特定行政書士 徳能ブログNEO

特定行政書士とくさんのちょっと得するかもしれないお話  
シーズン2

管業試験の登録実務講習の案内が出ました・・・

2014年01月17日 16時31分00秒 | 管理業務主任者

 管業試験の合格発表がありました(終わりました)ので,合格者の関心は,その次の流れである登録実務講習ということになってきます。

 すでに「平成25年度の登録実務講習に関する案内」が,一社 マンション管理業協会のホームページ上で発表になっていますね。

 宅建の登録実務講習のように実施機関がたくさんあるわけではありませんので,登録予定の方で2年以上の実務経験がないという方は,申込や講習の開催期間等には注意が必要ですね(受講料は22,050円(うち消費税1,050円)・・・ということは,5%での受講は今年の3月いっぱいで来年度からは8%,さらに再来年からは10%?での計算ということに・・・,わずか数十円単位のお話ではありますけども・・・)。

  

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

管業登録実務講習とは?・・

2011年02月02日 00時10分00秒 | 管理業務主任者

 

 管理業務主任者試験の合格発表が終わって10日ほど経ちました。

 今回残念な結果に終わられてしまった方は,12月4日まで延長ということになってしまうかもしれませんが,前にも書きましたとおりで,合格が少し遅れてしまっただけ,と前向きに考えることにしたほうが賢明です。

 とにかく前向きに・・

 試験に限らず,これが,いい運を呼び込むための思考法ですから・・

 逆に,合格された方は,既に受付が始まっている「登録実務講習」の段階へと入られることになるかもしれませんが,そもそもこの「登録実務講習」とは,いったい何?という単純な疑問があるのでは・・・

 主任者系の資格試験は,貸金試験を除いて合格後即登録とはならず,試験に合格した後,登録するための前提として,この「登録実務講習」というものを受講しなければならないことになっています。

 もう合格された方のもとには,「合格通知」とあわせて,この講習の案内も到着していることと思われます。

 原則として,2年以上の実務の経験を持たれていない方が主任者の登録をされようとする場合には,この講習を受講しなければならないわけですが,逆に言うならば,実務経験を持たれている方と登録を希望しない方は基本的には受講する必要はない,ということになります。

 そして問題なのはこの講習の中身・・

 案内を見ていると,最終日,2日目の最終時間に「修了試験」というものが出てくるため,ちょっと引いてしまう部分があるかと思いますが・・・

 その前に,この講習受講にいたるまでの簡単な段取りを・・

 まず2日間の日程で時間の合う日を自ら選択(応募者多数のため抽選もれで,他コースを,という場合もあります)。

 その2日間は,朝から晩まで,ひたすら講義の連続(計15時間)・・

 講義の途中,休憩などはもちろんありますが,それ以外は,よほど緊急の場合でない限り,原則,教室の外には出れないというシステム(係員がドアの前でチェック)。

 この講義の本来の趣旨が,実務に就くための,ある意味準備,モラルの喚起みたいなものですので,講義そのものはまったく難解な部分はない(本試験の合格の方がはるかに難しい)のですが,とにかく長時間ひたすら受講し続けなければならず,そういうことに慣れていない方にとっては,かなり苦しいものになる可能性があると思われます。

 講義の中身は,マンションの管理業の業務に関して,あるいは主任者の独占業務である,重説(重要事項の説明)や委託契約(契約書)に関すること等が中心。

 設備に関することもあったりしますが,こちらも本試験に比べれば,という感じで・・・

 そして最後の修了試験です。

 一応は試験ということになっていますが,できなくて落とされるということは,まずありえない,まじめに講義を聞かれていれば確実に合格というもの(レベル)ですので,まったく心配されることはない試験です(結構これが不安だという方がおられるようですが,はっきり言って落とすための試験ではないです。主催者側も,受講者の方に合格していただくためにやっている講習ですので)。

 受講料は2日間にしては,ちょっと高め(2万円超)ですが,何年かすると,いい思い出になることもありますので,登録される予定の方はもちろん,登録をするかどうかで迷われている方も,受けられてみると面白いかもしれません。

 1年に開催時期は決まっていますので(来月を逃がすと,次は来年)申し込み期間には注意が必要です。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加