過労死予備群の「食から笑顔になる生活」

夜討ち朝駆けで仕事する日々。忙しくとも自分なりの手間をかけて、美味しく笑顔になる生活を志します。

季節の魚でちょい呑み:てとら1 (桜上水)

2017-02-12 06:30:32 | 外食でリフレッシュ!
冬が帰ってきたかと思った二日間でした。受験が佳境を迎え、バレンタインのポップが溢れる頃の寒波は、毎年のことなのに(微笑)。それでも、寒いっと思ってしまいます。
季節のお魚をあてに、家人とちょい呑みして、笑って帰ることにしました。


こんな風な、魚喰いの呑助(笑)に嬉しい手頃な肴がならぶ、てとら (桜上水)です。


まずは泡を。たまにはブリリアンテ(勝沼醸造)から浮気して、店主の倉林さん・おすすめの嘉(よし、高畠ワイナリー、山形県)を。シャルドネ100%のスパークリングワインは、きれいな苦味と甘味がバランスして美しかった。日本の食にあう味わい。



突きだしは、クラゲぽん酢と胡瓜。コリコリっのガラスのよう(笑)なクラゲの食感が楽しい始りでした。

並ぶお造りをあえて外して、仕事をしてある和え物を!(笑)



■金目鯛のみぞれ和え
脂ののった金目鯛が美味しい! だからこそ、みぞれ和えが嬉しい(ニッコリ)。冬ならばこそ、の味でした。



■小肌(こはだ)の海苔和え
銀色に輝くコハダに、漆黒の宮城の海苔を合わせた品。素敵な漢字表記もあって、何ともエロティック!(笑)
このアイディアは真似っこしたいと思いました。

かますの新玉葱和え(写真無し)も、食感のバランスが楽しい小鉢でした。
お刺身に一手間! 改めて魅力にきづきました。



■牛蒡と蕗の薹の春巻
熱々、さくさく!
ふわりっと香りたつ牛蒡と蕗の薹。噛むと、爽やかな苦味。あ、日本の春!と呼びたくなりました(ニッコリ)。
当たり前のように、ちびの頃にあった組み合わせ。今は、しみじみ戴きます。

■さかなの寄り処 てとら (杉並区高井戸一丁目、最寄り駅は桜上水)


二つの食の選手権に参加しています。一日一回、クリック応援していただくと、更新の励みになります。ありがとうございます。
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
グルメブログ 今日食べたものへ">
『食べ歩き』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 久しぶりのきつねうどん(笑) | トップ | 季節の魚でちょい呑み:てとら 2 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

外食でリフレッシュ!」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。