とことこ話

思ったこと/気づいたこと テーマは決めず! ・・・・・・・ だけどほぼスポーツネタにいってしまいそう.....

敗色も漂う接戦を大勝ゲームへと変貌させた「マジシャン」的ヒーロー二人

2017年04月24日 | スポーツ

埼玉西武ライオンズは北海道日本ハムを3タテスイープ。素晴らしい。
いったん逆転を許してからの再逆転勝利、最終的には12得点で圧勝スコアにはなりましたが、よくぞ踏ん張ったと思います。

--------------------------------------------
日ハム 011 010 000 =  3
西武  200 003 52X = 12
--------------------------------------------


■先発のウルフさん、今日はボールが浮き気味で本来のゴロアウトピッチングではありませんでした。高めに抜けたところを痛打を浴びる展開で、そこにエラーも重なるとどうしてもチーム雰囲気も高まらず。
■5回まで投げたウルフさんですが、その間ライオンズ打線も2回から5回まで4イニング連続三者凡退で。
■これは典型的な負けパターンなのかなと感じる展開でした。
--------------------------------------------
■そんな雰囲気を変えて、ある意味強引に「流れをライオンズ側に持ってきた」選手が二人登場!それは武隈くんと源田くんでした
■武隈くんはウルフさんの後を継いで6回表に登板。2三振を含め三者凡退斬り。力強く躍動するフォームと併せて、日ハム打線・ベンチを完全消化してしまった印象でした
■源田くんは、そんな武隈くんが作った糸口を受けて6回裏先頭打者として打席に入り、1塁方向へのプッシュバント安打。日ハム先発のメンドーサさんの心身共に楔(くさび)を打ち込んだ出塁劇でした。天晴れやなぁ。毎試合毎試合、「新たな仕事人ぶり」を見せてくれる源田くんって、本当にありがたい&楽しい
--------------------------------------------
■そんな風に、武隈くん・源田くん二人が作ったチームへの流れに、後続の選手たちが乗っかって。
■この6回はメヒアさんと外崎くんがそれぞれタイムリー。
■以降7回・8回には、おかわり中村くんの右中間タイムリー(=これで開幕17試合連続ヒット記録を継続)、田代くんの本塁打(=プロ初)、秋山くんの本塁打(=この日2本目)という、全てが何かしらの「メモリアル修飾フレーズ」がつくものばかりで...
■・・・これだとライオンズ一気に乗っていけるし、日ハムは意気消沈の沼にはまり込んで当たり前な訳で...
■という訳で、5回まで接戦・ライオンズにとって沈鬱雰囲気だった事が嘘のような大量得点差勝ちになったのもうなずけるなと思った私です。
--------------------------------------------


これで日ハムにこのカード3連勝。3試合合計で「得点は30・失点は4」という安心感溢れる3連戦でしたが。
今日の試合のように、「大差はついたが実は接戦だった」「勝利への流れを強引に持ってきた選手が居たからこその白星だった」という試合があった事を忘れないようにしたいと思いますし、選手達にはこの経験を今後の自信の糧にもして欲しいなと思った試合後でした。


-------------------------------------
ブログランキング参加中
ポチッと一押しお願いします!
 ↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへにほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ アメフトへにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

伝説のボクサー?のような勝ち方だった獅子軍団

2017年04月23日 | スポーツ

昨日土曜日(22日)は所用があって終日外出だった私。
埼玉西武ライオンズの試合は、深夜帰宅後にハイライト映像とプロ野球ニュースで振り返りました。

ライオンズ、北海道日本ハムに9-1で勝利とはナイスゲーム!
そして、

「野上くんナイスピッチング!」

7回を投げて被安打3。そして球数わずか91球とは天晴れ、存分の頼り甲斐を見せてくれました。
本当にひと皮むけて大人のプレーをするようになった今シーズンの野上くん。これまで好投するも打線の援護に恵まれない事が多かったのですが、これで2勝目。そして防御率は1.73。文句のつけようが無いローテーション投手の鏡となっています。ありがとう。

----------------------------------------------
■源田くん、ファンブルエラー記録が2つもありました。
■しかしそのエラーを打つ方でカバー、タイムリーを含むマルチ安打を放った事を始め
■2回表先頭のレアードさんのセンター前に抜けて当然の打球に対し、とんでも無く広い守備範囲を見せてアウト。ピンチを未然に防ぐファインプレーは、どれだけ野上くんを助けたことか
■まさに「仕事人」やなぁ、源田くん。ありがとう。ホント見ていて楽しいよ!
----------------------------------------------
■外崎くんも1安打と2四球で3度の出塁。下位打線の外崎くんが出塁する事で相手バッテリーに「何かやってきそうやな」という大きなプレッシャーになる事は想像に難くありませんし、それが打線の繋がりを生んでいるんだなと実感。ファンとしても、塁上に居る外崎くんの姿を見るだけで期待が溢れるもんなぁ。グッジョブ!
----------------------------------------------
■それにしても4回裏の一挙8得点はお見事。怒涛のような一気呵成雰囲気、凄いイニングでした。
■このイニング、5本のタイムリーが生まれた訳ですが、源田くんとメヒアさんの、内野の頭を超えてポテンと落とすタイムリー2本を経て、山川穂高くんの左中間深いところへドカンというスリーランは...
■・・・ボクシングに例えると「ボディーブローの連続で疲弊させて、仕上げに強烈右ストレート!」的なものかなぁと感じて...こんな攻撃受けたら、きっと具志堅用高さんでもダウンするわ(旧っ!)
----------------------------------------------

こんな繋がりのある攻撃、そして投打がかみ合った試合。ファンとしても非常に心地よさが残る試合後でした。
そして、こんな試合をこれからも沢山見たいですし、そんな期待をしてもいい今のライオンズだとも感じます。
これからも楽しみにしていますよ、頑張ってくださいライオンズの皆さん。


-------------------------------------
ブログランキング参加中
ポチッと一押しお願いします!
 ↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ アメフトへにほんブログ村
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

投打ともに「日ハムを初っ端から粉砕」した獅子軍団 (&FAショックの回避策)

2017年04月22日 | スポーツ

埼玉西武ライオンズは北海道日本ハムを迎えてのホーム3連戦。その初戦は9-0で大勝でした。
序盤から得点を重ね、最初から最後まで「ザ・安心感」という快勝ぶりだったと思います。
その試合に関して感想をつらつらとまとめます。


-----------------------------------------------------
■打つ方では、特に上位打線を中心にチーム11安打で大量9点。
■スタメン6人がヒットを記録、ヒットの無かった山川くんは2四球、外崎くんも1四球&1盗塁で日ハムバッテリーを苦しめる役割をしっかり果たしてくれてありがとう
(・・・スタメンで唯一出塁なしで蚊帳の外だった選手...打率も .135の選手が、開幕15試合目になってもまーだスタメンに名を連ねこの日もフル出場で唖然としますが...)
-----------------------------------------------------
■浅村くんがマルチ安打(打点も)を含め4度の出塁。「浅村カラー」が完全に定着した感があります。ありがとう。
■おかわり中村くんも開幕からの連続試合ヒット継続中で、2試合連続の5号ホームラン。「おかわりカラー」である高く舞い上がる放物線弾道で、今日もファンに幸福感を与えてくれました。ありがとう。
-----------------------------------------------------
■そしてやはりこの試合は、秋山くん・源田くんの1・2番コンビ。
■秋山くんの、逆方向への先頭打者本塁打はお見事。おまけに6回裏には強烈に引っ張っての2本目本塁打とは。打撃職人、完全復調ですね、良かった。
■源田くんは初回、秋山くんのホームラン直後にヒット出塁。そして盗塁&悪送球で一気に無死3塁というチャンスを一人で創出。この効果は絶大でした。
■日ハム先発上沢くんが初回だけで41球を費やし、4回途中降板するまでに6四死球を与えまくるという大荒れピッチングだった要因に、源田くんのこの初回の暴れっぷりがあったのは間違いないと思います。
■4回にも上沢くんからライトフェンス直撃の痛烈タイムリー3塁打を放った源田くん。結果的に最初から最後まで上沢くん粉砕のキーマンとなった格好で天晴れ過ぎる。
-----------------------------------------------------
■そして、何と言っても今日の試合は...
■先発の菊池雄星くん。四球もわずか2、12奪三振での1安打完封、しかもその1本は初回先頭の西川くんに打たれたっきりという「準・ノーヒットノーラン」は天晴れ過ぎる。4年ぶりの完封、おめでとう & ありがとう。
■最終回も投げきる菊池雄星くんの姿を見て、こりゃ沢村賞もターゲットに出来るなとも感じるものがありましたが...
■・・・私が「雄星、これで一層調子に乗って『メジャー行く!』って大っぴらに言い始めて、シーズン終了後に出て行っちゃうんじゃないの?」と言ったところ、我が家の高3の長男(野球部)が...

「それでいいよ、(国内)他球団行かれるより全然いいもん」
「牧田もメジャー行きたいって言ったら、球団は全面支援してさ...」
「・・・西武が球団として国内他球団へのFA移籍を阻止するには...そんな方法しか無いよ」

長男の考えるこんな「ライオンズ選手FA流出ショックの削減策」は...古くは細川さん、そして片岡さん・涌井さん・岸さんのFA流出劇を見た経験則から培われたもののようです。(・・・なんだかちょっと不憫やな(笑))


-------------------------------------
ブログランキング参加中
ポチッと一押しお願いします!
 ↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ アメフトへにほんブログ村
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

今のうちに動いておかないと、ライオンズの辻監督さん!...と感じます

2017年04月21日 | スポーツ

今日は試合が無かった埼玉西武ライオンズ。
明日からの、北海道日本ハムをメットライフドームへ迎えての3連戦を控え、今日は野手陣の一軍抹消情報が見られると信じ込んでいたのですが...皆無。誰も抹消しないとは。

負ける試合は打てない・勝つ試合も「打線がぶつ切れ状態ながら何とか失点を上回る事が出来た」という状態だと、課題は打線なんだという事は明らかだと思うのですが。
まさかとは思いますが、怪我人も多くてイースタンゲームでの選手起用も苦労しているから一軍へ選手を上げられないとかいう考えがあるのでしょうか?
・・・だったら、一軍で「健康で仕方ないけど、開幕から結果が全く出せなかった」選手にイースタンの試合を託せばいいじゃん、とも言えるのに。

流石に今日の「抹消は無し」の状況は想像もしていなかったです。
そんな面では「動かざる事山の如し」という辻監督。
試合での策の講じ方や選手に対するコミュニケーションの取り方には辻監督オリジナリティーを感じる今シーズン開幕以降ではありますが、一二軍の入れ替え面では(余り動く事を好まなかった)田辺前監督以上に硬直=頑固だなという印象もあります。

現在のライオンズがそこそこ調子が良く・勝ち星も稼いでいるので目立ちはしませんが、そうこうしているうちに連敗街道がちょっとでも見られた際には、この辻監督の硬直路線がいきなりクローズアップされてしまいますよ。

チーム状態が何とか見られる結果を出しているうちに、策は先手先手で打つ・前もっての対処を行っておかないと、先々「後悔してもしきれない」という事態を招きかねないという不安が拭いきれないワタクシです。


-------------------------------------
ブログランキング参加中
ポチッと一押しお願いします!
 ↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ アメフトへにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高校野球部生活も、あと3ヶ月をきって...存分に青春を味わってくれ!

2017年04月21日 | Family ■高校野球

高校3年生になった我が家の長男。
いよいよ受験本番の大切な大切な1年間を迎えた訳ですが、それと共に野球部生活もラストイヤー、というかあと3ヶ月しか無いという事で、「野球をしている息子を見つめるのもあと僅か」という私の寂しさは置いといて、本人はまずは野球に燃え尽きようという気持ちが表れて部活に没頭しています。
親としては...そんな息子を素直に応援しようと思っています。

今日のブログでは、そんな息子のこの春以降の野球部生活姿をちょっとだけご報告という事で。

4月になって高校1年生の新入部員も入って、野球部は活気が溢れています。
それほど大勢が居る野球部では無いのですが、これで約30名体勢となって。紅白戦も存分に組める事が、私としても「今の少子化時代・野球部志望選手の減少時代」にも関わらず有り難いなぁ、長男はいい環境にいるなぁと思ってもいます。

そんな長男野球部。3月以降の週末は練習試合三昧。毎週のように相手校を招いて・相手校へ行っての練習試合を繰り返しています。
そして私と妻もそんな試合を毎度観戦に行って楽しませて貰っています。(息子やチームメイトの野球姿を目に焼き付けるように没頭して(笑))


捕手としては、長男なりに「集大成」っぽくなってきたと思います。
1年前までの「パスボールを心配しつつ試合を見守る」気持ちは私も無くなっていて、実際にこの春以降は、パスボールは皆無だし、ワンバウンド投球を逸らした&ランナーに進塁を許すという「記録上は暴投」も、15試合で3度ほどしか無く、見ている立場の私としても安心して試合観戦出来ています。
そして何より。
持ち味である「練習では全ての投手のブルペン捕手を毎日務める」事で培った投手陣とのコミュニケーションが試合でも如何なく発揮されているようで、それぞれの投手を気分よく投げさせる&相手打者を翻弄するリードを実践する事でチーム貢献に勤しむ姿が毎試合見られていて...「考えて考えて事前準備して、そして試合に没頭しているんだな」と思えて、それが私は一番に嬉しかったりします。


一方の打撃面では。
昨年春から秋にかけてのチーム首位打者争い・チーム最高出塁率を誇った長男も、この春以降は不調で。
なかなか打球が上がらず、その焦りからか引っ掛ける内野ゴロも多くて、今年最初の対外試合以降数試合で打率は2割弱からのスタートとなりました。
そんな絶不調時期以降、本人が自分自身の立て直しを図るべく、我が家での夕食時などに「今日のシート打撃ではしっかり叩いてライナー打球を続けて打てたよ」「昨日の練習試合は、ヒット打てなかったけど2打席目と3打席目でしっかり逆方向のライトへ打てたからこのバッティングを続けていきたいよ」等と、自分の目指すべき方向を見失わない様に自らコメントを発していました。

そして3月末あたりから徐々に回復して結果も出るようになってきた長男。
練習試合ごとに、センター返しのヒットが生まれ始め、その後マルチ安打試合もなんとか生まれ、打率も2割台に乗り・2割台後半に徐々にアップさせ、その間打ち気に逸らず、一番打者として我慢して四球を選ぶ機会も急増、「打率より2割強も上の出塁率」という数値でチーム貢献を怠らずという踏ん張りの時期を過ごしてきました。

そして先々週には今年初の猛打賞&3盗塁という「走る事でリズムを掴んだ」試合を経て...
・・・先週の試合では、初回先頭打者としてのセンター返しヒットに始まり、ツーベース2本を含む4安打2盗塁、犠牲フライと併せて4打点という「久々の大爆発ぶり」を見せる事が出来て。
これで打率も3割台後半(=出塁率は5割弱)にまで上昇して、ようやく昨年秋までの定位置に近いところまで戻してきました。
これで過信をする事は有り得ない性格の長男なのですが、少なくとも「自分の居るべき場所(ランク)に戻ってきた」と感じる事は大事だと思います。そういう自信を持ってこれから先3ヶ月間を過ごして欲しいな。


という訳で。
長男の野球部生活もあと3ヶ月を残すのみ。
今年正月からコンタクトレンズにしていますので、中学野球部時代以来の「眼鏡ではない野球部姿の長男」を久々に見ています。
そんな野球部姿も、7月の夏の大会が最後。
その大会に向けて行われる対外練習試合も、ダブルヘッダーを含めてもあと20試合ほどしか無い。

いよいよカウントダウンが始まったな、と早くも感慨に耽ってしまうのは親だけですが。(笑)
息子にはとにかく最後の夏に向けて、毎日の練習に、そして練習試合1試合1試合に没頭してくれればそれでいい。
これでもかっ!と青春を感じる時期を過ごして欲しいと思っています、


-------------------------------------
ブログランキング参加中
ポチッと一押しお願いします!
 ↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ アメフトへにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サヨナラ勝ちは、全員野球の賜物!(・・・但し残念な一部選手を除いて)

2017年04月20日 | スポーツ

埼玉西武ライオンズは首位・東北楽天を迎えてのホームゲーム2連戦。
その2試合目を延長12回の末、5-4のサヨナラ勝ちで1勝1敗のタイで終える事が出来ました。

-----------------------------------------------------
楽天 110 010 100 000  = 4
西武 000 002 020 001X = 5
-----------------------------------------------------

よく勝ったな、勝てたなと思います。よく踏ん張ったな。
3点ビハインドを負っての展開、しかも楽天・先発の則本くんからよくぞ終盤に追いついたと思いますし、一部選手を除いての「全員野球」「出来る事を全うする」プレーと気持ちが表れての勝利だったと思います。
そんな試合を見ての感想=全員の意思統一具合が見られて良かったなと思う部分、感想をダイジェスト的にまとめたいと思いますが...
・・・そんなダイジェスト感想の後に...
・・・今日は「毒を吐く」内容があります。個人的に我慢ならない事も見えた試合でもあるので、そんな内容がお嫌いな方は、ダイジェスト感想より後ろの部分は読まないで頂きたいと思います。


【ダイジェスト感想】
--------------------------------------------
■今日の逆転勝利。その立役者は多く居ると思いますが、個人的に筆頭レベルで挙げたいのは、シュリッターさん
■前の回に4点目を奪われ、チームが流れを掴めないまま迎えた2点ビハインドの8回表に登板して、わずか11球で三者凡退。これで楽天の流れをシャットアウト、その効果は絶大だと思いました
■それに続くリリーフ陣が安心投球ぶりだったのは、増田くん・牧田くん・武隈くんの実力あってこそですが、シュリッターさんが劣勢展開の中でいきなり作った流れの効果もあったと思います
--------------------------------------------
■特に楽天最後の攻撃=12回御表を完璧に抑え込んだ武隈くん、2三振を含め10球で三者凡退。躍動して力感溢れるフォームと強い表情が格好良すぎ!(身震いしちゃうほど)
--------------------------------------------
■おかわり中村くんが6回裏に追撃となるソロホームランを打ちましたが、これがもう如何にも「おかわり中村くんらしい」とんでもない飛距離 & 美しい放物線」で
■単に追撃の1得点に留まらず、チームを・スタンドのファンを・ついでに言えばお茶の間のファンの気持ちと雰囲気を一気に変えて最高潮に持って行く、おかわり中村くんでしか出来ない弾道で...
■・・・「やはり中村剛也は日本一のホームランアーチストだな」と再確認しました。(併せて最敬礼も)
--------------------------------------------
■秋山くんがようやく「定位置である」猛打賞復帰。やはり逆方向への強い打球という持ち味、素晴らしいな
■サヨナラのホームを踏む事になった、12回裏先頭打者としてのヒットは。打球に秋山くんの気持ちが籠っていて、だからこそ詰まりながらもショート茂木くんの懸命なジャンプの頭を超えたものだと思います
--------------------------------------------
■そんな「気持ちの籠り方」はメヒアさんも同様。8回裏の強烈打球からの楽天サードのウィーラーさんのエラーを誘った打球とその後の全力疾走には涙が出そうになりましたし...そして1塁ベースを駆け抜けた直後のメヒアさんのガッツポーズ&飛び跳ねての喜びようは、チームを一体にさせてくれました。ありがとう!
(・・・実況アナウンサーが「珍しくメヒアが興奮しています」と言っていましたが...これがメヒアさんの持ち味でっせ!と訂正したくなったライオンズファンが大勢居た筈(笑))
--------------------------------------------
■サヨナラヒットの浅村くん。最後の一球時点で、完璧に「予感がしていた」私&我が家でした
■今日も猛打賞、特に試合後半の「肝の場面」になればなる程、打席で存在感を増す浅村くんは凄い
■サヨナラの打席では、ツーストライク目を「途轍もない力一杯の空振り」で、これを見た瞬間に、これこそが浅村くんの持ち味だ・追い込まれたから次は間違いなく右方向を狙ってフルスイングしてくれるぞ!しかもフルカウントになって一気に秋山くん本塁に帰って来れるぞ!と、この時点で既に確信した我が家でした
■我が家の高3の野球部長男は、試合後に「今日も浅村は、綺麗に左・中・右に打ち分けていて...凄く頭がいいよね」と絶賛というか感じ入っていました
■本能だけで打つのではなく、場面ごとに試合全体を見渡して必要とされるバッティングを考えて実践出来るなんて...これぞ一流選手だと思います。素晴らしいなぁ
--------------------------------------------


という訳で、選手・ベンチが一体となって、延長最後から「逆算したかのような」勝利を掴んだライオンズ。
皆さん、ありがとうございました。素晴らしい勝ちゲームだったと思います。
首位楽天に1勝1敗は上出来というか...いや、2試合目を全員野球で勝った、しかもサヨナラでという面は、タイ以上の効果を今後に向けて生んだと思います。
皆さん天晴れ!有難うございました。


さて。
ここで今日のブログは終わりにしてもいい、というかその方がいいのかもしれませんが。ちょっとと言うか、もう我慢できないので...
・・・冒頭で書いた通り、今日は「毒を吐く」内容も書いておきたいなという事で。
ここから先は、かなりの毒がありますので、今日の試合に関して、サヨナラ勝ちのいい気分・余韻だけを記憶にとどめたい方は読まれない方がいいと思います。


・・
・・
・・・

「木村くん、君は一体何やねん!?」

という事です。
開幕から成績も上がらず、チーム攻撃のピースにもならずで一体何を考えて毎日試合に臨んでいるんだろう?
相変わらずの「初球にストレートが来る!と信じ込んで打席に入る」「あげく無様に空振りシーンを見せる」という姿に辟易としてしまうし。追い込まれたら破れかぶれスイングしか出来ないし。
大事な場面での送りバントも「転がす事さえ出来ない」という無様ぶりだし。
その部分だけでも普通のプロ野球選手の標準レベルで出来ていれば・サイン通りに出来ていれば、こんな混戦・延長12回まで長引く事は無かったんじゃないの?
試合後の辻監督のインタビューを聞いても、サヨナラ勝ちした喜びは皆無の疲れた表情のみで、「課題は多い」というコメントになった筆頭には、木村くんを信じて起用し続けたけど「何やらせても全く開花する姿が無い」というものがあったと思うよ。
これで打率 .146。こんな成績で開幕からほぼほぼフル出場させて貰っているなんて稀有・有り得ない事だと思うんだけど、本人は一体どう考えているんだろう?(・・・それとも何も感じていないのかな?)
辻監督がここまで起用に拘る陰には、

「ここまで引っ張った上で、こんな打撃成績のまま二軍に落としたら」
「そのまま木村は戦力外への道になってしまう」

という温情があるとしか思えないのですが、当の木村くんがそんな監督の思いを感じていないというか理解する頭も無い姿=打席ぶり・相手バッテリーに手玉に取られぶりだと、見ているファンの立場としても、何の希望も沸かない。
当たれば飛ぶ!だって「カルロス」だもん!という長距離砲の期待感を、チームからも・ファンからもかけられ続けてここまで来た木村くんですが、「当たりそうな頭脳ではない」という事は、今シーズン開幕からのフル出場チャンスを全く無駄にする毎試合を過ごす姿を見て明らかなので。
もういいでしょう。14試合もほぼほぼフル出場チャンスを貰っていながら、上向き方向のかけらも見せられないんだから。

いい加減に欠場させないと、チームが(特に二軍に居る外野陣が)腐ってしまってチーム崩壊しちゃうよ!
サヨナラ勝利直後のインタビューで見せた辻監督の苦悩すぎる表情を見て、いよいよ引導を渡すべきタイミングだと監督自身も考えているのかな、それも当然だなと思っています。


-------------------------------------
ブログランキング参加中
ポチッと一押しお願いします!
 ↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ アメフトへにほんブログ村
コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

ライオンズが「相手にホッとさせる」オーダーを組んだ時点で、勝利はいきなり厳しくなる

2017年04月19日 | スポーツ

埼玉西武ライオンズは今日から東北楽天との3連戦。
その初戦は0-2で完封負けでした。

ライオンズ先発の高橋光成くんが7回を投げて8安打を打たれるも踏ん張りを見せて2失点とQS達成したものの...
・・・いかんせん打てなかった。
楽天先発の辛島くんのナイスピッチングが目立った訳ですが、それと共に嶋くんとのバッテリーに翻弄もされた印象です。秋山くんの3三振の姿に代表されるように、これはもう「完膚なきまでにやられた」と感じる試合後でした。

なんだか今のライオンズは。
概して投打がかみ合って勝てはするものの、負ける試合は「投手を見殺し」というスタイルなんだなぁ。残念。
こんな負け試合を今後減らしていかねばなりません。いくら相手投手・相手バッテリーが良くても、そこを何とか勝ち展開に持っていけるようにならねば。
そんな面では、打線に「ムードを変える起爆剤の役割を担える選手」が必要だと感じると共に、「打線をきってしまう=相手から安パイと見られる選手」がオーダーに並んじゃいけないよなぁと思います。
つまり、木村くん・斉藤くんという「打率1割台の7・8番」の部分は、相手チームに息をつかせてホッとさせる要素になっているんじゃないかなと感じた今日の試合でした。
(・・・この打順に巡ってきたら、見ているだけの一ライオンズファンとしても「このイニングは無理やな」と思ってしまうレベル...)

明日以降。
せめて「相手をホッとさせる」打順は回避せねば。そうしないと、試合前から相手チームに大きなアドバンテージを与えている事になって、勝ち展開に持って行く事が非常に困難になりまっせ。

相手が「シメシメ」と喜びそうな打者はなるだけ登場回避を。
せめて、そんな打者が「続けて打席に入る」というオーダーだけは組まないようにしてくれないと、勝利のきっかけを掴み損ねる毎試合になりまっせ。


-------------------------------------
ブログランキング参加中
ポチッと一押しお願いします!
 ↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ アメフトへにほんブログ村
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

明日の高橋光成くんは...「大地が生み出したヒーロー」になる予感

2017年04月18日 | スポーツ

今日はプロ野球が無かった月曜日でした。
そして明日から埼玉西武ライオンズは首位・東北楽天を迎えてのホーム3連戦。その初戦は、メットライフドームではなく県営大宮球場で行われます。

この県営大宮球場を個人的な印象でまとめると、「テレビ中継ではかなりローカルな球場に見える」というものがあります。それが黒い土のせいなのか、それとも、その黒土とあいまって少々暗く感じて・グランドの場所によって明暗が異なるように見えてしまう照明のせいなのかは分かりませんが。更にそのせいか、やたら球場全体が広く感じたり。
・・・という、かなり独特な球場です。
そして心配なのは荒天の際の強風ですが、それも明日は大丈夫そうです。良かった。

そんな明日の県営大宮で先発するのは高橋光成くん。うん、彼なら大丈夫。きっとこの球場を味方につけてくれる。だって...
・・・彼自身が高校時代ローカルな球場で野球をやっていたから!(・・・という根拠薄な素人ファンの自信(笑))
おそらく同じ北関東なので、群馬(前橋)の球場と同じ匂いがする筈。所謂、

「幼い頃から馴染んで・身体に染みついているんだよなぁ、関東ローム層ってさ」

的に、「ここは我が家の庭」的な面持ちと気持ちでマウンドに立ってくれるんじゃないかな?
(一方の東北楽天先発の辛島くんは、砂浜も白い九州・福岡出身なので、この真っ黒い土の色には馴染みが無い筈!(・・・本当か?&そんな事が苦手な大人の野球選手って居るのか?は置いといて...(笑)))


という訳で、明日の高橋光成くんのピッチングに期待している私。
そして、きっと大丈夫だろうという妙な自信もあるワタクシです。
頑張れ、高橋光成くん。関東ローム層が生み出したヒーローになっちゃえ!(・・・何のこっちゃ!?)


-------------------------------------
ブログランキング参加中
ポチッと一押しお願いします!
 ↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ アメフトへにほんブログ村
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「ある意味で唯我独尊のウルフさん」&「偉大な打者へ確実に変貌過程の浅村くん」に引っ張られて

2017年04月17日 | スポーツ

埼玉西武ライオンズは千葉ロッテとの3連戦。その最後は10-2で圧勝、カード勝ち越しを決める事が出来ました。
前回ブログでも書いたように、「野上くんを見殺しにした打線」が当然のように奮起した試合。これは野上くんの昨日の好投がもたらしたものと思いいます。改めて野上くん、ありがとう。

打線が爆発した要因には、その野上くんと共に今日の先発のウルフさんの安定感溢れる好投があったからこそと思います。
6回を投げて球数わずか82球、被安打4で与四死球はゼロ。18個のアウトのうち内野ゴロが12とは...
・・・本当にウルフさんのゴロゴロピッチングが心地いい
・・・毎度毎度のこんなピッチングに内野陣がいそいそと動き回る・働きまくる姿って...なんだかいいよなぁ。(・・・特に源田くん、6回までに6つのゴロ処理で休む間なし...君の好調の源はウルフさんやな!(笑))


打つ方では。
源田くん・メヒアさん・炭谷銀仁朗くんの3人が3安打猛打賞。凄い。
山川穂高くんがでっかいホームランで貴重な追加点を挙げると共に、3四球で4度の出塁。凄い。
そして...
浅村くんがオール打点つきの4安打猛打賞、5打点。四球1個を加えて5度の出塁とは。どんだけ~?
これで打率も .434までアップして首位打者の日ハム・近藤くんに1厘差。右へ左へ、そしてセンターへと素直に本能的に打ち分ける姿に、投球にも配球にもヤマを張らない、云わば

「無の境地」

を感じてしまう。
本当の意味での「偉大な打者」へとしっかりと歩みを始めたかも知れない浅村くんに引っ張ってもらい & 乗せられて、獅子軍団全員で今より高いレベルへと各々歩んで行きましょう。

これはいいぞ、今のチーム雰囲気はいいぞ!...という事で。


-------------------------------------
ブログランキング参加中
ポチッと一押しお願いします!
 ↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ アメフトへにほんブログ村
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

「敗戦ゲームでも、チームにいい回転を生む」という使命を果たした野上くん

2017年04月16日 | スポーツ

ライオンズの試合の話しの前に。
オリックスの中島宏之くんが絶好調。今日も4安打で打率はリーグ5位の .362。そして今日の第2打席で放ったライトへのホームランは、「胸筋をフルに使って逆方向へぶっ放す」という、嘗てライオンズ時代に良く見た姿で...
・・・懐かしい...
・・・既視感(デジャブ)というか、5年ほどタイムスリップした感じで...
・・・中島宏之くんが中島裕之くんに戻ったような...
なんだか嬉しかったです & 個人的に「遠い目」になっちゃったな(笑)


さて。
本題のライオンズの話題に戻ります。
今日の私は、所用があって終日外出でした。
そのため、埼玉西武ライオンズの試合は、TV観戦は勿論、スマホでのJCOMオンデマンド観戦もする余裕が無く、帰宅後に録画で見たのみなのですが、残念ながら千葉ロッテに0-1の最少得点ゲームで負けてしまいました。残念。

それにしてもZOZOマリンの強風、特徴とは言え今日はその最たるものでした。「フライが上がるとドキドキ」なレベルですが、もっと言えば「立っているだけで大変」そう。
そんな中で、両チーム投手よく頑張ったと思います。

千葉ロッテ先発の涌井くん、7回を投げて116球4安打1四球で無失点。ライオンズの打者が、涌井くんのコーナー一杯を突くストレートに押され、そして「時折り抜け気味に来る変化球」に幻惑されて封じ込められた印象です。そんな面では、マウンド/ホームベース間の風も利用しているかのような涌井くんの円熟味を感じるピッチングに完全にやられてしまったかなと感じました。

一方のライオンズ先発野上くんも好投、というか8回完投3安打1死球で球数はわずか92球。1イニング平均11球という、内容的には圧巻と言う他ありません。
4回にこの試合唯一の連打で1失点をしましたが、それを決勝点にしてしまったのは、今日のピッチング内容を振り返っても勿体ないというか...白星を得て然るべきな内容だっただけに...
・・・残念 or よくやった or 偉い or ごめんな or 素晴らしい or 格好よかったよ...などいろんな気持ちが入り混じってしまう。
いずれにしても、今日の敗戦はライオンズファンとして悔しい訳ですが、野上くんのお蔭で明日以降に向けて希望の光は灯し続けてくれたなと思いますし、そんな面では先発投手としての重要な役割・ミッションを完遂してくれたと思っています。

試合後に辻監督が野上くんを援護できなかった事について、「野手としてはこういう事もある」というコメントでしたが、その裏には野上くんに対する信頼感・高く評価する気持ちもはっきり見えています。

繰り返しになりますが。
試合には勝てなかったけど、淡々・飄々とゲームメイクをして、これから先の闘いに向けてチームに自信を与えた野上くんは、今日の登板における使命を十二分に果たしたと思っているワタクシです。
野上くん、ナイスピッチング有難う!
そのピッチング内容とマウンド姿を、明日は先発・ウルフさんと野手陣が意気に感じてしっかりとゲームに活かしてくれる筈。
即ち、「敗戦ゲームを無駄にしない」「敗戦の中から、チームにいい回転が生じる」という、今年の埼玉西武ライオンズスタイルなんじゃないかな?
そんな希望を託して明日の試合を楽しみにしたいぞと思っているワタクシです。


-------------------------------------
ブログランキング参加中
ポチッと一押しお願いします!
 ↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ アメフトへにほんブログ村
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加