過労死予備群の「食から笑顔になる生活」

夜討ち朝駆けで仕事する日々。忙しくとも自分なりの手間をかけて、美味しく笑顔になる生活を志します。

余呉に降り立つ (徳山鮓、師走)

2016-12-12 16:18:36 | 日いづる国の伝統食
★飛び込み記事です★



新幹線・米原駅から、北陸本線に乗り換え、余呉駅におりたちました。
田畑が拡がる中の小さな駅舎へむかいます。



お一人で駅を預かる方に、切符をわたして。迎えにきてくださる方をまちました。
ずっと前からの念願かなって、徳山鮓さんへ伺う縁が調いました。
この電車で到着された、もう一組のお客様とまてば、駅の方は毎日間違いなくお迎えがくるから、大丈夫と受け合ってくださいました(ニッコリ)。



徳山鮓の奥さまが、バンを駆って、迎えにきてくださり、周囲の案内をしながら、お店へ案内してくださいました。
駅のまわりには畑地、一本道に沿って、時折、人家がありましたが、お一人にもあわず。
山地のさらに先には、限界集落があり、冬の6m程の積雪が常に気になる時期を迎えているそうです。



余呉湖がみえてきました。公魚や鰻のふるさと。一気に水深が深まる湖故に、豊かな魚が得られるとのこと。
この湖から山を越えた先に琵琶湖があるとききました。
駅から湖を半周するような対岸に、めざす徳山鮓はありました。
古民家の造りは、あくまで静かにたたづんで。ぐっと坂をおりていくと、清潔な白いのれんがあり、丁寧に迎えられたように感じました。
■徳山鮓 (滋賀県長浜市余呉町川並1408)


二つの食の選手権に参加しています。一日一回、クリック応援していただくと、更新の励みになります。ありがとうございます。
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
グルメブログ 今日食べたものへ">
『食べ歩き』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ふわりっ…玉子サンドイッチ | トップ | 空間に馴染んでいく(徳山鮓、... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ほ助)
2016-12-12 20:29:28
ふふふ 写真見てちょっと吹き出しました
本当神出鬼没
過労死さんの現るるところのテーマが分からん
(^◇^)アハハハハ
不思議な人だな~本当
ほんでこの後のここで何をするのかな
記事楽しみ♪
ほ助さんへ:発酵食への訪れでした。 (過労死予備群)
2016-12-16 17:06:46
ほ助さん、こんにちは。

田畑の風景と湖と山、だけですものね(苦笑)。
ここからテーマが解ったら、怖いです(笑)。
あ、そうか、目的地だけは、書いたのでした、テキストで。

徳山鮓というお店へ伺い、発酵食の学びをしてきました。
仕事とは別です(笑)。

引き続きの記事を、楽しみに読んでくださいますように。ありがとうございます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日いづる国の伝統食」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。