過労死予備群の「食から笑顔になる生活」

夜討ち朝駆けで仕事する日々。忙しくとも自分なりの手間をかけて、美味しく笑顔になる生活を志します。

刻んで揚げただけに美味しさプラス。香る春の和晩酌。

2017-03-29 00:43:00 | 美味しい食
こんばんは。氷雨から一転、桜が開くような暖かい一日でした。この夜は、お一人様晩酌の気軽な夜でしたから、フィンガーフードでビールにしようって思いました(笑)。

素材を活かして、刻んで揚げただけ(笑)。手軽に、食感や香りが活きている調味料も使いました。



○小海老のコーン・ミールまぶし揚げ→作る★
○沖縄産ジーマミ豆腐
○鯛造り・山口の竹輪→軽く炙ってから捻り切り
○福岡、かば田の無着色明太子 →解してディップに
○鹿児島の路地胡瓜
○アイコ・トマト
○苺
○ハウス本きざみ粗切りシリーズ
粗切りわさび、粗切り生しょうが、粗切り柚子こしょう(無着色)
○ヱビス、ジョエル・ロブション華やぎの時間

どの食材もしっかりしているので、美味しい明太子を合わせて、旨し。香る柚子胡椒は、香ばしく揚げた海老にあいます。
山葵や生姜は、炙り竹輪だけでなく野菜にもヒット(笑)。

■小海老のコーンミールまぶし揚げ
[材料]
小海老 60g
△塩 小さじ1
△日本酒 大さじ1
△水 大さじ2
△コーンミール 大さじ2
ハウス本きざみ粗切りシリーズ
粗切りわさび、粗切り生しょうが、粗切り柚子こしょう 各小さじ1/2~お好み量
揚げ油 適量

[作る]
1)小海老はよく洗い、水気を拭き取る。
2)ボウルに、コーンミール他△を合わせる。小海老をボウルに加え、絡める。
3)フライパンで熱した油(1cm高ほど)に、小海老を広げいれて、からりっと揚げる。油をしっかり切る。
4)ハウス本きざみ粗切りシリーズを、それぞれ小皿に盛り、供する。



山葵、生姜、柚子胡椒。小さな瓶をきゅっと開けると、香りました。粒々の刻みがアクセントに。噛むと、ぷちっと香ります。瓶を開けるだけの手軽さ(笑)。
ドレッシングやマヨネーズ、醤油を必要としない、春の和晩酌の味方です(ニッコリ)。



到来物に感謝♪
旨味のしっかりした山口の竹輪を軽く炙れば、さらに香る。これに博多の明太子を添えれば、日本酒かも?と呼ばれるコラボ(笑)。ほ助さんからの宝箱より♪ 大好きな織部に盛りました。
ジーマミ豆腐は、箸で摘まむと、伸びてもっちり。旨し。
鯛をあしらった瑠璃皿は、先月見つけた、昭和のアンティークです。

到来物と美味しい野菜に助けられ、手間なしで機嫌良い晩酌でした。



瓶を開けるだけで、和の薬味に使っても楽しめる(ニッコリ)。和食の姿です。
【「和のスパイスで香り立つ、春の和食レシピ」モニター参加中】

春の和食料理レシピ<map name="r170301a"><area href="http://www.recipe-blog.jp/sp/mb/r170301a" target="_blank" shape="rect" coords="4,4,192,85"><area href="http://www.recipe-blog.jp/special/spiceblog/" target="_blank" shape="rect" coords="196,4,295,85"></map>
春の和食料理レシピ  スパイスレシピ検索


二つの食の選手権に参加しています。一日一回、クリック応援していただくと、更新の励みになります。ありがとうございます。
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
グルメブログ 今日食べたものへ">
『今日の献立』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クリスケットでアメリカン・... | トップ | 春のお結び弁当 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

美味しい食」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。