古希を過ぎ、趣味の野菜作りに、釣り、ゴルフ。そして働き、黄昏時を過ごす男の遊々生活!

3年前 70歳を機に商売を廃業、”これから遊びに邁進するぞ”との思いもつかの間、貧乏性なのか? 元気なうちは働く事に・・

阪神淡路大震災あれから23年

2018-01-17 11:33:44 | 日記
 阪神淡路大震災から23年、あの日の早朝、山際の部屋で寝ていた私は
ゴウと鳴る 山鳴りに目が覚めました。
”これは大きいな”と思う間もなく ガタガタと大きな揺れに見舞われ
ました。
2階で寝ていた 今は亡き母と 高一だった娘が下りてきて 開口一番
「怖かった」。
 早速テレビをつけると局の内部の写真が写るのみで分からない。
当時 長男はゲーム会社に勤め、京都の向日市、次男は専門学校で、
大阪の福島に下宿していました。
その後 1時間ほど経ってからだろうか? 神戸駅が写っていて、所々
から炎が上がっていました。
その数時間後は阪神高速が倒壊しているのが放映され、この地震の大
きさを知らされました。

 その後 数日が過ぎ、西脇市では震災に遭って亡くなった方の遺体を
荼毘に伏すのに焼き場を提供したのでしょう。
ひっきりなしに霊柩車などで遺体が運ばれたようです。
当時の焼き場は西脇小学校の近く、八日町に有り、古い焼き場で焼却
能力も余りなかったと思います。
その後、西脇に新しい斎場”やすらぎ苑”が寺内に出来ましたが・・・

 その後 1週間ほどが経った頃、神戸から西脇方面へも住まいを探しに
宅建業を開業して3年経った私の店へも来られました。
なかには「あんな怖いところに住みたくない。家を探して欲しい」。
などと言う人も現れ、借家やアパート、それに中古住宅を紹介させて
頂きました。

 それからl0年も過ぎた頃でしょうか? ある日 家を購入した方が
私の店へ来られ 「増田さん。街へ戻りたい。家を売って貰えないか?」
と、「何故ですか?」と聞くと、「どうも馴染めない。西宮に居た頃は
借家で八百屋をしていたが、他人付き合いに温かみが有った。田舎では
どうもそれが無い。昔馴染みもまだ元気なうちに帰りたい」。と言われ
引き止めようもなく 他に転売させて頂きましたが、他にも似たような
理由で数人が また神戸へ帰られましたが、時々思い出します。
”あの方たち 今も元気にされてるかなぁ”と

私も田舎で家を紹介するとき この方たちに忠告をしました。
”田舎は住みにくいですよ”とか、”干渉しないでくれと言っても
干渉されますよ”とか、”道普請、溝普請、それに年2回協議費と言って
取られますよ。まぁアパート、マンション暮らしをしていれば共益費と
同様と思って頂ければよろしいが・・・”とか言いました。
 私が宅建業に携わなかった頃ですが、明石かどこかの学校の校長を
していて、定年を迎え 老後はのんびり田舎暮らしがしたいとの希望を
持って私の隣保へ新居を建てて奥さんと二人入居されました。
蘭の栽培もやってみたいとの事で新居の隣には温室を作り、ボイラーを
入れて本格的でした。

 ところが田舎暮らしは半端でない。お金が有る方なので協議費等は
何でもなかったでしょうlところが今言う溝掃除、道普請などの
勤労奉仕は年数回あります。
ご夫婦は 当時の班長などに「出不足のお金は支払うので 勤労奉仕は
勘弁してほしい」。などと断られたそうです。

 それでもしつこく当時の隣保長などが「金でなく 作業に出て欲しい」
と言うものだから このご夫婦は「ここで不始末を起こしたりしても
息子も街に居るし、自分たちの責任で片付ける。またここで亡くなった
としてもこの隣保や町には迷惑を掛けない」。と言われたそうです。

 この老夫婦は田舎暮らしは のんびりできるものと勘違いをされて
住まわれたのでしょう。
この方も 数年後 ご主人は体調を崩し、市民病院で亡くなられ
生前言われた様に 明石から息子さんが遺体を引き取り、明石で葬儀を
されました。

 その後、お家は空き家になり、息子さんもまた学校の教師、その
奥さんもでしたが田舎にさらさら住むつもりもないので借家で貸し出し
て欲しいと、私が宅建業を始めた年に貸し出しの依頼を受けました。
 その後、借り手が現れ その借り手の方は作曲家でした。
亀岡から引っ越しをされてきたのですが、その前は東京で事務所を
持っていたと言う方でしたが、姫路の家島で釣りをしていて岩場から
滑落し、脊髄を損傷して亀岡へ引っ越し、ついで当地へ引っ越しされ
てきたようです。
当時は何でも 松平健さんの「暴れん坊将軍」とかの挿入歌の作曲を
したとかで印税が入って来るようでした。

 その方も当地へ来られ 溝普請、道普請、協議費などに不満を持たれ
奥さんが「主人が悔んでいて困っている」。と何度も相談を受けました。
その後、主人は 後ろから来た車に追突され、脊髄の損傷が酷くなり
奥さんとも別れ、今では そのお家も廃墟同然になっています。
まぁ 田舎暮らしは相当の覚悟がなければできません。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本人は何事にも殺生すれば供養

2018-01-09 17:44:16 | 日記
 3連休も終わり 今朝の神戸新聞の正平調にアース製薬が赤穂に生産
研究拠点を置いており、研究所では 100万匹以上のゴキブリ、1億匹
以上のダニ、12千匹の蚊、その他 色々と研究用に飼育している
らしいが、「死んでいく虫たちのおかげで研究が成り立っている」とかで
坊さんの読経の中、虫供養が行われたと聞く。
私からしてみれば”なんの虫如き”と思うのだが・・・

 しかし他にも動物を殺生している場合、供養しており、生き物でも
ない 例えば針などでも”針供養”と言うのが有ります。
世界から見れば不思議と思うのではないでしょうか?
だが、これが日本人特有の物や生き物に対する感謝なのでしょう。

 さて世界では色々な出来事が、トランプ大統領の側近で有った
バロン氏とやらが、政権から離れると 大統領近辺の事を暴露したと
言います。トランプのジュニアの事や、娘のイバンカ氏が次期 アメリカ
初の女大統領の席を狙っているとか? 本は見ていないので分かりませんが
書店では飛ぶように売れているとか言います。

 方や韓国は 北朝鮮が平昌オリンピックに参加すると言う事で 急きょ
今日 会談を開くとか?
ケソン工業団地も2年振りに再開する見通しとか?
日・米・韓で足並みをそろえて 北朝鮮に制裁をと 言うはずではなかった?
話合いは結構だが、今まで北朝鮮と話合いをして約束事を守ったことがない。
まぁ北も南も 同じ民族、どちらも約束事を違えると言うのでは同程度。

 さて学校での仕事は冷たい雨が降ったりして野外の仕事は出来ず、
物置小屋で プール脇の掲示板取り付けの準備をしようと、物置に有った木を
サイズに切り分けます。同じ太さの木が足らず、細い木も使う事に

切り分け作業

 現場へ行って きっちり枠に有っているかどうかの確認をします。

サイズが有っているかどうかはめてみました。

 何とか サイズは合い、小屋へ持ち帰り 水性ペンキを塗りました。
残り作業は屋根板や波板張り、掲示板の取り付けだが、ネジも探したが
無いし、屋根板も要る、鉄を貫通するネジも要るのだが購入しなければ
無い。まぁ暖かくなってからの仕事にすることに。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初出勤は寒空の下で

2018-01-06 15:23:51 | 日記
 初出勤は4日でした。年末に裏門近くに子供像が有り、煤けているので
ペンキを塗ったのですが、養生を取り外していなかったので早速取り外し。
運動場を見て回り、溝の枯れ葉を捨てたり、運動場や体育館裏の草引きを
したり、運動場には冬でも雑草が生えています。 それを根気よく引いて
いくのですが、1時間もの間 屈んだ体制で草引きをしていると太腿が
攣り始めます。その痛さと言ったら 丁度ふくらはぎが こむら返りを
起こしたのと同様の痛みです。
 やっと立ち上がり、足を伸ばして大丈夫と思うと しばらく歩きます。
またまた 再トライ、畳5枚分くらいしか引けないので 何時作業が終わる
ことやら・・・

 今年の寒さは一頻り厳しい。草引きをしていると親子連れで凧揚げに
やってきます。その姿を見て あぁあんな頃が有ったなぁ~と懐かしく
思ったり、 そう言えば今日4日は宅建業で現役の頃は西脇なら商工会議所
神戸不動産会館では役員仲間と揃ってホテルニュー大谷などで開かれる
新年互例会などへ行ったり、 その間、妻は 神戸の妹宅へお邪魔して
終わるころに迎えに来てもらって帰宅したものだった。
色々な思いが頭の中を走馬灯のように駆け巡ります。

 さて翌5日も出勤、この日は玄関門を入った右手の植え込みの中の掃除
掻き集めて作業をしていると大橋商会の大橋君が消火器の点検かに近づいて
来ました。「久しぶり」と言うと「あぁ増田さん。久しぶりです」。と
挨拶。 そして近況報告。大橋君は野村の大池の打ちっ放し場をしている
夫妻の息子さん。彼はプロテストを合格して 試合にも何回かマンディから
出ていたようですが、やはり強豪ぞろいでツアープロは難しかったようで
レッスンプロをしていました。 私も又 大橋君に教えてもらい、覚え始めは
もう一人のシングルだったK氏と 何回か山陽カントリー(現加西インター
クラブ)に一緒させてもらいました。
どちらもプロ顔負けの腕前で 当然二人はパープレーやアンダーパーで
回っていました。私は その頃 80前後でしたが、よく教えて貰った
ものです。

 大橋君が「実は昨年ゴルフ練習場辞めたんですよ。そして10月に
建物を取り壊しました。」と言います。
時代の流れでしょう。昔この野村大池練習場は西脇には此処しかなく 
盛況でした。
しかし、その後にでき、新しい設備を整えた岡の山打ちっ放し場や高松の
大池に行ってしまいました。
私が「お父さんお母さんは元気?」と尋ねると、「えぇ二人とも元気です。
親父も89歳、母は84歳になりました。家に二人います」。と言う。
そこで大橋君と別れましたが、そうか親父さん もう89歳か?と
そりゃ 私も今年4月が来れば満74歳。月日は無常にも早く過ぎ去ります。





 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年の初打ちは散々な結果に・・・

2018-01-04 10:52:32 | 日記
 今年の元日は 初日の出を見る事が出来、穏やかな元旦でした。子供たちも
帰省せず、妻と二人っきりの正月でしたが、妻もまた 楽寿園と言う 老人
ホームに務めているので7時40分頃に出勤。
1人で寂しく 日本酒を燗し、おせち料理をつつきました。

 二日目、妻は今日も仕事だそうですが、正午に入るのだそうで、ゆっくり
祝う事が出来ました。今日も一日穏やかな日和で、裏山でロスとボールを
5~6個出して ピッチングでアプローチの練習。

 さて正月三日目、この日は早くから妙見富士CCに予約を入れていました。
正月なので ゆっくりしようと9時50分のスタート。
車で出ようとしたらプリウスのエンジンが掛かりません。どうやらハザード
ランプを切り忘れて スターターバッテリーがあがったようです。
その時 絶妙のタイミングで 友達から「まっさん。迎えに行こうか?」と
電話。 「済まない頼む」と言って迎えの車に乗ってゴルフ場へ向かいまし
たが、奥へ向かうにつれて雪が激しく降ってきます。
妙見富士の山並みを見ると 木々に雪が降り積もって白くなっています。
お互いに、「今日は日和と思って出てきたのに 精進の悪い奴が居るのか
えらい日和」とブツブツ言いながら ゴルフバックを下します。

 フロントでサインをしていると、1年近く来ないでいる間に、フロントの
掛かりが変わっている。聞けば 大半の人が変わったよう。
暮れの会員向けの手紙には 支配人も変わったようでした。

 他の二人の一人は元和以貴建設に務めていた加西市のM君。もう一人は
M君の親戚で 昨年まで刑事をしていたT君。 T君とは かれこれ2年ほど
出会っていません。
4人揃ったところで 激しく降り続く空を恨めしく眺め、”止むだろうか?”
”最後までできるだろうか?”と不安げ、そんな中20分遅れでスタート。
その頃、少し青空も見えてきて ”これなら日和になるかも・・・”と
期待しましたが、3ホール目からまた吹雪いてきます。
アゲインストの風も吹き、140mほどのショートホールは1番手大きい
クラブを持ち、何とかグリーンまで届きましたが、吹雪いて寒いし、
風は強くなる一方、集中力も欠けてきて、4ホール目位からは 滅茶苦茶
茶店で燗したお酒を飲み、温もろうとしましたが、効果なし、ホールアウト
したのが遅れ遅れて4時頃。大変な1日でした。

 だけど思いました。つくづく歳は取りたくないもの、と。
私も60歳前後の時はドライバーショットでも250ヤードは飛んでいまし
たが、冬の寒さも手伝ってか? 良く飛んで200ヤード。
ヘタをすれば180ヤード、 刑事を昨年までしていたT君は55歳くらいと
若く、ナイスショットをすれば300ヤード近く飛びます。
刑事を退職して役所務めをしていると聞きましたが、お互い土日祭日しか
休めないので 今年は暖かくなれば月に2~3回は行こうと約束しました。
T君は若いが、私始め同級生のG君も74歳、G君の義理の弟になるM君も72歳、
 同級生のG君は数年前 脳梗塞かで倒れましたが、無事回復。
教員をしている息子さん夫婦と同居していて 孫の面倒を見ていれば済む
楽隠居。 ”80歳まではゴルフを続けたいなぁ~”と言っています。

 私の周りを見ても グラウンドゴルフでは90歳を超える人でも元気で
プレーをしています。 血圧や中性脂肪などは高いが、まぁ何とか私も元気
お酒もほどほどにして80歳まではゴルフも釣りも続けたいと思っています。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加