とことこ話

思ったこと/気づいたこと テーマは決めず! ・・・・・・・ だけどほぼスポーツネタにいってしまいそう.....

侍ジャパン快勝の試合を見て...選手やベンチではなく「中継席」に注目させられました

2016年11月12日 | スポーツ

野球代表「侍ジャパン」のメキシコとの強化試合・2戦目をテレビ観戦しました。
埼玉西武ファンとしては、秋山くんの球に逆らわない「これぞ秋山バッティング」という、広角&インパクトスイングからの猛打賞・4打点(4打席連続打点)に溜息が出るほど感嘆したのを筆頭に...
■メキシコの投手陣、全員がいい球を持っているな・想像した以上にレベルが高いなと思ったり。
■慣れないサード守備だと「簡単な場面ほど力が入って固まってしまう」ものなんだな、山田哲人さんでも...それ考えるとちょっとだけ経験あったとはいえWBCでサードをしっかり守った片岡治大くんの度胸&技術って稀有だったのかもなと思ったり。
■大谷くんの足...盗塁・走塁面を見て改めてその「アスリートぶりは...究極やな」とある意味で呆れさせられたり。

そんな中、テレビ中継を見て個人的に一番に感じたのは...

「解説の古田さん...代表監督やりたそうやなぁ!」

という事でした。
選手それぞれのプレーぶり、姿勢や技術に対する解説が殆どだった古田さんではあるのですが、そんないつも通りのスタンスだったにも関わらず、昨日は古田さんの気持ち(称賛や期待や怒りなど)が相当に籠っているように感じました。
そしてそこから勝手ながら伝わってきた古田さんの気持ちは、

「侍ジャパンの監督、やってみたい。俺がやりたい」

というものでした。
あくまで私の想像(妄想)ではある訳ですが...
・・・いったんそう感じてしまった以降の私は...
・・・古田さんの解説コメント全てに対して...
・・・「ほら、やっぱり監督やりたそうやん」と感じてばかりで仕方なかった。(笑)

今の状態の古田さんにもし監督を任せてみたら。
古田さん、「競馬のゲートを飛び出した瞬間」のように解き放たれて、監督という仕事に邁進・没頭してチーム作りをして頂けるだろうけどなぁ...

そんな事を感じつつ見たメキシコ戦でした。


-------------------------------------
ブログランキング参加中
ポチッと一押しお願いします!
 ↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ アメフトへにほんブログ村
『野球』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高2 野球部長男の...「公... | トップ | 「岸孝之ロス」 と 「成長株... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (マーシー)
2016-11-17 15:58:41
通常使用だったのは、秋山と筒香くらいだったかなあw
ボールがどうのこうの言っていましたけど、それを抜かしてもシまらない試合内容でした。

ボールの件で見えてきたのは、日本の選手がどれだけいい環境で野球ができているのかということですね。ボールに当たりはずれがない、球場の整備もいつもきちんとしている。
他の国では、そういうことありえないから。

マエケンさんの解説はなかなか面白かったです。

さて、岸です。
やっぱり出ましたね。
生え抜きの西武だからこそ、わがままがきく「お姫さん」でいられたわけで、楽天が期待するほどの働きができるかどうか・・・。
本人にとって吉と出るか、凶と出るかは微妙なところだと思います。

一連の楽天の動きの中で、「監督」の梨田の「な」の字も出てきませんでしたね、すごく気になる。
お飾りの監督なのかしらね、
一斉にFA宣言しそうだった選手たちが、結局矛を収めたのも気になる。
どういう球団なんざんしょ?


マーシーさん (とことこ話)
2016-11-19 13:28:49
またもお返事出来ておりませんで申し訳ありません。

決まりましたね、「楽天の岸孝之」くん。
まぁ仕方ない。今シーズンの最終登板姿を見て、十分に覚悟は出来ていました。
個人的に寂しさは大きなものがありますが、それ以上に闘志というか若手投手陣の伸びに期待を寄せている今現在です。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

スポーツ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL