難易度は建築・設備系と法令系でかなり落差がありますね・・・

2015年12月08日 20時51分47秒 | 管理業務主任者試験

一昨日行われました管理業務主任者試験の問題が,本日,一社マンション管理業協会より公開されました。

その問題の難易度なんですけども・・・

建築・設備系の分野がかなり難化していますね・・

ここは人によっては,壊滅状態の可能性もあるような気もしますので,間違いなくこの分野のデキが今年の試験のカギを握ってくるものと思われます。

ただ,明らかに取りこぼしても良さそうというのはこの分野だけ。

法令系分野は,例年よりもやや易しい(解きやすい)問題も結構あると思います。

その唯一の例外科目が民法ですけどね・・・

ここは1,2問落としてしまってもさほど合否に影響はないと思います。

問3の債権者代位権の問題などは,管理業務主任者試験の問題としては,ちょっと厳しいような感じもしますね・・・

法令系で複数問落とせるのはこの民法ぐらいかもしれません・・・

他の法令系科目については平年並みか,むしろやや取りやすいような問題もあると思います。

区分所有法も全般的にほぼ平年並み。

ちょっと考えなければならないのは民法とのからみの複合問題(問2)ぐらいですか・・・

マンション標準管理委託契約書マンション標準管理規約でも,(超)難問というような問題はありません。

過去問ベースでなんとかなるレベルだと思います。

その他の民事訴訟法の少額訴訟(問11)に関しても基本的な問題レベル。

アフターサービスと瑕疵担保責任や宅建業法に関する問題も標準的な問題レベルだと思います。

マンション管理適正化法の5問も意外に?標準的な論点からの出題だったと思います。

この科目は,年によっては結構難解な問題も出題されるんですけどね・・・

今年は5問全問取れそうな感じですね。

それと個数形式の問題ですが,今年はトータルで2問しかありませんでした。

管理業務主任者試験ではここ数年,個数形式の問題が多かったということもありまして,これは受験者サイドからしますと,ある意味うれしい誤算だったのでは?と思われます(個数形式が多いものと,あらかじめ身構えながら受験されていた方には,拍子抜けだったかもしれません)。

個数の2問の中では,問34のほうがどちらかといいますと,取りにくい問題かもしれないですね。

ということで,法令系は標準的な問題が多いような感じもするのですが,冒頭にも書きましたように,建築・設備系にかなり難しい問題が多く,その分,難易度もうまく相殺されてくるのは確実だと思います

建築・設備系分野は,もともと取りにくいところなんですけど,今年は受験者の皆さん全般的に苦戦されていることと思われます。

やはりここでの得点が合格基準点を予測する上でのカギだと思いますね。

比較の対象としては昨年(26年)度試験が妥当でしょうけど・・・

昨年(26年)度は合格率21.0%で合格基準点は35点。

今年も合格率が20%台前半であると考えるならば,昨年の35点でもおかしくはないと思います。

場合によっては34点もありそうですけど,どんなに高くなっても36点まででしょうね。

管理業務主任者試験での基準点37点以上は,合格率が20%台になって以来2度しか出てきていません。

基本的には全般的に易しめという感じの時のみに出てくる数字ですからね・・・

今年は上限が36点で下限は34点あたり。

端的に言いますと35点前後あたりが妥当なところかもしれません(建築・設備系の難易度のみで考えるならば,個人的には34点以下も充分あり,だと思いますけど)。

今年の試験について,また何か気づきましたらその都度お知らせしたいと思います。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一昨日実施されました管理業務主任者試験の受験者数と問題が公開されました

2015年12月08日 10時24分02秒 | 管理業務主任者試験

一社 マンション管理業協会のホームページで,一昨日実施されました管理業務主任者試験の受験者数と問題が公開されました(今年は早かったですね)。

今年の試験の受験者数は17,021名で昨年の17,444名より423名減少という結果になっています(受験率は83.8%)。

試験問題の難易度につきましては,夜にでも感想を述べさせていただきたいと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加