ウ、ウマ~な生活

「ウマ~い」グルメや岡山・倉敷のお店の食べ歩き、旅先でのフォト、低予算で競馬のG1無料予想もしちゃったりするブログです

Vol.6 夕食は、「旬菜会席」に舌鼓! 有馬温泉と神戸食べ歩きツアー 

2017-08-11 11:30:00 | ☆グルメツアー☆ 食べ歩き記

有馬グランドホテルの温泉を堪能した後は、お待ちかねのディナーです。

今回の宿泊プランの夕食は、こちらの人気No.1プラン、「旬菜会席」です。当初は、ホテルの和食「四季亭」でいただくことになっていたのですが、都合により、部屋食でいただくことに変更です。仲居さんが時間に合わせて用意してくださいました。

季節のおもてなし」と銘打った、先付からデザートまで、旬の食材をふんだんに盛り込んだ豪華ディナーです。こちらがお品書きです。

食前酒の梅酒炭酸割をクイッといただいてから、

料理をいただたいていきます。

 

まずは、先附と前菜。卵豆腐 アスパラソース 淡路産鱧落とし。梅肉と鱧。クリーミーなアスパラソースでプルンとした食感の玉子豆腐をいただきます。

小鉢に、神戸牛時雨煮、淡路産のれそれ 割り醤油、糸瓜と順才の土佐酢和え。

盛り合わせに、穴子煮凝り、稚鮎フライ トリュフ塩、海老艶煮、蝶々芋香梅煮 、沢蟹が盛られています。

 

お造りは五種盛り。 鯛 鮪 間八 剣先烏賊 サーモン。ボリューム感はありませんが・・。 鮮度は良さそうです。

珠玉のお吸い物 ~筍真丈~ と、新生姜と鰻の 炊き込み御飯。

 鰻の炊き込み御飯は、鰻の旨味と生姜の風味がよく合って美味しかったです。

お吸い物はだしがしっかり引かれて、上品な味付け。

 真丈はふわっとして柔らくて、美味しかったです。

小鍋は、筍と鱶鰭(フカヒレ)のココット煮込み。

このココット鍋の中に小ぶりではありますが、しっかりとした形のあるフカヒレが一個丸々入ってます。

なかなか贅沢な小鍋ですわ。シャリっと言うか、コリッというか独特の食感。形のないものしか、食べたことがなかったのでこれは、チョット、リッチな気分になりました。

そして、メインは、有馬グランドホテル名物 黒毛和牛とろろすき鍋。

 

まぁ、いわゆる、黒毛和牛のすき焼き風鍋です。こちらの具材を鍋に入れてコンロで煮てからいただくのですが、

 

このお肉を付けていただく、「タレ?」がこちらのオリジナルなんでしょうね。

とろろ」と「温泉たまご」です。まぁ、よくあるのは、「生玉子」ですが、確かに、今まで温泉卵でいただいたことは、ありませんでしたわ。

これだと確かに、生卵より、黄身の部分の絡みが抜群にいいですね。

有馬温泉」で作った、「温泉卵?」なのかは明らかじゃないですが、この食べ方は、「アリ」ですわ。ただ、家でやったら、絡みすぎてすぐ、卵が無くなっちゃうよなぁ・・。

で、もうひとつの漬けダレが、「とろろ」 「名物とろろすき鍋」とネーミングされているんですから、かなりの自信作なんでしょうね。すこし、ワサビを付けていただきます。温泉卵のような濃厚さはありませんが、こちらは、アッサリいただけます。

個人的には、やっぱり安定の「温泉卵」かなぁ・・。甘辛いお肉にはやっぱり、玉子味が合うと思います。

煮物は、新じゃが芋饅頭 淡路新玉葱のすり流し。

ネットリ、モッチリした食感のじゃがいも饅頭で、餡は新玉葱を裏漉してつくられたすり流し。まぁ、それなりでした。

 

御飯物 御飯は兵庫県但馬産こしひかり。ピッカピカの銀シャリです。

お漬物に白菜金泉漬け 胡瓜 有馬紫。 そして、赤出し。すでに、お腹いっぱいです。

〆のデザートは メロン 西瓜 豆乳とクリームチーズのプリンです。走りの西瓜もあって、旬を感じるデザートです。

 ボリュームたっぷりで、さすが、人気No.1の「旬菜会席」でした。文字通り、時期時期で、メニューが変わり、その時期の旬のものを使った美味しい会席料理に大満足でした。

ウ、ウマ~な旬菜会席でした。ウマニッシモ!!

温泉も料理も大満足で、この日は、グッスリ眠ることができました。翌日、朝一で、一風呂浴びて、こちらで最後の食事、美味しい朝食バイキングをいただきました。

それは、また次回。 

有馬グランドホテル旅館・オーベルジュ(その他) / 有馬温泉駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5

『食べ歩き』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Vol.5 「有馬グランドホテ... | トップ | Vol.7 朝食は、豪華バイキ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL