ウ、ウマ~な生活

「ウマ~い」グルメや岡山・倉敷のお店の食べ歩き、旅先でのフォト、低予算で競馬のG1無料予想もしちゃったりするブログです

Vol.10 公開はわずか9日間!名勝「九年庵」で紅葉鑑賞!2016 大相撲九州場所と紅葉狩りグルメツアー 

2016-12-20 20:15:30 | ☆グルメツアー☆ 食べ歩き記

2日目、最初の「紅葉狩り」に向かったのは、福岡を離れて、お隣の「佐賀県」にある「国の名勝」に指定されている、「九年庵」です。

実は、こちらは、いつでも見学出来るわけではないらしく、一般公開は一年のうち、春の新緑の頃と秋の紅葉の頃のみ。しかも、わずか、「9日間」のみとのことで、かなりのプレミアム感たっぷりの紅葉スポットとのことです。

そういうところなので、この時期、全国各地から、ここの紅葉を見ようと、大挙して押し寄せてくるようです。

と、いうことで、朝早くから、ここを目指してやってきたのです。近くには、日本史でも有名な「吉野ケ里遺跡」もあったりするので、自分は、この「九年庵」って場所はしらなかったのですが、全国的にも、結構、メジャーな紅葉スポットなのですね。

まずは、駐車場に着き、橋を渡って、「九年庵」を目指します。

こちらの「九年庵本部」にて、一旦、待機。ツアー客一個団体ごとに、順次案内されるみたいです。なので、個人客の方々は、ある程度の人数が揃ってからじゃないと出発できないみたいです。あとこちらのテント内では、休憩所にもなっていて、地元の名物の販売や、グルメも楽しめるようです。

九年庵」に隣接する「仁比山神社」もなかなか見応えのある紅葉スポットとのこと。春の新緑、秋の紅葉の景色がとても見事で、セットで観光するのがおススメだとのこと。時間があれば、覗いてみますか。

パンフレットをもらって、行列にならんで、順番待ちです。ちなみに、こちらには、「入場料」を払わなけれななりません。「美化協力金」という名目で「300円」支払います。(まぁ、ツアーなんで、代金は含まれていましたけどね。

ここで、代金を支払えば、何回でもお庭に入り直せるようです。紅葉を堪能したい方は、2,3回くらいは、入っていらしゃるのでしょうね。

ノロノロ進んでやっと、入り口まで、到着。さぁ、素晴らしいお庭を拝見といきますか。

色とりどりに色付いた木々。ただ、見るだけなら、「あ~綺麗だな~」でいいんですが、写真を撮ろうとしたら、立ち止まらなくてはいけないのですが、立ち止まると、行列に渋滞を発生させてしまうし、気が引けるので立ち止まれず・・。

結果、あまり、いい写真は、撮れていませんが、雰囲気だけ、お楽しみください。

こちらの「九年庵」、佐賀の大実業家、伊丹弥太郎が明治25年に造った別荘と明治33年から9年の歳月をかけて築いた庭園で、ナント、「6,800㎡」もあります。

例えるなら、「サッカーグラウンド1面」くらいです。かなり、広いですよね~。

そこに、こんな感じに、赤、黄、緑と美しいグラデーションで綺麗に色付いた紅葉をみるとができます。

今年は、あまり、お天気に恵まれなかったらしく、この日が一番きれいに紅葉が見れたみたいです。

こちらが、別邸。

入母屋葦葺きの屋根に杉皮の腰張りの土壁、竹格子の連小窓や真竹を用いた濡縁など、材質、色感、意匠、構造などのすべてに、細心かつ充分な吟味が加え、茶室と書院の様式を折衷した近代和風の数寄屋建築です。

この中から、見る風景もなかなか趣があります。

 この建物自体も、雰囲気があるので、いいフォトスポットになってます。この縁側に腰かけて暫し、庭を眺めてもいい感じなんでしょうが、そこは、この人、人、人・・。なかなかそうもいきません・・。

 クルリと一周すると、もう、そこは、出口付近。

 あっと言う間の紅葉鑑賞です。前述ですが、1回、入場料を払えば、何度でも、入ることはできるのですが、ツアーなので、そこまで時間がありません・・。

ということで、お隣の「仁比山神社」に移動です。

いやいや、こちらもなかなかの紅葉スポットじゃないですか!逆に、こちらの方が、広々してて、ダイナミックな紅葉が楽しめます。

こちらの、「仁比山神社」は山の神、農業の神を祭神とし、地元の人に「山王(さんのう)さん」と呼ばれ親しまれています。

こちらが拝殿。折角だったので、お参りしてきました。

と、ここで、いろいろ気になることが・・。

なんか上の方に「お猿さん」が・・。

この他にも境内には沢山のお猿さんが置かれています。猿は山王さんの使いと言われています。こちらの石像は、日光東照宮の「見ざる聞かざる言わざる」と同じですね。

そろそろ時間です。急いで、駐車場に向かいます。

すると、帰りの駐車場の前では、ナント「猿回し」のイベントショーが開催されてました。

たまたまだったのかもしれませんが、「」つながりってことで。

あっと言う間の紅葉観光でしたが、綺麗なのは綺麗でしたね。ただ、じっくり鑑賞って感じではなかったので、正直、印象は薄いなぁ・・。どちらかというと、前日見た、「光明禅寺」の方が、インパクトがあって良かったかも。

お昼のランチを挟んで、次の「紅葉スポット」に向かいます。続きは、また明日。

『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Vol.9宿泊は、「カンデオホ... | トップ | Vol.11 昼食後、絶景、「... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

☆グルメツアー☆ 食べ歩き記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL