過労死予備群の「食から笑顔になる生活」

夜討ち朝駆けで仕事する日々。忙しくとも自分なりの手間をかけて、美味しく笑顔になる生活を志します。

木山:花に迎えられる

2017-05-17 07:42:45 | 外食でリフレッシュ!
おはようございます。雲が厚い東京です。電車で移動中ですので、五月はじめの印象的な外ごはんを、振り返って書き留めておきたいと思います。

★ここから、飛び込み記事です★



花に迎えられる…。マンションの一階と前庭に、静かな道が調えられて。



五月上旬、華々は豊かに香って。このお店の開店を祝い、お客様をお迎えする。
花に見惚れて、歩を留めると。
ことことっと石を踏む足音。はにかむ笑顔が駆け寄ってきて。店内に案内されました。久しぶりの木山さんの笑顔でした。
店内は、木の造作が美しい。丁寧に作り込まれた店内は、マンションの一階と思えない…。京都の建築の奥深さを楽しくみました。(ニッコリ)

京都、御所南。開いて十日余の「木山」に伺いました。
一月まで、京都和久傳の板長(料理長)、店長であった木山さんが、開いたお店です。
玄関傍にあった和久傳からの見事な五葉松の盆栽が、木山さんの道を照らす灯りの一つになっているのだろう…そう感じる嬉しさ。
遅くについた私達でした。同じカウンターで、先にはじめておいでのお客様達の美味しいっという笑い声に、暖められた空気に、すっと溶け込んでいけるようでした(ニッコリ)。

ことりっ……。
始まりは、掌にのるお茶碗にお白湯!
井戸を掘って、御所から連なる水脈にあたった!と言う幸せのお福分けにあずかりました(ニッコリ)。

ああ、木山さんは土地に護られて始められる。幸せなこと!と、こちらも笑顔になりました。



お料理にあう冷酒を、とお願いすると、酒器の棚から、各々に一つ、ちょく(=口許へはこぶ器の意味で)を選び出してくれて。
私のための、左手の白磁…エレガントで凛とした強さがある……何て美しいのだろう…私はこれに似合うかしらん?(苦笑)。
右手のすこやかな土物、鎬の清楚さとのコントラストが面白い。瓶子はフランスのドレッシング・ボトル。
こうして写真に切り取れば、魯山人がすこぅし笑ってくれそうです。

隣席の方が、差しでたことを、といいながら、私の手の白磁は、李朝の形に連なる仕事と、静かに教えてくださって。
ああ、いいな…。きっと良い時間になる。静かな予感が自分に満ちてくるのは、こんな時です(微笑)。



きれいな冷酒を味わいながら、眼差しを遊ばせる楽しさ。
カウンターの先には、仕上げ板があり、その仕事を覗きこめて。
その奥には、下拵えの台所があるらしい。若い衆が複数、立ち働く気配がします。
どこもかしこも、目配りされていると驚かされる。京都の料亭は個に移しても、その基本は変わらないのだと、自然に笑みがこぼれてくるのでした。

■木山:御所南、京都市


二つの食の選手権に参加しています。一日一回、クリック応援していただくと、更新の励みになります。ありがとうございます。
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
グルメブログ 今日食べたものへ">

『食べ歩き』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10分足らずでガールズ・ラン... | トップ | 木山 皐月1:白に白を盛る…... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。