ウ、ウマ~な生活

「ウマ~い」グルメや岡山・倉敷のお店の食べ歩き、旅先でのフォト、低予算で競馬のG1無料予想もしちゃったりするブログです

Vol.5 「有馬グランドホテル」で、有馬温泉堪能! 有馬温泉と神戸食べ歩きツアー 

2017-08-09 08:40:00 | ☆グルメツアー☆ 食べ歩き記

今回、宿泊先に選んだのが、こちらの「有馬グランドホテル」 

 有馬三山に囲まれた眺望に優れた高台に立地し、有馬温泉街を見下ろす絶景のホテルです。

 入口を入り、エスカレーターを昇ると、

 ゴージャスなエントランスです。広々として喫茶コーナーからは、コーヒーのいい香りが漂ってきます。

 2階からの風景もいい感じ。

 受付を済まして、お部屋に向かいます。今回、宿泊する部屋は、「和室

 10畳と広縁からなる、ゆったりとしたお部屋です。広縁には、ソファーもあって、

 ここから眺める、庭園や山々の景色はとても綺麗です。

 仲居さんがお茶をいれてくれました。茶菓子は、こちらの売店でも販売されていた「白桃ゼリー

 これが、なかなか美味しかったです。中にしっかり、白桃を刻んだものが入ってて。備え付けの冷蔵庫で、冷やして食べるのがおススメです。

 クローゼットには浴衣と、アメニティーが置いてあります。アメニティグッズは、普通です。基本、館内は、この浴衣に袢纏を羽織れば、ウロウロできるみたいです。

 一息ついて、早速、温泉に向かいます。こちらには、地上9階に「展望大浴場」と地下2階に「季の湯」という温泉施設があります。さらにそのB2Fには、「アクアテラス&スパ」という、水着着用で楽しむ温浴施設もあります。(こっちは有料ですが・・。

まずは、9階の展望大浴場、「展望大浴苑」へ。かなり広々した温泉で、中には、有馬温泉の代名詞でもある「金泉」と「銀泉」がそれぞれ「露天風呂」であります。

かなり開放感があり、露天から見える景色も有馬の山々が見えて最高です。特に「金泉」は体の芯から温まり、体が癒されます。体にまとわりつく感じで、何回か入ったのですが、金泉に入ってすぐ、体を拭くと、その赤茶けた色がタオルに着くくらい濃厚な温泉です。

自分は、日帰りで、数回程度しか有馬温泉に来たことはないのですが、ある数ある温泉の中でも、トップクラスのいいお湯だと思います。

 ふろ上がりには、マッサージチェアーでさらに、体の疲れをほぐします。スーパー銭湯じゃないので、勿論、この施設は、「無料」です。

 こちらは、地下2階にあるもう一つの大浴場、「季の湯」と、

 「アクアテラス&スパ」がある施設です。実は、今回、こちらの「アクアテラス」には、「無料」で入れるプランで予約してたので、こちらを堪能することに。

この施設、コンセプトが「大人のための贅沢なヒーリングエリア」ってもので、施設に入れるのは「中学生以上」しかも、「混浴」ですぞ!

って言うても、「水着着用」じゃないと入れない施設なので、いわゆる「温水プール」的な施設です。

実は、今回、最初は、この施設を利用することは考えていなかったので 、水着はもってこなかったんですよね・・。でも、タダだし、せっかくなんで、入ってみようかなぁ~と思ってきたので、「レンタル水着」を借りることに。レンタル料は「500円」なのですが、一度借りても、この施設を出ると、また、入るときはまた、「レンタル」しなければなりません。

ということで、あらかじめこちらを利用されるつもりの方は、「マイ水着」持参で、来られることをおススメします。

ちなみに、こちら「季の湯」は、「水着無し」で入浴可能。展望大浴場とは、また、一味違う落ち着いた温泉を楽しめます。勿論、こちらにも、「金泉」、「銀泉」ともに露天であります。

話は元に戻りますが、「アクアテラス」 ここ、「最高」ですわ。

前述ですが、「大人のための贅沢なヒーリングエリア」というだけあって、かなり、「セレブ感」に浸れます。

中には、歩行プールをはじめ、ジェットバス、ホワイトイオンバス、足湯シアター、さらに「スノー、ナノミスト、岩塩ドライ、ラドンミスト、岩盤カウチ」といった、5種類のサウナもあるんです。「スノーサウナ」なんか上から、「人工雪」が降ってくるんですよ。フィットネスジムや、屋外プールもあるし、雑誌も置いてあって、暖炉付きリビングで、ソファーにもたれながら優雅な時間が過ごせます。

さらに、フリードリンクがあり、マンゴージュース・レモン酢ジュース・ウーロン茶・水が常時飲み放題。少なくなってきたら、すかさず、補給にもやってきてくれます。

ちなみに、この施設から、先ほどの「季の湯」には、行き来が可能なんですが、その際は、備え付けのガウンを纏って、水着を脱いでから、専用キーを使って大浴場に向かいます。

う~ん、セレブっぽいね~。

ホント、この温泉施設には大満足。いや~、また来たいぁ~。

特に「アクアテラス」は、今度来るときは、絶対、「マイ水着」もってこなきゃだわ。

温泉を堪能した後は、お腹の方も、ご馳走で堪能させていただかなければ。ということで、この後は、こちらの名物。ディナーの「旬菜会席」をいただきます。それは、また、後日。

『食べ歩き』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Vol.4 「念仏寺」で、「沙... | トップ | Vol.6 夕食は、「旬菜会席... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
【地球の歩き方 特派員ブログ】トラベルライターのご案内 (特派員ブログ事務局)
2017-08-10 15:11:57
tokuchan 様

はじめまして。
(株)地球の歩き方T&E トラベルライター事務局でございます。
突然のご連絡失礼いたします。

弊社はガイドブック『地球の歩き方』のホームページを運営し、
海外、日本国内の地域情報を発信しております。

▼地球の歩き方
http://www.arukikata.co.jp/

▼地球の歩き方 特派員ブログ
http://tokuhain.arukikata.co.jp/


旧来までは海外在住の方をメインとしたブログでしたが、
4月から国内ブログにも注力する方針をとっており、
現在、特派員ブログでご執筆いただける方(=トラベルライター)を
募集しております。

候補者を探している最中、tokuchan 様のブログを拝見する機会がございまして、
内容や写真の美しさに、弊社のトラベルライターとして特派員ブログから
岡山地域情報を発信していただきたいと考えた次第です。

突然のことで大変恐縮ではございますが、特派員ブログのご執筆ご興味がございましたら、
詳細をご案内させていただきますので、下記までご連絡いただけると幸いです。

▼トラベルライター事務局
tokuhain@arukikata.jp

どうぞよろしくお願い申し上げます。

トラベルライター事務局

----------------------------------------------------------
株式会社地球の歩き方T&E (GLOBE-TROTTER T&E Inc.)
〒160-0022 東京都新宿区新宿3-1-13 京王新宿追分ビル5F
tokuhain@arukikata.jp
----------------------------------------------------------
【地球の歩き方 特派員ブログ】トラベルライターのご案内 (tokuchan)
2017-08-11 11:27:47
地球の歩き方 特派員ブログ様、コメントありがとうございます。

大変、光栄なお話で、恐縮しております。

地元・岡山・倉敷の地域情報とのことでございますが、ここ最近は、仕事等が立て込んで、ブログも、頻繁には、更新することができなくて、なかなか、新しい情報を発信することは、難しいかと思っております。

今回のお話、申し訳ございませんが、保留させていただきたく存じます。

また、都合がつき、機会がございましたら、連絡させていただきます。

よろしくお願いいたします。

コメントを投稿

☆グルメツアー☆ 食べ歩き記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL