過労死予備群の「食から笑顔になる生活」

夜討ち朝駆けで仕事する日々。忙しくとも自分なりの手間をかけて、美味しく笑顔になる生活を志します。

木山 皐月8:ふくよかな春

2017-05-19 12:56:00 | 外食でリフレッシュ!
★飛び込み記事です★



■煮蛤、湯葉、茎わさび

煮蛤(にはま)の色あいが美しい! 江戸前の寿司職人の仕事とは、趣きが違って珍しく、しげしげと見惚れました。

ふっくら、むっちり…春をいただく。蛤はやはり春の喜びです。

湯葉はやはり西の文化と思うのは、こういう奥ゆきある調理があるからです(ニッコリ)。東にも生湯葉は出回りますが、そこからの発展はまだ乏しいです。少し参考書籍を探してみたく思いました。
学びと気付きのある、美味しい食は大好きな時間です(ニッコリ)。


二つの食の選手権に参加しています。一日一回、クリック応援していただくと、更新の励みになります。ありがとうございます。
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
グルメブログ 今日食べたものへ">
『食べ歩き』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 木山 皐月7:白に収斂する緑 | トップ | 木山 皐月9:のどぐろと花山椒 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。