赤い水性の部屋

あくまでも赤い水性個人のページですので、吹奏楽とは関係ない内容もあります。みなさんのコメントをお待ちしています。

善行賞

2008年01月31日 | Weblog
 1月30日に、浜松市で「青少年の表彰」ということで、善行賞とやらを頂いた。昨シーズンの、老人ホームや小学校でも訪問演奏、定期演奏会など、年間約30本の本番と、小学生から大人までを含んだ地域クラブの活動が、明るい社会を作る文化的活動として認められたのだそうだ。30近い推薦の中から選ばれたのだそうで、先代の3年生の頑張りは、正式な場で浜松市長さんにも認められたということだ。
 一口に年間30本というが、毎月2~3平均の本番をしている計算になる。一ヶ月に日曜日は4回だから、コレは大変なことだ。部員達の頑張りが思わぬところで評価されたといって良いだろう。そういうわけで、先代の部長、副部長と一緒に表彰式に出席。今日の朝刊にもチャッカリと写っている。

 最初からこの賞を狙っていた(というか、こんな表彰知らなかった)わけではないが、こういう形で認められたことがうれしいね。やっぱり先代は偉大だったのね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アクト

2008年01月29日 | Weblog
一週間に何回アクトシティに行っているだろうか?

来年の計画もやや方向が見えてきた。本当は、もっと現場の教師が頑張らないといけないんだけどね。

それでも、この機会、保科先生より教えてもらえることがたくさんあるので、お金を払って勉強会や講習会に出るよりも個人でいろいろ思ったことが聞けるからラッキーである。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第19期

2008年01月28日 | Weblog
 ついに今日、第19期浜松市中学校選抜吹奏楽団がスタートした。学校の代表として、決意と自覚を持ってほしい。
 ご指導くださる先生方、スタッフのみなさま、よろしくお願いします。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

愚か者

2008年01月25日 | Weblog
今テレビで、マッチが出ている。久しぶりに『愚か者』『Baby Rose』『大将』を聞いた。全部歌える自分がいた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

助けられましたわ

2008年01月24日 | Weblog
 昨日の深夜作業とは関係ないのだが、今日は予定通り進んでいないことがあって、ご機嫌ナナメ。彼女達に伝わっていたかもね・・・

 それでも会合を乗り切り、ソロコンも選抜もなんとかうまくいきそうなのは、スタッフの協力のおかげ。やはり一人では何も出来ない。チームだったら何でも出来る。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

副業

2008年01月24日 | Weblog
 本業の残業ならいざ知らず、ソロコンの事務局の整理で、帰宅が日付を変わってしまうとは・・・まあ、毎年この時期は恒例になっているところが恐ろしいが・・・選抜吹奏楽団の準備もまだやらなくてはいけない。自分のバンドもバンド維新に向けて、もっと鍛えなくてはいけない。レッスンの前に早く暗譜しないといけない。勉強しないと・・・指揮の練習もしないと・・・あくまでも、正規の仕事が終わったあとでの話だよ。

 副業といっても儲かるわけではない。教員は公務員だから副業はいけない。よって、正確には業務外である。

 まあ、子ども会とか、自治会とか、いろいろな人々が業務外でも頑張っているので文句は言ってられないね。

 明日(今日)は、プロムナードコンサート、選抜吹奏楽団、ソロコンテストの打ち合わせ3連発。


コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

大寒

2008年01月22日 | Weblog
昨日は大寒・・・本当だ、寒い・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハンガリー舞曲

2008年01月21日 | Weblog
 久しぶりに聴いたハンガリー舞曲第5番。うーん、プスタってこの曲からヒントを得たんだね。終わり方がそっくりだ。ハンガリアンダンスのあとに、プスタの終楽章が始まっても何の違和感もないぞ。
 司会者の方が「今日は世界の音楽家の曲をいろいろと聴きました・・・」と言っていたが、ドボルザークはアメリカでいいのね?『新世界』だから、よしとしよう。フランスのビゼー、ロシアのチャイコフスキーなどなど・・・ドイツのブラームスなのに、ハンガリアンダンスとは、コレいかに?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

○カ○ン

2008年01月19日 | Weblog
バ○ボ○ではなーいのだ。

ゲオでド○ベ○プロ野球編45巻を105円で購入。すごく満足!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

金スマ

2008年01月18日 | Weblog
『金スマ』の内容は素晴らしいけれど・・・気になることがある。

みんな足を組んで同じように座り、なぜか話にうなずいて、時々泣いて・・・


あの後ろの美女たちは何なのだろう?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加