特定行政書士 徳能ブログNEO

特定行政書士とくさんのちょっと得するかもしれないお話  
シーズン2

最後の宅建主任者試験の合格基準点は32点(登録講習修了で5問免除者は27点)で決着です

2014年12月03日 08時57分27秒 | 宅地建物取引主任者試験

 

いろんな意味で注目の宅建試験の結果が出ました

合格基準点は32点(登録講習修了で5問免除者は27点)

合格率は17.5%

合格者数は33,670名

ということになりました。

合格基準点は平成16年以来,10年ぶりに32点が出ましたね・・・

そして合格率ですけど,昨年の15.3%より,なんと2.2%もアップ。

平成になって以来,過去2番目に高い数字となりました(最も高かったのは平成21年の17.9%)。

単純にこの数字だけで考えますと,32点と33点でかなり微妙なところだったのが分かりますけど・・・

最後の主任者試験ということで,おそらく合格者数を最大レベルにまで持っていきたかったということでしょうか?(もっとも,問題のレベルは昨年より明らかに難しかったので,結果として32点での決着は妥当なところだとは思います)・・・

来年の宅建取引士試験(10月18日実施予定)を受けられる方は,もうすでに勉強を始められていることと思われますが,来年はこの反動が出そうですから,そんなことも良く考えて勉強を続けていくようにしたいですね。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

はたして最後の宅建主任者試験の結果は?・・・

2014年12月02日 15時58分04秒 | 宅地建物取引主任者試験

 

ついに宅建の合格発表が明日となりました

毎年そうなんですけど,明日は本来予定されている時間よりも,(外部から)若干早めに結果が出てくることになるかと思われます。

このあたりのからくりについては,正直よく分かりませんけど,素直に考えますと,アクセスが一気に試験機関のサイトに集中するため(閲覧しにくくなるため),予定より多少早めに(外部機関で)出してしまうのでしょうね・・・

いずれにしても明日でついに決着を迎えることになります・・・

今年の場合,状況的には完全に2択になっていまして,

① 33点

② 32点以下

のどちらか・・・

①なら3年連続

②なら10年ぶり

となりますが・・・

今年の試験の結果が,来年の宅建士試験への前兆,予告編であるという可能性を考えますと,合格率の問題にも注目したいところですけどね(多少ずらしてくるのかどうか)・・

冒頭でも書きましたように,明日は,いつ(ホームページ上に)出てくるか分かりませんので,いち早く結果を知りたいという方は,できるだけ早起きをしたほうが良いと思います・・

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年の宅建試験の総括と来年の宅建取引士試験への準備に・・・

2014年11月19日 16時00分00秒 | 宅地建物取引主任者試験

不動産法律セミナー2014年12月号(東京法経学院)は,先月実施された宅建試験の解答・解説号ですね。

すでに試験から1ヶ月経ちまして,合格発表(12月3日)まであと2週間というところまでやって来ました・・・

注目される合格基準点ですけど,昨年の33点から下がるのかどうか?・・・

32点ですと2004年以来10年ぶりになりますけどね(31点以下なら2000年の30点以来で14年ぶりとなります)・・・

この不動産法律セミナーとは別に,不動産受験新報2015年冬号(住宅新報社)が来月12月1日に発売となります・・・

状況的に,もうその頃には,完全に採点等は終わっていてあとは掲示(ホームページに登載)されるのを待つだけになっていると思います。

来年の宅建取引士試験に向けていち早く勉強を始めようと考えられている方は,今年の試験問題をじっくりと検証していくことから始めたほうが良いと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宅建は10年ぶりに32点以下の基準点が出ますかねぇ・・・

2014年10月23日 17時24分00秒 | 宅地建物取引主任者試験

 宅建の合格発表日(12月3日)まで,まだ40日以上もあるんですけど,年の試験を受けられた方にとって最大の関心事は,なんといっても合格基準点・・・

 比較的厳しい内容であった昨年,一昨年がいずれも33点となっていまして,もはや状況的に32点以下は出ないのでは?と思われていたところ,今年は場合によっては・・・?という感じになってきています。

 宅建試験で合格基準点が最後に32点(以下)となったのは,平成16年ですので,なんと10年も前のこと・・・

 その後昨年まで1度も33点を下回ったことがありません。

 今年は,状況的に去年よりも易しかった,という結論にはなりそうもありませんので,34点以上取れていればほぼ確定的だと思います。

 今年の場合ですと,やはり,32点を取られている方が,発表まで最も緊張状態が続いて行くことになりそうですね・・・

 主任者試験最後にして久しぶりの数字が出てきますかどうか(可能性はありそうですけど)?・・・

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宅建民法は非常に難化しましたね・・・

2014年10月20日 17時49分23秒 | 宅地建物取引主任者試験

 今年の宅建民法は,非常に難しいという評価でほぼ確定的になっています。

 10問中6問あたりまで取れていれば十分という感じかもしれません(場合によっては5問程度でも合格圏内)・・・

 問10の相続の問題を初めとして(これが今年の民法の最強問題),問8の不法行為は判例からの難問。

 問9の後見人に関する問題は,問題の位置づけ的に,総則編からではなく親族編からですからね・・・

 これなどは行政書士試験で聞かれても特別違和感はないと思います。

 今後は,完全に宅地建物取引に関する法律の専門家というスタンスで行くのであれば,来年度の取引士試験移行後は,相当の覚悟が必要になってきそうな感じがします。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

今年の宅建(試験)はやや難・・・

2014年10月20日 12時34分33秒 | 宅地建物取引主任者試験

昨日,最後の宅建主任者試験が終了しました(受験された方,お疲れさまでした)。

本日の不動産適正取引推進機構の発表によりますと,

受験者数は192,053人

受験率は80.6%

(速報値)

ということで,いずれも昨年より上昇(アップ)です。

きのうは天気が良かったですからね(今年は状況的にも欠席しにくかったと思います)。

もうすでに解答番号は出揃っていますね。

今年は,珍しく?いまのところ解答割れを起こしている問題はありません。

肝心の試験の難易度ですけど・・・

単純に問題のみを見たところでは,全般的に昨年度とそれほど大きくかけ離れた感じはしませんが,やや難の印象があると思います。

個数問題はトータル7問(民法1問,宅建業法6問)で昨年より増加しました(昨年はトータル5問)。

権利関係では,やはり民法の難易度が高いと思います(今年,このレベルですと,来年の取引士試験になった後はいったい?)・・・

条文を聞く問題(問1)は定着してきました。

問10の相続の問題は,やはり図を書いて冷静に対応したいところ(ここは結構苦戦されたのでは?と思います)・・・

問11の借地借家法の問題もちょっと例年とは違う切り口になっています。

この分野では,民法以外の区分所有法不動産登記法等で取りこぼしてしまいますと,かなり厳しくなってしまいましたね・・・

宅建業法は来年からの制度改正に向けて,難しくしようとしてきているのは確かで,個数形式の問題が多数出題されました・・・

この分野はこの手法を取る以外にないんですよねぇ・・・

とは言え,ここから取りまくりませんと,どうにもならないというのが事実・・・

法令上の制限の分野は,昨年とほとんど変わらないレベルではないか?と思います。

5問免除問題の中の問50(コンクリート関連)などは,完全にマン管,管業試験の論点で,一般の受験者の方で,これらの試験を併願される予定の方は絶対に落とせないところだと思います。

全般的に見て,単純に問題の難易度だけで判断しますと,やはり昨年の33点レベルよりは,やや難という感じがしますね・・・

ただ,(なにぶん)昨年よりも受験者数が増加(5,000人以上増)していますからね・・・

一般の受験者のみならず,当然のことながら登録講習修了者(5問免除者)の方の数もかなり増加していますので(平均点も比例して上昇),このあたりが合格ラインにどう影響を与えるのか,というのがポイント・・・

いまの感じでは,33点あるいは32点ラインのような気がしますけども(あくまで私見)・・・

今後何か新しい情報が入り次第,随時お伝えしたいと思います。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

明日いよいよ最後の宅建主任者試験が実施されます

2014年10月18日 00時52分00秒 | 宅地建物取引主任者試験

ついに最後の宅建主任者試験の前日となりました・・・

もうここまで来ますと,明日無事に会場に向かうだけですかね(とは言っても,まだまだ時間は残っていますけど)・・・

3日前にも書いたとおりでして,どう考えても昨年のような悪天候にはなりそうもありませんので,やはり受験率は高くなると思われます。

最後の主任者試験ですので,問題の傾向,難易度がどうなるのか?ということもありますけど・・・

例年どおりであれば,36問(36点)取れればほぼ確定的・・・

今年も昨年同様33問(33点)ラインなら,3年連続ということになってきます。

受験される方は,1問でも多く正解させて合格発表日(12月3日)を待ちたいところ・・・

いずれにしても,明日の試験で宅建主任者試験は最後となりますから,合格して何年後かに良い思いでになるように最後の最後(試験終了の合図)まで頑張ってきてください。

健闘をお祈りいたします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年の宅建(試験)当日は晴れそうですね・・・

2014年10月16日 16時15分00秒 | 宅地建物取引主任者試験

 10月に入ってからというものの,毎週,毎週台風に振り回されているという感じが続いていましたが,気が付けば(いつの間にか),今年の宅建試験まであと3日というところまでやってきていました・・・

 今年の試験当日は,昨年とは違って全国的に天気が良くなりそうです(今のところの予報)。

 受験率上昇で,一昨年並みの19万人台に戻りそうな感じがしますけどね・・・

 受験予定者の方は,もうここまで来ますと,あとは無事に会場へ向かうだけだとは思いますが,ここ数日,気温がだいぶ低くなってきていますので,体調を崩さない程度に最後のまとめ(最終チェック)頑張ってください。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宅建の解答速報号は利用価値大だと思います

2014年10月04日 18時00分00秒 | 宅地建物取引主任者試験

本試験まで残り2週間となってきました最後の宅建主任者試験ですけども・・・

もうこの時期まで来ますと,出題数が多い宅建業法からとりまくることを最優先に考えたほうが良いと思いますね。

建築基準法都市計画法など,直前の暗記でどうにかなるような科目もありますので,そういう科目での得点の積み上げ(底上げ)も大事。

また,一般の受験者の方は,登録講習修了者の免除科目の対象となる最後の5問を絶対に落とさないようにすること。

ここでボロボロと落としてしまいますとかなり不利になりますので・・・

最終的に36問あたり(合格ラインの上限)を目標にして,取るべき科目を限定して(絞り込んで)勝負をかけていくように。

そしてここからは試験終了後のお話となりますが・・・

受験者以外の方で,宅建試験の問題と解答・解説をいち早く知りたいという方へ・・・

例年どおりですと,試験の解答速報号が本試験翌日(20日)に「住宅新報」(住宅新報社),「週刊住宅」(週刊住宅新聞社)から発売になります。

解答番号は試験当日に予備校その他で出てくることになりますが,問題,解答・解説を完全に入手する手段としては,やはり両社の解答速報号が一番だと思います。

毎年言っていますように,宅建の試験問題(特に民法)は,その後行われる秋の試験の民法の問題に参考になるものが多くありますからね(借地借家法や建築基準法等は,マン管,管業試験とのつながりもあります)

実際に宅建試験を受験された方は,文字通り解答速報として,受験されていない方には,どんな問題が出題されたかの確認用に見ておいて損はないと思います(購入方法は,既に両社のホームページ上で告示されていますのでそちらの方をどうぞ)。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

(最後の)宅建主任者試験は平年並みでその幕を閉じるのかどうか・・・

2014年09月28日 00時24分00秒 | 宅地建物取引主任者試験

宅建本試験まで3週間となりました。

今週中に受験票が送られてきまして,あとは10月19日に試験会場に向かうだけです・・・

言うまでもなく,宅建主任者試験としては今年が最後の試験となるわけですけど,ここ数年宅建試験の合格基準点は妙な安定感を見せています

平成20年から昨年平成25年までの過去6年間の合格基準点は,

平成20年 33点

平成21年 33点

平成22年 36点

平成23年 36点

平成24年 33点

平成25年 33点

となっていまして,ここ6年間は,33点か36点かのどちらか・・・

これ以外の数字が出てきていません。

合格率は毎年異なってますので,本当に偶然の結果なんですけども・・・

最後の主任者試験となる今年も,このあたり(33点~36点)で収まることになるのかどうか・・・

今年の試験の合格基準点が36点以下であるならば,結局,宅地建物取引主任者試験では37点以上の合格基準点は1度も出ないままでその幕を閉じるということになりますけどね・・・

果たしてどうなりますでしょうか?・・・

コメント
この記事をはてなブックマークに追加