満飛のお仕事日記

総務・経理系のブログ

平成30年からの配偶者控除

2017-07-11 13:49:32 | 税法
平成30年から所得税の配偶者控除の制度が変わります。
変更点

(1)所得1,000万円超(給与収入1220万円超)の場合は、配偶者控除の制度はなくなった。
(2)所得900万円超(給与収入1,120万円)の場合は、配偶者控除といえども定額ではなくなった。
  所得900万円超~950万円:26万円
  所得950万円超~1,000万円:13万円

(3)配偶者特別控除の金額が拡充された。
  満額の配偶者特別控除を受けるための配偶者の所得は、40万円未満→85万円以下に改正


(4)毎月の給与の源泉所得税:扶養の数
  扶養の数を1とする新概念
  ①源泉控除対象配偶者
  (所得税法33条の4)
  三十三の四 居住者(合計所得金額が九百万円以下であるものに限る。)の配偶者でその居住者と生計
  を一にするもの(青色事業専従者等を除く。)のうち、合計所得金額が八十五万円以下である者をいう。


  ②同一生計配偶者(給与所得者の所得制限はなし)
   (所得税法33条)
   三十三 同一生計配偶者 居住者の配偶者でその居住者と生計を一にするもの(青色事業専従者等を
   除く)のうち、合計所得金額が三十八万円以下である者をいう。
   (所得税法79条2項)
   2 居住者の同一生計配偶者又は扶養親族が障害者である場合には、その居住者のその年分の総所得
   金額、退職所得金額又は山林所得金額から、その障害者一人につき二十七万円(その者が特別障害者
   である場合には、四十万円)を控除する。

  
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 無期転換の申込についての注... | トップ |   
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。