赤い水性の部屋

あくまでも赤い水性個人のページですので、吹奏楽とは関係ない内容もあります。みなさんのコメントをお待ちしています。

コンコルゲン

2017年03月23日 | Weblog
 市立高校に務めるようになって、中学とは違う業務の中の一つ、イングリッシュキャンプを今回経験することができました。

 市内のALTが集まり、参加する市立高校の生徒と様々な英語活動を行います。近隣のホテルを会場に、2日間宿泊で英語を使う環境にいようというものです。いろいろなグループワークやプレゼンテーションの様子を見ていると、それはそれで素晴らしいのですが、人と違うところに目が行くのが赤い水性@ホテルの悪い癖。
 
 夕食の時間になり、生徒が集まって食事をしている会場に行ったのですが、入った瞬間に、恐ろしいほどの沈黙の中、ナイフとフォークという、食事までイングリッシュキャンプに脱帽。しかし、しかしだよ、まおぴー、ナイフとフォークが逆だよ。。。流石浜市、育ちが良いのか、テーブルマナーをなんとなくこなしているのですが、たかだか15,6歳、そこはまだ子供。スープ飲むのに音を立てないくらいは知っているようなのですが、さすがに口の中にパックっていれるこたぁないでしょう(笑)そして、すくい方が逆。後方へすくってね。できるだけカチャカチャ音を立てないのも大切。組合の浜名支部青年部学習会を経験した者なら、誰でも組合歌とバナナをナイフとフォークで食べることは身に付けています。

 最近は静岡県で有名な炭焼きレストランのようにナイフとフォークで食事をするのも珍しくないでしょう。しかし、私はナイフで切ったら、あとはお箸で普通(日本の家庭のように)に食べます。もちろん、「すいません、お箸ください」と言わなければなりませんが。。。欧米のみならず、郷に入っては郷に従え、中学の教科書でもWhen in Rome, do as the Romans do.とはいうものの、いちいち合わせていたのでは、こちらの調子がくるってしまいます。海外だろうが初めての職場だろうが、自分のペースを崩さないのが大切です。無礼になったり周囲に迷惑をかけない程度であれば、自分らしくいきたいものです。チョップスティック、プリーズ。って言いましょう。

 それにしてもこの近隣のホテル、長いこと浜松で生活をしていますがはじめて宿泊しました。14階から隣の浜松城を眺める気分は家康くんならずとも気分がいいもの、、しかし、殿様の城内に、家来である井伊家の旗が、これでもかと並んでいるのは、本能寺の変で桔梗の旗を見た殿様のようでもあり、微妙な中、井伊直政公の銅像の前で朝の体操をしているときに、キムキムとタダちゃんが寝坊をしたあの朝を思い出しました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ○○から見える景色は・・・ | トップ | 三色団体 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (mtd)
2017-03-24 00:05:42
お寝坊さん、いたねぇ笑

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事