ブラックファイブ

あのDr.ブラックジャックの半分以下なので、ファイブとします。命燃え尽きるまで、経験と知識からブログをやろう。

胸部悶々苦

2017-07-14 23:09:22 | Weblog
 朝、外来に行くと、某科の医師が来て、「(患者さんが)胸が苦しいといってるので、診て欲しい。」と言われた。
 見に行くと、悶々ともだえて如何にも苦しそうにもがいている。 
 状態や経過を聞こうとするも、はっきりとした返事はされない。
 臥位でも坐位でも苦しさは同様、血圧OK、脈OK、酸素飽和度OK、麻痺はなし。
 だったら、心不全・呼吸不全・脳障害はなさそうで、後は、虚血性心疾患位しか浮かんでこない。
 酸素濃度はOKだから、酸素吸入は要らない。
 はっきりしないから、血管確保目的で、点滴だけはやっておく。
 そして、確認と検索目的で、胸部レントゲン、心電図、血液検査を行って、意識レベルの低下はないから、結果を待つ。
 その間、肥満体型から軽い心不全位はあるかもと、利尿剤を少量点滴とし、鎮静剤投与。
 暫くして、検査結果をみて、見に行くとかなり落ち着いており、諸検査も目立つ程の異常も認められず、ま、心因的な反応が主体と考えられた。
 振り返れば、愁訴のはっきりしない悶え方、昨日までは普通だったようで、この辺りから、心因辺りまで、対象を広めておくべきだった。
 ただ、肉体疾患のないことを確認だけはしておかないと、落とし穴にはまる。
 
 この最初の一件の影響で、今日は細かなミスが多くなってしまった。

※ “営利目的でないキャンプ vs 旅行業法違反”は理解し難い。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 上司の診察 | トップ | 昨日の反省 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL