過労死予備群の「食から笑顔になる生活」

夜討ち朝駆けで仕事する日々。忙しくとも自分なりの手間をかけて、美味しく笑顔になる生活を志します。

木山 皐月6:艶やかさと清楚さ、故のエロティック?(笑)

2017-05-18 22:47:00 | 外食でリフレッシュ!
★飛び込み記事です★



■嵯峨野の筍、雲丹、卵黄醤油、
■隠元豆の胡麻まぶし

土に抱かれるような、木の葉型の一皿。筍と隠元豆を逸品に仕上げる不思議(ニッコリ)。
卵黄の照りをうけとった雲丹が、筍に熟感を足したようで。それに対比するように、しゃくっと瑞瑞しい隠元豆……青さの代わりに、あたり胡麻と煎胡麻の深さと香ばしさをまとっている。

こんな風な胡麻和えを思ったことは、ありませんでした。手を注ぎ込みすぎるのではなく、活かして手を引く、見きわめもまた、己の力量と気づきました。
うん! 楽しい。学んでいられることは幸せ。



そう…この夜のお料理の色あいは、印象的でした。
たとえば、これは、歌舞伎の定式幕(じょうしきまく)から萌葱と柿色をもらってきたように思えます。
三色までに抑えたり、和の補色のようなコントラストをみせたり。
淡々と、よきもの、美味しいものを積み重ねているように見えて、統一感があるのは、この色印象故ではなかろうか?(ニッコリ)



隣席はお薄なれど…。



我らは、しっかりした冷酒(笑)と、まだ共に。
ここから、もう一段、かけあがっていくのです。


二つの食の選手権に参加しています。一日一回、クリック応援していただくと、更新の励みになります。ありがとうございます。
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
グルメブログ 今日食べたものへ">
『食べ歩き』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 木山 皐月5:椀の華やぎと淑... | トップ | 木山 皐月7:白に収斂する緑 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。