ウ、ウマ~な生活

「ウマ~い」グルメや岡山・倉敷のお店の食べ歩き、旅先でのフォト、低予算で競馬のG1無料予想もしちゃったりするブログです

2017 G1 ヴィクトリアマイル 回顧録

2017-05-14 20:07:51 | G1レース予想

 「第12回ヴィクトリアマイル」(G1、芝1600メートル)は14日、東京競馬場11Rで行われ、C・ルメール騎手騎乗の6番人気・アドマイヤリード(牝4=須貝厩舎、父ステイゴールド、母ベルアリュール2)が勝利し、重賞初勝利でのG1初制覇となった。1馬身1/4差の2着には11番人気・デンコウアンジュが入り、さらに首差の3着は7番人気・ジュールポレールだった。圧倒的1番人気のミッキークイーンは7着に敗れた。

伏兵アドマイヤリードが古馬牝馬チャンピオンの座につきました。予想では、6番手だったこの馬ですが、◎ミッキークイーンから買うとなると、外さざるを得ませんでした・・。

まぁ、この馬、「京都専用機」だと思っていたのですが、前走、重馬場の阪神牝馬Sで2着になっていたので、チャンスはあると思っていました。今回、馬場が回復しなくてこの馬にはちょうどいい時計のかかる馬場になっていたことが最大の勝利の要因でしょうね。

2着にアット驚く、デンコウアンジュ。2歳児のアルテミスSで、メジャーエンブレムを破ったことはありましたが、ここまで激走するとは。1着馬同様、今日の馬場があったのでしょうね。ステゴ産駒のリードも、この馬も、欧州向きの重たい馬場で結果を出す血統ですもんね・・。完全にやられました。虎の巻では、「福島牝馬S」では「前目で、踏ん張った馬」と書いてあったのに・・。まぁ、今回のメンバーでは、拾えませんな・・。ってか、こういう馬を拾うべきなのが「虎の巻」なんですけどね。反省です。

3着に△ジュールポレール。ディープ産駒で唯一馬券になったのがこの馬。この馬も、母系はヨーロピアン。やはり、パンパンの良馬場じゃなかったし、もう少し、吟味は必要でした。

◎ミッキークイーン、〇レッツゴードンキ、▲クイーンズリングはどうしたのでしょうか・・。馬場が悪かったとは言え、走らなすぎ。牝馬は難しいですが、馬券になった馬よりは、実績も調教も良く見えたのですが・・。「横」よりも、「縦」の比較をもっとちゃんとするべきでした。

馬券になったのは、すべて「4歳馬」昨年の今頃は、「最強3歳世代」と呼ばれていた世代です。トップ3だった、「ジュエラー、シンハライト、メジャーエンブレム」はすでに引退や故障して秋華賞馬ヴィブロスは、ドバイターフを勝った世代ですもんね・・。3歳時は、トップに立てなかった馬たちが上位馬の引退等により、日の目を見たってことかな・・。ってか、やはり、4歳馬は、充実期で強いのが当たり前なのかも。よくよく考えたら、ストレイトガールが活躍しただけで、やはり、このレースは、4,5歳馬が強いレースですね。そこを今もう一度、思い直すいい機会になりました。

今回、この結果とは裏腹に、堅い決着になると思い、控えめに勝負したのが逆に良かったです。大怪我をせずにすみました。

今年は、馬場が重かったこともあり、この結果になったと思いますが、一応、虎の巻には追加しておきます。

・まずは、G1実績のある馬(東京マイルG1で3着以内)の馬。

・「マイルG1馬」は強い。特に、桜花賞、オークス(マイル勝ちのある馬で)で5着以内の馬は買い。連対馬は、特注。(明け4歳の桜花賞連対馬では、その後、馬券対象になったことのある馬のみ)

・5か月以上の休み明けは消し。

・近走好走馬は、買い。特に、年明けの、京都、中山、阪神、福島牝馬特別レースの勝ち馬は買い。ただし、京都牝馬よりも、阪神、中山、福島牝馬特別(特に、阪神、中山)というマイル以上のレースの連対馬が有利。

・阪神牝馬Sは、1600mになり、直結率が高くなった。

・前走、掲示板外からの巻き返しは、G1連対馬か、前述の牝馬特別勝ち馬のみ。牡馬混合戦の重賞で、掲示板なら買い。

・内枠の逃げ・先行馬は買い。外枠は割引。

・スローペースになりやすいので、前目で34秒前半の足が使える馬が有利。後ろからだと、33秒前半の足のある馬しか来れない。

・このレースのリピーター(3着以内)以外で、前走4角10番手以下からレースをして馬券にならなかった馬は消し。

・福島牝馬は、前目で、踏ん張った馬、阪神牝馬は、上がり1~3番手の馬。中山は、まくって連対した馬。

・これらの牝馬限定戦、どのレースも掲示板に乗った馬で、もっとも斤量が重かった馬を、要チェック。

・牡馬混合重賞で、マイル以上のレース好走は、買い。着外でも、斤量を背負ってた馬なら、巻き返しもあり。

・良馬場ならサンデーの血が入った馬が強い。(母父サンデーも含めて) ダートっぽい持続力のある馬や、血統の馬が穴をあける。東京マイルに強い、ディープ、フジキセキ、ダンチヒ、クロフネ、キンカメ、タニノギムレットも要注意。

・時計勝負になりやすいので、マイル以下での連対歴は必要。

・種牡馬のタスキリレーが継続中、来年は、ディープとステイゴールド、メイショウサムソンに注意か?

・東京コースは、芝は、内から乾く。雨が降って馬場が回復したら内枠有利。

・稍重以上の馬場になった場合、欧州血統の種牡馬が来る。(サドラー系や、凱旋門賞勝ちの種牡馬の血が入った馬)

これで、来年はバッチリか・・?

『競馬』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017 G1 ヴィクトリ... | トップ | ムッシュ ド ムスタッシュ  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL