過労死予備群の「食から笑顔になる生活」

夜討ち朝駆けで仕事する日々。忙しくとも自分なりの手間をかけて、美味しく笑顔になる生活を志します。

東京に息づくチュニジア4:駱駝は時を越える

2016-11-05 16:03:00 | 外食でリフレッシュ!
★飛び込み記事です★



■駱駝のこぶのソテー・タジン焼き
駱駝はシャモーと呼び、チュニジアやトルコではご馳走料理とのこと。

ジビエや初めて!(笑)に目がない私を知っているから、「駱駝はいかが?」と聞いてくれました。
「は? 駱駝? 財産だって、トルコの方に聞いたこと、有るのですけど(笑)。」 「こぶは脂肪の固まりって、小学生の頃に習いました」と話す私達にモンデールが笑います。
「脂肪の下にお肉、赤身です。マリネして準備してあるから、美味しいですよ」……ワクワクといただくことにしました。

濃い赤紫色に鈍く光るお肉と、白く脂肪組織が判るように整えてくれた部分と。レモンをギューッと絞って、いただきます。
紫キャベツに溶け込むような色あいと、独特な…渇いた獣を思わせる匂いが、わずかにわかります。が、全体としては、しっかりマリネードした鉄を豊かに含む肉を焼いた香りにまとまっています。
初めての香りに、ワクワクしました。



取り分けてもらって。
うん。しっかりした組織! マリネードしないと、切り分けるのはキツいかもしれません。ざくっと切って、咀嚼するごとに、旨さが判る肉でした。ジャーキーを食すように、ゆっくり噛むことを、これは約束された食材なのだと思います。
脂肪組織は溶けて、全体に濃厚な脂を拡げて。なるほど、タジンでこの脂の丸さで蒸し焼きにするように、じっくり火をいれてから、最後にソテーすることで、からっと旨味に変わるように思いました。
そして、紫キャベツのほろ苦さが、脂を含んだ噛むべき肉に、味に深みを与えています。彩りではなく、意味をもつ使い方に、はっとしました。やるな!

砂漠で道に迷った旅人が、駱駝のこぶには水が入っていると信じて殺して、砂漠で死んでいく話。砂漠で道に迷ったら、我が身を駱駝に縛り付けて、駱駝のいきたい方にいかせれば、オアシスに着くという話。本当に賢い駱駝は、意地悪されたら、寝ているテントを襲うから、気を付けなくてはならないという話。アラブの国では、花嫁をもらうには、駱駝と羊を渡さなくてはならない話。

胸おどらせて読んだ、小学生の頃の「世界の不思議」という本のシリーズは、大人になれば、いくつかは妄想や虚偽だとわかりました(笑)。ですが、あの日のワクワクした気持ちが、いまの私の探究心や、旅を楽しむ気持ちに繋がっているのかもしれません。
一皿の駱駝のソテーは、ランドセルに背負われていた(笑)小学一年生の私に、時間を返してくれました(ニッコリ)。


二つの食の選手権に参加しています。一日一回、クリック応援していただくと、更新の励みになります。ありがとうございます。
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
グルメブログ 今日食べたものへ">
『食べ歩き』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東京に息づくチュニジア3:お... | トップ | 東京に息づくチュニジア5:優... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。