ウ、ウマ~な生活

「ウマ~い」グルメや岡山・倉敷のお店の食べ歩き、旅先でのフォト、低予算で競馬のG1無料予想もしちゃったりするブログです

2016 G1 秋華賞 回顧録

2016-10-17 21:03:31 | G1レース予想

最後の1冠を賢妹がつかんだ。3番人気のヴィブロスが、直線で鋭い末脚を発揮して完勝。12年に鼻差敗れた全姉ヴィルシーナの雪辱を果たした。2着は4番人気のパールコード、3着は8番人気のカイザーバルが入った。桜花賞馬で2番人気に推されたジュエラーは4着。1番人気のビッシュは10着に終わった。

いや~、完敗です。なんせ、買ってる馬、1頭も馬券になってないんですから。今回、最初から、予想がブレブレで、正直、自分でも、よくわからない買い方をしてしまいました。猛省です・・。

まぁ、今回は、ハナから「紫苑S」組のレースを見てすらいないんですよね・・。今日、遅ればせながらみてみました。あのレースなら、パールコードと、ヴィブロスは、ビッシュよりは買いたくなる感じです。特にパールコードは、全くレースになってなかったですから・・。

そもそも、今年からG3に格上げされたところで、トライアルとして機能するのかと思ったのですが、今年に限っては、機能したと言っていいのかなぁ・・?

京都2000mと中山2000mは同じ小回りコースとは言え、今まで、この条件で馬券に絡んだ馬は10年以上いなかった訳で、突然、ここをステップにした馬が来たことに驚きです。

今年からG3に格上げされたことで、関西からも有力馬が小回りコースを経験させる目的で今後出走してくる可能性はあるかもしれません。ただ、今年は、有力馬の回避が多く、玉突き的にここを使った馬が来たとも言えると思います。本来なら、「ローズS」組の方がレベルは、高いと思うし、今後も、「ローズS>紫苑S」の構図は間違いないと思います。

一昨日の予想には、「今回は、「G1」と思わずに、「京都2000m牝馬オープン戦」と思って予想。」って書いたくせに、結局は、いつも通りの「虎の巻」で絞っちゃってて、もうなにやってるんだか・・。

1,2着馬は、2000mの重賞連対馬。好位から、しっかり末脚を使った馬が馬券になってるのは、秋華賞ならではというより、フツーに京都2000mのレースで馬券になる馬の位置取りだし、変にひねることはなかったです。

ビッシュ以外は、ほぼ、人気通りに走ってるし、人気的には、「3,4,8番人気」の決着にしたらそんなに配当もついてないし、まぁ、しゃーないといった感じです。

恐らく、今年は、イレギュラーだと思うので、来年、「紫苑S」組が馬券になった時に、改めて「虎の巻」に加筆したいと思います。

・「阪神JF」の勝ち馬が3番人気以内の馬か、「桜花賞」で、その年の桜花賞馬券対象の人気が、3番人気以内の馬が2頭絡んでいれば、その世代上位馬のレベルは高い。⇒この秋華賞は、「荒れない」と見た方が賢明。


 ・ローテーション的には、ローズ組が最右翼で、3着以内馬は、すべて買い。このレース、掲示板以下からの巻き返しは、クラシック勝ち馬かオークス5着以内の重賞勝ち馬のみ(ただし、ローズSが重馬場以上の道悪競馬の場合は参考にならないので、着順は度外視してもいい。ただ、オープン勝ちの無い馬はノータイムで消しで良い)。4,5着馬は、1400m以上の重賞勝ち馬のみ。クイーンS組は、重賞連対経験ある馬で、馬券対象馬のみ。条件馬は、古馬混合1000万の1600m以上の勝ち馬のみ。(特にローカル(小倉、新潟、函館、札幌)の1600~2000m勝ちは、期待大!さらに、牡馬混合で勝ちなら、勝負になる!)ただ、条件馬でも、牡馬混合の2000m以上のレースで0,3秒以上の勝ち鞍があれば、買ってもいい。5か月以上の休養馬は、2冠馬か、無敗のG1馬のみ。

・今年から、「紫苑S」が「G3」に格上げ。今年は、馬券に絡む馬が出てきたが、本来は、「ローズS>紫苑S」という見立てでOKだと思う。敢えて狙うのなら、ここの連対馬と2000mの重賞連対馬は、チェック。

 ・差し馬が有利なレース。とくに外枠(7,8枠)の先行・差し馬は厳しい(ただし、クラシック勝ちのある馬なら買える)、内枠が有利で、逃げ、先行馬が穴を開けやすい(ただし、前目で34台の脚が使えない馬は厳しい。)あと、内枠に入った人気の差し馬は、閉じ込められる可能性もあるので、注意!

 
・血統的には、サンデー系(ディープは、相性抜群)、ジャンポケ、リファール、ニジンスキー、キンカメ、フレンチデュピティの血が騒ぐ。 (ブライアンズタイム産駒で芝・ダートを問わず1400mを勝った馬は、大穴になる可能性があるので注意!)

・札幌コースの中距離コースで好走した馬は、京都2000m内に適性あり。特に古馬混合戦で好走した馬は、要チェック。

・ローズSのペースは、Sペースに近いほどリンクする。ハイペースでの決着は、秋華賞に直結しない。

・阪神コース改装以来、ローズS3着以内馬が必ず連対。(ただし、13年は不良馬場で、トライアルの意味を成していないので度外視)

・オークスで、掲示板に乗っている馬で、1400mのレースを上がり1,2位でで勝ったことのある馬は、このレースで馬券に絡む。

・「1400m連対実績馬」のなかで「自身か産駒が日本の芝2400m以上のG1で勝利実績のある種牡馬を父か母父に持つ馬」

・京都1600m内、阪神1600m、阪神1800m、京都2000m、東京1800m好走馬は要チェック。

・小柄(430kg以下)の馬は厳しい・・。条件馬は2着まで。

 これで、来年はバッチリかな?

『競馬』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016 G1 秋華賞 予想! | トップ | 2016 G1 菊花賞 予想! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL