Indoor airplane world
 



 スロットル・フリーのジョイスティックを調達できるように手配していますが、なかなか数量が揃いません。

 そこで、センタ復帰タイプのジョイスティックをスロットル・フリーに改造しやすいジョイスティックがないかさがしました。


ジョイスティックJS-C

 何種類かあるジョイスティックの中でも、JS-Cというジョイスティックが比較的改造しやすいことがわかりました。ここでその改造方法を紹介します。



後ろの樹脂(画像右)をとめている4本の爪を起こして分解したのが上の画像です。このジョイスティックはスティックをセンターに戻す機構が他のものと大きく違っていて、樹脂製のリングが、スプリングの力でスティックをセンタに戻しています。



上の画像が今回改造する部品です。扇状の部分に樹脂製のリングが当って、スティックをセンタに押し戻しています。



リングが当る部分を半円形に削ると、スロットルスティックがリングに押されても、センタに戻る力が働かなくなり、どこにでも止まるようになります。扇状の出っ張りをニッパーで切り落としてから、ヤスリで半円形に削ります。削りが足らないと、スティックを一杯に倒しても少し戻る場合があります。

 ジョイスティックを改造した経験のある人ならわかりますが、他のジョイスティックは、スティックを左右上下に倒したときに、センタに戻すための部品が1ピースでできています(一例)。JS-Cは上下と左右を戻す部品が別々なので、スロットル(上下)がフリーになる改造をしても、もう一方(左右)の動作に影響を与えません。

 また他のタイプでは、スティックのセンタにある小さな部品を加工する必要があるのに対して、JS-Cでは外側の大きな部品を加工するので、改造が比較的楽です。

 ジョイスティックの開口部が○穴になっているものが多く、改造の時に□穴に削っていましたが、実際に使ってみると、中スローで飛行させることの多いインドアプレーンでは、○穴でも支障がないことがわかり、最近は○穴のまま使っています。気になる人は、分解したついでに□穴に削ってもよいでしょう。

 いずれのジョイスティックも、センタに戻すためのスプリングが少し強すぎるように感じます。細いピアノ線で巻きなおしたスプリングに取り替えてテンションを調整したりしていますが、同じ径のスプリングを巻くのはちょっと難しいです。スティックを長くしても少し改善されますが、それだけ動かす量が多くなってしまいます。

 いつも困るのがスティックに使う材料です。最も簡単なのは、使い終わったボールペンの芯を適当な長さ(約25mm)に切り、先端をライターなどで暖めてやわらかくしてから、ジョイスティックに押しんで使っています。

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )


« 超小型4チャン... 1セルリチウム... »
 
コメント
 
 
 
タイプ (tt)
2011-06-20 11:25:47
PCキー入力による誤動作にて3回目の記述!?
やれやれ(余談)

気をとり直して報告です。
今、この画像をみて気が付いた事なのですがスティックと
ボリューム可動シャフト部が一体化されていますが、わたしの購入品(ALPS‐VR緑)はスティックに白い円盤状のプラスチック製の物が付いています。動かしているうちに上下左右の動きスロットル(任意の位置で止まる)とラダー(スプリングで中立に戻る)が入れ替わる時があります。不思議に思ってバラシて円盤部を手で触ると固定されて居らずグルグルと」回ります。それではと瞬接で固定して組み立てて動かして入れ替わらなく成りました。(皆様も御利用時には、気を付けて下さい)

 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。