過労死予備群の「食から笑顔になる生活」

夜討ち朝駆けで仕事する日々。忙しくとも自分なりの手間をかけて、美味しく笑顔になる生活を志します。

水元公園 菖蒲祭:東京都の味の拡がり

2017-06-19 06:53:00 | 日いづる国の伝統食


水元公園の一角では、東京都の物産案内や食事テントが並んでいました。
東京都で醸造されているお酒が、ずらっと並んでいて、こんなにあったかと驚きました。
100ml程で販売されて、お味も様々でした。



東京都の地酒と並ぶ、目玉商品は「八丈島」の味です。八丈島は伊豆諸島の一つで、東京都です(ニッコリ)。
この写真にある「明日葉茶」も、そちらから。
手前の日本酒は、東京地酒「澤乃井」純米吟醸・大辛口、めったに見ないのをうれしいこと。
寒々しかったので、おでんと、昔ながらの佃島のさつま揚げ焼きを摘まんで、焼き上がるのを待ちました。



おお!じゃんっ。きたぁ、大きいっ!
八丈島の「くさや、飛び魚」です。
独特の発酵匂が、立ち込めます(笑)。
この場のキャッチは、「家で焼けなくても、ここで食べよう」でした。

魚を塩水に浸けてから干す。島での貴重な食糧保存方法でしょう。
その塩水を繰り返して使う、湿度と気温が高い中で発酵が進み、独特の旨味が生まれ、それを家ごとに継いできたのが「くさや液」とききます。

江戸時代、八丈島の年貢は塩だったから、貴重品である塩水を繰り返して使ったから、生れた、という説。室町時代の記録に、くさやを思わせる記述があるとの報告もあります。

一番、合理的なのは、この発酵液につけた干物には、他の雑菌がつかず、持ちがいいから、重宝された、とする考え方です。

独特な匂いは、知らないと、魚の腐敗臭と勘違いするほど強いのです。ですが、アンモニア臭ではないので、明らかな違いは、わかります。
食すと、魚に旨味がぎゅっと載っていて、お酒も、白ご飯もすすむ味です。



開いて干してあるから、裏側には、滑空するための、長いヒレがあります。さすが飛び魚!(ニッコリ)

八丈島の焼酎、島酒に移れば、それは又、よく合いました(ニッコリ)。東京の島しょ部には、知らない魅力が未だ未だ、あるようです。



ふわとろっの葱たこ焼も(笑)。

花菖蒲をみにきて、八丈島のかけらも貰った、楽しい時間でした。
■水元公園 花菖蒲祭、東京都葛飾区


二つの食の選手権に参加しています。一日一回、クリック応援していただくと、更新の励みになります。ありがとうございます。
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
グルメブログ 今日食べたものへ">

『食べ歩き』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 水元公園 菖蒲祭:雨に咲く花 | トップ | 気持ちの一杯:父の日のゲストへ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。