過労死予備群の「食から笑顔になる生活」

夜討ち朝駆けで仕事する日々。忙しくとも自分なりの手間をかけて、美味しく笑顔になる生活を志します。

木山 皐月3:五感を集める

2017-05-18 17:31:00 | 外食でリフレッシュ!
★飛び込み記事です★



■かわはぎの肝和え、葱の花を散らす

和え物を盛り込んで、木山さんが緑色のとげとげしたピンポン玉に茎がついたような…ロリポップみたいなものを、手にする。柔らかそうなとげとげ(笑)を摘む音がする。
はっ? 葱の花を散らします、という…。それは、葱坊主?!(笑)
香る薬味に使うのは、初めての体験です。

器が手元に置かれれば、その姿に気持ちは移ります(笑)。

可愛い! 鯉かな、鯰のちびかな?
魚の泳ぐ様を写した器が好きっ!



うん? 私だけのお楽しみ?(笑)
こちらは静かな湖面のよう。
この湖面から、鯉は跳ねて、私の所にきたのでしょう(ニッコリ)。



改めて、寄ります。かわはぎのほの朱い身に、とっぷりの肝和え衣。緑の針に見えるのが、葱の花。
強いアクセントではなく、驚きこそが印象をかきたてる…その特別さが、味を香りを形創ろうとする、面白さ♪

料理の面白さ、こんな遣り方もある、と学ぶ時でした。(ニッコリ)

かわはぎの肝和えは、好物なので、も少し欲しくなりました(笑)。



お料理の進みに応じて、違うお酒を勧めてもらっています。私も呑助ですが(笑)、このラベルははじめてみました。
真っ黒な山男かと思えば、「鶴齢 純米酒 雪男」、新潟の辛口でした。お、これを求める料理が待っているのですね(ニッコリ)。

お料理にあわせて、日本酒をかえていける。徳利も変わりました(笑)。シャンパーニュやワインのように。
時代の求めに一歩だけ先んじる…大好きな和久傳の性がちらりっと見える。
お楽しみは、まだ始まったばかりです(笑)。


二つの食の選手権に参加しています。一日一回、クリック応援していただくと、更新の励みになります。ありがとうございます。
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
グルメブログ 今日食べたものへ">
『食べ歩き』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 木山 皐月2:紅白にはじまる | トップ | 木山 皐月4:静かな朱 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。