tokotoko花日記

富山発 我が家のガーデニング便り
趣味のフュージングガラスの制作についても発信しています
趣味人生活を満喫しています

渾身の作品が・・・

2017-03-13 | ブログ2017
昨日、一昨日は勘兵衛はうすでの陶芸同好会の日でした。
素焼きを終えたランプシェードを釉掛けをして本焼きの窯入れをする予定だったのですが、予期せぬ事態が・・・。
うっかり穴抜きした弱い部分に手を掛けてしまい、ペリッと取れてしまいました。
それも大事なお日様の真ん中が・・・。
私はもうすっかり途方に暮れてしまいました。
渾身の大作だったのに・・・。
とりあえず釉薬でくっつけて窯入れしてみたものの、どうなる事か・・・。



いつもは楽しみな筈の本焼きの窯入れも、今回ばかりは焼き上がりがとっても心配。
他にはスープカップも3個窯入れしましたが、そちらの方は粘土が凍結してヒビが入ってしまった作品なので、それもどうなる事か・・・。
うまく釉薬が接着剤になって、くっついてくれると良いのですが・・・。
今回の窯出しは不安が一杯です。

気を取り直して素焼きが完成した角皿に絵を描きました。



白土の方には呉須で、赤土の方には鉄で絵を描きました。
両方とも全体に黄瀬戸を掛けて、部分的に織部を垂らして仕上げる予定です。

横に並んでいる小さな物体は、ミニ下駄です。
なんでも玄関に置くと縁起が良いとかで、こちらの方は黒釉を掛けて、縮緬の鼻緒を付けて仕上げる予定です。

粘土の成形がこれだけじゃつまらないので、割ってしまった自分のご飯茶碗を作り直す事にしました。
今度はもう少し丁寧に薄く仕上げる予定です。



もたもたしていたら、高台を削る時間がなくなってしまったので、家に持ち帰りじっくり続きを作る事にしました。
慌てない、慌てない。

今回はの陶芸同好会は、初っ端にランプシェードを割らしてしまったせいで、なんだか意気消沈の2日間となり、新たな作を作る気力がすっかり失せてしまいましたが、まあ長の月日にこんな事もありますよね。
くじけない、くじけない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 透かし彫りのランプシェード | トップ | coopとやま ふれあいサロン... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ2017」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL