過労死予備群の「食から笑顔になる生活」

夜討ち朝駆けで仕事する日々。忙しくとも自分なりの手間をかけて、美味しく笑顔になる生活を志します。

昔ながらの知恵でお弁当

2017-06-14 14:49:00 | 美味しい食
梅雨らしい、肌寒いのに蒸す日が続いています。
小麦ごはんが続いていましたから、久しぶりに、しっかり噛む玄米ご飯のお弁当、いきましょう。



○黒豆炊き込み玄米ご飯 →作る★
○胡麻けんちん汁
○しっかりモチモチ、小田原はんぺんの白煮、下におぼろ昆布をひいて盛る →作る★
○うづら玉子の辛みそ漬け
○韮、ゆず胡椒醤油和え
○甘酢浸けトマト
○さくらんぼ
○ジャスミン茶


■黒豆炊き込み玄米ご飯
調剤薬局で取り扱うような、可食黒豆茶を使って、玄米を炊きます。手軽ながら、香りよくいきました♪

■はんぺんの白煮
小田原のしっかり弾力性のある、丸はんぺんを土産にいただき、山葵だけで、美味しいつまみになりました(ニッコリ)。
色の美しさを活かして、さっと煮て、おかずにしました。

[作る]
1)生姜をすりおろし、一塩の昆布出汁に加える。
2)温めたつゆで、丸はんぺんをさっと煮る。火をとめて、つゆに浸したまま、冷めるまでおく。
じゅんわり、つゆを吸い込むよう、見守る。

詰める時に、おぼろ昆布をひいて盛ると、液だれしません。つゆだくおかずは、玄米ご飯の味方です(ニッコリ)。


二つの食の選手権に参加しています。一日一回、クリック応援していただくと、更新の励みになります。ありがとうございます。
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
グルメブログ 今日食べたものへ">
『お弁当』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フルーツ酢を活かしてデリシ... | トップ | サンド・スープ・ゼリィのガ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

美味しい食」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。