自著の小説・詩の紹介(巨人戦)

ネット上に小説28、詩集2作品を登録。電子本3作品無料、配本販売中。毎月1日、15日に執筆状況、歌謡詞と巨人戦を書き込む

高木徳一の小説の執筆状況と『読む(その2)』(巨人戦)

2017-04-04 10:58:44 | 文芸


 今日は。
 やっと暖かい4月を迎えた感がありますね。近所の桜並木は白やピンクで満開になっております。毎日樹齢50年に実った夏蜜柑を食し、風邪を引きません。
 当方、古くなった家の建て替えで設計図案を考えたり、業者との打ち合わせで精神的に忙しいです。今月、10日(月)に中学時代の友人5人で筑波市での桜祭りを見学し、22日(土)は千葉大薬学部の15人位のクラス会がホテルオークラで行われます。13日には腰痛のため約8か月間休んでいた自治会活動を再開し、13日に交通安全に参加の予定です。その間、肺癌手術2年後のCT検査と前立腺肥大の減少薬の受け取りがあります。

1.政治・経済

  森友問題の解明が進んでいませんね。評価額9億円の国有地が何故1億円で売却されたのか。官僚や政治家の関与はどのようなものだったのか、究明されることを願います。首相や首相夫人の関与は・・。
  韓国の次期大統領候補に最大野党から文氏が選ばれましたが、慰安婦問題では日本に対する厳しい意見を述べており、大統領になった場合には日本に多大の負の影響を及ぼすのでしょうか。

  都政では豊洲市場移転問題がまだ決着がついておりません。築地現市場と豊洲市場を、厳格な評価項目をたて、重み係数も加えて、一覧表にして総合点で判断したらどうでしょうか。これなら都民も納得すると思いますが・・。夏の都知事選も注目ですね。小池旋風は残っていますので。

   4日15:30現在の日経225は18,810円(-173円)で、1ドル110.4円の円高になり輸出関連株の売りを誘ったからだそうです。ダウ30は20,650ドル(-13ドル)で20,500ドルは維持しています。

 

2.社会

  我孫子市でのベトナム少女殺害事件は1週間が過ぎましたが、解決されていません。日本の治安は良いのにどうしたことかと国際社会に言われてしまいます。犯人の早期逮捕に全力を上げて欲しいですね。

  ロシアでモスクワに続く第二の都市サンクトベルグ市の地下鉄でテロ事件が発生し、14人が死亡で50人前後が重軽傷を負ったとのこと。プーチン大統領の出身地で当日はそこで他国の首脳と会談していたそうです。日本でもオリンピックを控え、テロへの警戒を一段と強める必要がありますね。

   

3.科学

   NASAは地球に衝突する確率が1%の直径100〜200米の小惑星を発見したと発表し増した。危険エリアは北太平洋から東京、韓国、中国、ロシア、英国北部だそうで懸念されます。6600万円前ユカタン半島沖に直径10キロの天体が衝突し、恐竜が絶滅した説には驚いたものです。最近でも、スーダンやロシア南西部に隕石落下し、空中爆発などの被害がありましたね。国連が対策を検討中です。

 

4.医療

   米ケース・ウエスタン・リザーブ大(オハイオ州)などは、交通事故で8年間手足が麻痺した男性の脳に電極を埋め込み、画面上でコンピューターによる仮想の右手を動く様子を繰り返し見て貰い、脳の信号を解読しました。脳の信号を処理し、電極装着の手と腕に伝えるように工夫し、1年訓練した結果、チョップスチックを持ったり、コーヒーなどが麻痺した右手で飲めたとのこと。

  女性は閉経後に骨粗鬆症になり易いが、お酒に弱い場合は更に骨がもろくなると、慶大の調査で判明したそうです。アルコールは分解されアルデヒドになり、これも分解されるのだが、この分解がされにくいとアルデヒドが蓄積され、これが骨を更に2.5倍もろくしていると言う。酒に弱い人はビタミンEの摂取が良いそうです。

  

5.スポーツ

  巨人は中日との開幕3連戦に勝利し、幸先良いスタートが切れたようです。内容をみると野手では坂本、阿部の両選手の活躍があってのことです。彼ら以外にマギー、長野や若手の踏ん張りが長期戦には必要ですから。投手陣はマイコラス、菅野が安定しており、大竹、内海、田口、山口、森福らはまだまだの感があります。

  連続優勝の新横綱稀勢の里関は右の肩と胸の治療に専念し、完璧に治してから出場して欲しいです。そうしないと土俵寿命を短くしてしまいますから、貴乃花の例がありますので。それにお客様に無様な相撲内容では失礼になります。

    フィギュアースケートの世界選手権では 羽生選手が世界最高点で優勝し、宇野選手は二位につけ、大活躍でしたね。

 

6.小説の執筆状況

   中断の継続中

 

7.『読む(その2)』の歌謡詞

   A.念ずる心

       (十五調)

     一.万里の長城      高く連なる
       喜怒哀楽の顔     瞼に浮かぶ
       職人戦人(いくさびと)歴史を走る
       短命長命       命は続く
       ぽっかりと浮かぶ雲  念ずる心 

     二.蘇州の寒山寺     水路が巡る
       首を垂れる顔     安寧祈る
       民と観光客      歴史を感ずる
       人と自然の営み    絶えることなし
       陽の光降り注ぐ    念ずる心

     三.杭州(くいしゅう)の西湖(さいこ) 広く拡がる
       朝昼夕の顔      趣変わる
       文人墨客       歴史をつくる
       詩歌に工芸品     息吹が残る
       嶺に陰る夕陽     念ずる心

 

   B.読書三法

        (七五調)

     一.読書三昧       幸せだ
       三昧とは       仏教語
       心を一つに      集中
       別の世界が      楽しくて
       生きてる実感     この胸に

 

     二.読書三到       役に立つ
       目で見るは      眼到だ
       声を上げるは     口到だ
       心一つの       心到だ
       これで成績      伸びた訳

 

     三.読書三余       どんな意味
       本読み適す      三つの余暇
       年の余りの      冬のこと
       日の余りの      夜のこと
       時の余りの      雨ですよ

      


         
        

       

ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高木徳一の小説の執筆状況と... | トップ | 高木徳一の小説の執筆状況と... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL