過労死予備群の「食から笑顔になる生活」

夜討ち朝駆けで仕事する日々。忙しくとも自分なりの手間をかけて、美味しく笑顔になる生活を志します。

食とデジタル・アート (茅場町)

2017-03-21 01:57:10 | お試し報告


見て食べる体験型デジタルアートというキャッチにつられて(笑)、茅場町に立ち寄りました。
季節ある日本の食をデジタル・アートで体験して、その学びの後に、食神様(たべがみさま)のお社で、おいなりさんを分けていただく、という設定でした。

年期の入った古いビルの内部を暗がりに設定し、僅かな明りに導かれて階段を登る。



シルク・スクリーンを重ねて、美しい空間を写して。



大スクリーンは人感センサを仕込み、人の動きを、スイッチにするインタラクティブ・アート。人の動きによって季節が変わって、もたらされる食も代わることを伝えるコンセプトと思いました。





食神様のお使いの狐のウカが、語り部で。



インタラクティブ・アートは人を上手く引き込むことができると、最初の展示では思いました。

こんな風なデジタル・アートが複数つづきます。面白さに差があるのが不思議でした(笑)。



お出汁や発酵食品、和食の道具立を説明するコーナーも、人感センサを用いたインタラクティブですが、情報量を伝えようとするには、この仕組みは物足りないように感じました。
季節感のように、感覚に訴える内容にむくのです。



リアルなお米に触れる、人の手の動きを積分しているような干渉縞が不思議でした。
日本人のお客様にとっては、お米は触れることを躊躇わないものだと、面白くみました。(ニッコリ)

こんな体験をしながら、食に関わる単語をききながら、食神様のお社というフロアに、階段をあがっていきます。
そのお社で、「たべがみさまの おいなりさん」を、チケットの半券を渡して引き換えるのです。(ニッコリ)

日本の神社の、内宮を模したように、お社は作られていて。キッチンが見えがくれしています。
巫女さんからお札を貰うようにして、食券を買うのです(笑)。

発酵食品や卵焼き、日本酒、稲庭うどん等の、能書きが長い(笑)お品書きが、待っています。
おいなりさんだけを受けとる方が多い時間帯だったようです。(続きます)


二つの食の選手権に参加しています。一日一回、クリック応援していただくと、更新の励みになります。ありがとうございます。
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
グルメブログ 今日食べたものへ">
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 池之端で春を懐かしむ 5:お... | トップ | 食とデジタル・アート:食神... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。