過労死予備群の「食から笑顔になる生活」

夜討ち朝駆けで仕事する日々。忙しくとも自分なりの手間をかけて、美味しく笑顔になる生活を志します。

うまトマ&ポテトを弁当にイン♪

2017-06-27 17:40:00 | 美味しい食
小雨の狭間に陽がのぞく、落ち着かない天気が続いています。手早く作りながらも、きちんと火をいれた、しっかり味の弁当にしました。



○玄米ごはん
○ゆかりひじき(山口県)
○シャウエッセン、マスタード焼き
○うまトマ&ポテト →作る★
○豆腐と椎茸、粒コーンの味噌汁(昆布出汁に白味噌)
○保冷剤替わりの凍結麦茶



■うまトマ&ポテト
小さなおかず用に、国産の冷凍スティックポテトを用意してあるお宅は、多いことでしょう。
必要分だけ取り出して、揚げても、焼いても、レンジ加熱しても使える、便利小物です。
今朝の時短作戦では、冷凍ポテトとうまソースを使って、ちゃちゃっ(笑)といきました。

[材料]二人分の弁当おかず
冷凍スティックポテト 20本
プチトマト 6粒 →竹串をさして破裂を防ぐ
アスパラガス 細め4本 →3cm長に切り分ける
オリーブ油 大さじ1
粗びきガーリック 1ふり
ブルドック、うまソース トマト・タイプ 大さじ1
胡椒 適量

[作る]
1)冷凍スティックポテトを平らに拡げて、レンジ加熱、半解凍する(商品取説に従う)。
2)フライパンに、オリーブ油、粗びきガーリックを温め、アスパラガスとトマトを炒める。
3)アスパラガスに火が通ったら、スティックポテトを加えて炒める。
うまソース トマト・タイプを加えて絡める。胡椒を、がりがりひく。

★小さい人には、うまソースに蜂蜜を足して和えて、胡椒を省いてください。

【レシピブログの「うまソースを使ったお酒にもぴったりなおかずレシピ」モニター参加中】
うまソースを使った料理レシピ
うまソースを使った料理レシピ



二つの食の選手権に参加しています。一日一回、クリック応援していただくと、更新の励みになります。ありがとうございます。
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
グルメブログ 今日食べたものへ">
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

うまトマ肉を富士山盛りに(笑) 豆腐素麺でサラダ仕立て

2017-06-26 22:31:00 | 美味しい食
こってり肉うどんに見せて、実は豆腐素麺を使ったサラダ仕立てです(笑)。夜食に罪悪感なく、召し上がれ。



■うまトマ肉を富士山盛りに、豆腐素麺でサラダ仕立て
○豆腐素麺
○うまトマ肉=トマト風味のこく旨煮した豚肉 →作る★
○豆もやし、ピリ辛酢漬け
○海草
○天に山葵

豆腐素麺がちょびっとしか見えません!(笑)
トマト風味のこく旨煮した豚肉を、もやしや海草に支えさせて、富士山のように、こんもり盛りました。肉増し増し!(笑)
さっくり絡めて、召し上がれ。



豚肉をトマト風味のこく旨に、あまじょっぱく煮るのは、手間要らず。うまソース トマト・タイプを使いました。

■うまトマ肉
[材料]作りやすい分量として
豚ロース肉 100g →ひと口大に薄切りする
すりおろし生姜 大さじ1
日本酒 大さじ2
○ブルドック うまソース トマト・タイプ 大さじ2
○オイスターソース 小さじ1

[作る]
1)すりおろし生姜を日本酒でのばし、ジップロック袋にいれて、豚肉にもみ混む。脱気して30分、冷蔵庫におく。
2)○を混ぜ合わせておく。
3)マーブルコート・フライパンに豚肉を拡げ入れ、さっと炒める。混ぜた調味料(2|)を加えて、絡め炒める。
4)室温に冷まして、盛り込みする。

【レシピブログの「うまソースを使ったお酒にもぴったりなおかずレシピ」モニター参加中】
うまソースを使った料理レシピ
うまソースを使った料理レシピ



二つの食の選手権に参加しています。一日一回、クリック応援していただくと、更新の励みになります。ありがとうございます。
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
グルメブログ 今日食べたものへ">
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ちょい おすまし!普段ごはん(笑)

2017-06-25 14:14:00 | 美味しい食


休日ランチ、あるもんで(笑)。
○蛋炒飯 (卵と葱、胡麻油)
○山椒風味の鶏から、紫蘇
○赤いスムージィ →作る★

[作る] ミキサーに、赤ぶどう、りんご、少しの水と氷、レモン果汁をあわせて粉砕撹拌する。赤紫蘇ジュースを加えて整える。



気に入りのファイヤーキングに盛るだけで、炒飯と鶏からが、ちょい おすまし!に決まる、ありがたさ(笑)。
撮影後、紫蘇の半分はちぎって、蛋炒飯に混ぜ混むように、召し上がれ。爽やかさプラス!


二つの食の選手権に参加しています。一日一回、クリック応援していただくと、更新の励みになります。ありがとうございます。
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
グルメブログ 今日食べたものへ">
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

昭和の居酒屋は力強い 3:お煮付と焼き結び

2017-06-25 12:08:00 | 美味しい食
若手は様々に注文を重ねているのを、嬉しく見ながら。杯を重ねて。
私の〆には、やはりお煮付とお結びかと思いました。かまの煮付も出来るよっと言われましたが、それは若手にお任せしました(笑)。



■きんき煮付
わぁあ…煮奴も一緒に。沢山お上がりって言葉が聞こえるようでした(微笑)。
あまじょっぱい味をまとった白身は、あくまで優しい。晩酌にも、ご飯のおかずにもなる工夫がいきていました。

飯屋ではなくて、居酒屋だから。定食に仕立てる、ご飯や汁物はおかない。しっかりと住み分けた、昭和の生真面目さは、健在でした(ニッコリ)。お酒を飲む大人の場所。
言い換えれば、こどもがお酒をのむ大人を見るのは、晩酌のお父さんか、親戚が集まる席だけのことだった。昭和は、大人と子供にはっきり境があった時代だったのだと、思い返したのでした。

揚物からは蔵の師魂 (鹿児島、米焼酎)をロックで合わせました。実直どうしの組み合わせは、日本の食らしくまとまりました。
昭和の時代に、遠方地の手のかかった焼酎を取り寄せるのは難しかったろう…。その意味で、物流の発達は、選択肢を豊かにしてくれたと思います。東でも、焼酎の立場はかわったと思います(ニッコリ)。


■焼きお結び、沢庵
写真をとる前に、お皿を手渡してしまったようです。かしっと焼かれた、醤油の焦げ香が懐かしい、大きなお結びでした。

お酒のあてであっても、ひもじくないように。おなかを満たす、一皿ごとに実直さがあって。
昭和の料理屋の上等料理をみるような。心を温める実直な料理をみた気持ちになりました。
昭和の居酒屋は力強いって、頼もしく思った夜でした。こういう仕事の仕方を、若手にもおいていきたいと思った夜でした。(ニッコリ)


二つの食の選手権に参加しています。一日一回、クリック応援していただくと、更新の励みになります。ありがとうございます。
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
グルメブログ 今日食べたものへ">
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

昭和の居酒屋は力強い 2:揚げ物も喜ばれて

2017-06-25 11:04:32 | 美味しい食
お魚が主の居酒屋でも、とんかつやエビフライを筆頭に、お肉や揚げ物メニューが一頁ばかり並んでいました。ご馳走の扱いかしらん(ニッコリ)。
白の大皿の半分に千切りキャベツを盛って、どんっと置かれるとんかつ。人様に運ばれるお皿を、何だか嬉しく見送りました(ニッコリ)。



■牛すねの胡麻揚げ
どすっとマヨネーズが添えてあって(笑)。紫蘇に加えて、ベビーリーフは今時です(笑)。
香ばしい、胡麻衣! あむっと噛むと、ザクッ…そしてジュワッ。
へぇぇ~、すね肉を煮込んだものを、揚げている。手間をかけて、美味しくした時代の料理なんだって、なんとも嬉しくなります。
あんな小さな厨房で、これだけのことを少人数でこなしていく。まるで、熱心な家庭料理のようです。実直で、お腹が一杯になるようにって、頑張る、割烹着姿がみえるようです……。



■とうもろこしのかき揚げ
■明日葉のお浸し

ホォっ。これは今の工夫です。衣にコーンミールを加えて、ぱしっと弾ける力を協調しています。
確かに。人参のかき揚げにコーンが入った家庭のかき揚げは、衣もったりで、苦手でした(笑)。
ちゃんと今時に負けていない工夫を、愛しく思ったのでした。

くすくす…。お浸しって、束感のある盛り付けに、掻き立ての花かつををかけてだされて、生醤油をかけてどうぞって時代が、確かにありました。

昭和って、飾らぬ実直な時代だったのだと、何だか…しみじみしたのです。(微笑)


二つの食の選手権に参加しています。一日一回、クリック応援していただくと、更新の励みになります。ありがとうございます。
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
グルメブログ 今日食べたものへ">
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

昭和の居酒屋は力強い 1:魚喰いの部(笑)

2017-06-25 10:13:17 | 外食でリフレッシュ!
おはようございます。長い一週間でした(ニッコリ)。遣り甲斐はあったけど、へろへろな日曜の小休止です。

当初の目標点まできた夜に、スタッフと、昭和から続く町の居酒屋へ。長く続く店の仕事……目新しさを追わずに、繰り返される安心感みたいなものを感じました(微笑)。



■鰹の刺身
生姜でもらった鰹の刺身。ひやま(さく取りで、皮側を藁火で焼いて、氷水でしめる)に出来るほどの脂ののりでした。町の好み…厚切りの、しっかり食べこたえある大きさに。生姜、葱、茗荷、紫蘇、海草。刺身をご馳走にする力の「形」を見るように感じました。料理屋の盛り込みって、こうでしたね(ニッコリ)。



■鯨ベーコン
千切り胡瓜をくるんで、芥子醤油で食す、昭和の晩酌のお供(ニッコリ)。調味料を取り分ける切掛けがある、お皿って、確かにあった…。なんとも懐かしい味がしました。



■青森の蛤、炭火焼き
殻が焼けて、香ばしい香りがしています。甘い、グツグツ感が立ち上がる。



ほら、ふっくら♪ つやつやな、ジューシィな焼き蛤。酒醤油でなく、レモンを絞るのが、平成かしらん?(ニッコリ)
奥に写るのは、セロリの漬物(塩をあててからの甘酢漬)です。昭和だったら、ほうれん草のお浸しか、ぬか漬けだったかしらん?(ニッコリ)


二つの食の選手権に参加しています。一日一回、クリック応援していただくと、更新の励みになります。ありがとうございます。
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
グルメブログ 今日食べたものへ">

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

うどんにマヨネーズを少し合わせる面白さ

2017-06-23 19:00:00 | 美味しい食
おはようございます。暴風雨の翌日は夏日の東京です。
しとしと雨が毎日続く、肌寒いけど蒸す……そんな日本の梅雨のイメージと、今年は様子がだいぶ違います。何事もなく、渇水にもならずに、過ぎてくれるように祈る、空は青空!

さて、週末に大仕事が加わり(笑)、通常よりパタパタしている毎日です。仕事の移動の合間に、同行の若手に、街道筋でエネルギー補給休憩も有りです(ニッコリ)。



■こく旨 豚しゃぶぶっかけを、カスタマイズ♪(笑)
豚しゃぶうどんの上にのる、刻みにんにくの実体(笑)と、マヨネーズ3/4程を、皿に取り分けてから、刻み青葱をたっぷり載っけました。
本来の玉葱とあわせて、ダブル葱作戦です(笑)。

振り返って、オリジナルの話を。
店員さんが「マヨネーズを載せますか?」と尋ねてくれます。が、オリジナルを見てみたいワタクシ(笑)、そのままでっとお願いしました。
大さじ1強のマヨネーズはインパクトがあります。マヨネーズとにんにく醤油だれを混ぜることが「こく旨」に通じるアイディアなのでしょう。

その意図をわかった上で、マヨネーズと刻みにんにくの量を引いて、カスタマイズしたのでした。(ニッコリ)

かくして実食。
マヨネーズとたれを混ぜて、うどんと豚しゃぶにあわせて、ずぞ~(笑)。
あ、面白い。ゴマだれ+辣油醤油のようなパンチがあります。そうか、冷しゃぶサラダをうどんに合わせるための醤油使いが活きているようです。

玉葱のしゃくしゃく感がいきて、美味しい。青葱を加えると、うどんとの繋がりもいい。

にんにく醤油だれを、生姜にして、マヨネーズにすり胡麻を足すのもいけそうです。(ニッコリ)
我が家にも、この夏に導入するヒントをもらいました。
■丸亀製麺にてカスタマイズ(笑)

……記事の推敲をできたのは、夕刻でした。怒濤の一日でした。


二つの食の選手権に参加しています。一日一回、クリック応援していただくと、更新の励みになります。ありがとうございます。
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
グルメブログ 今日食べたものへ">

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

夜食ではクッパにせずに(笑):ユッケジャン的スープ

2017-06-22 16:36:00 | 美味しい食
新幹線が止まるような暴風雨でしたが、東京は予報よりは短時間で通過してくれました。
雨が上がった後の、肌寒い夜更けに備えて。朝、準備しておいたユッケジャン的スープ。
ほうれん草を加えて温めて、ご飯にかければ、クッパになる仕掛けで好評でした(ニッコリ)。



予定より遅くに帰宅した私の夜食は、もう少し軽く(笑)。
ご飯をパスして、豆腐半丁、ほうれん草を加えて温めた、食べ応えあるスープにしました。温泉卵をトップするのも忘れずに。

[作る]
○ユッケジャン的スープ(笑)
1)牛肉切り落としは、青椒牛肉に使う時と同じく、5cm長に切り分ける。
2)ぜんまいの水煮、人参、椎茸、長葱も、長さを揃えて切る。ほうれん草は一回り長く切る。戻した木耳は大降りに切り分ける。

3)調味ペーストを作る:醤油:コチュジャン:練りごま=2:2:1 であわせ、胡椒少し、味をみて砂糖を少し加える。
4)ベース・スープを作る:昆布出汁に、あさり水煮缶詰を汁ごと、塩ひとつまみを、加えて、温めておく。

5)醤油:粉唐辛子:おろし大蒜=3:2:1 で混ぜて、牛肉にしっかりもみこみ、30分ほど、馴染ませる。

6)多目の胡麻油に粉唐辛子少量を加えて、火にかけ、牛肉(5)を炒める。
ついで、ぜんまい、人参を加えて、しっかり炒める。
椎茸、木耳、長葱を加えて炒め、油をまとったら、ベース・スープ(4)を加える。強火にして、あくだけを除く。
調味ペースト(3)を加え、蓋をして、弱火で、ことこと。人参に火が通れば、出来上り。

個鍋に、豆腐半丁(そのまま)をおき、ユッケジャン的スープを上から注ぎ、ほうれん草をいれて、さっと煮る。
最後に、温泉卵をトップする。



卵とろぉり。はふはふ、ちょい辛で発汗する食を、いただきます。(ニッコリ)


二つの食の選手権に参加しています。一日一回、クリック応援していただくと、更新の励みになります。ありがとうございます。
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
グルメブログ 今日食べたものへ">
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

雨に負けずに!しっかり肉弁当

2017-06-21 16:03:00 | 美味しい食
こんにちは。西の激しい雨が、関東に移ってきています。
気分の滅入りそうな日は、こっくり&とろっと甘辛く煮た牛で、載っけご飯の弁当にしました。



○玄米ご飯
○牛切り落とし、甘辛煮 →作る★
○アスパラのレモン塩蒸し
○トマトの甘酢浸け
○ほうれん草と隠元豆の白胡麻和え
○梅酢で漬けた紅生姜
○茸と昆布、葱の味噌汁(麦)
○冷やしジャスミン茶

[作る]
1)すりおろし生姜、濃口醤油、日本酒、黒糖をあわせて、混ぜておく。
2)胡麻油をひいたパンで、牛を炒め、(1)をかけて絡める。
3)仕上げに一味唐辛子をふる。

※ 脂の多い切り落としなら、黒糖を控えて、一味を増やすのがオススメです。


肌寒く感じるなら、レンジ・アップできるような弁箱にしました(ニッコリ)。元気出して、いきましょう。

通勤の時間に、雨が酷くなりそうです。皆様、お気をつけて。


二つの食の選手権に参加しています。一日一回、クリック応援していただくと、更新の励みになります。ありがとうございます。
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
グルメブログ 今日食べたものへ">
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

お弁当と違う顔:わんぱくサンドとフルーツ

2017-06-21 00:05:00 | 美味しい食
わんばくサンドとフルーツを、お弁当に準備しました。ふと、思い立って、詰める前に、器に盛り付け(ニッコリ)。



○鳥からとレタスのわんばくサンド、くるみパンにマスタード・バターで
○カリフォルニアのホワイト・ピーチ
○コーヒー

蒼に盛ると、フルーツは違う顔を魅せる! カリフォルニアの空の下に居る気持ちになりました(ニッコリ)。


二つの食の選手権に参加しています。一日一回、クリック応援していただくと、更新の励みになります。ありがとうございます。
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
グルメブログ 今日食べたものへ">
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加