Indoor airplane world
 





 TWE-LiteチップへのプログラムやCONFIGの書き込みにTWE-Liteチップ書き込アダプタを使ってきたが、そのままブレッドボードにセットして、動作チェックができたら便利だと考え、TWE-Lite DIPと同じ全ての入出力ピンを配線した、TWE-Liteチップ用DIP変換アダプタを作った。



 加工が難しかったのがTWE-Liteチップをセットする部分のコンタクトピンのはんだ付け。Φ1.4ミリのシャフトにコンタクトピンを通して整列させた。コンタクトピンに廣杉計器のチェック端子を使っている。



 今まではTWE-Lite DIPを使ってテストしてきたが、これでTWE-Liteチップもブレッドボード上でテストできる。



 TWE-Liteチップ用DIP変換アダプタは大分前から計画していたが、DIPソケット基板のパターン描画ミスで大幅に遅れ、今日基板が届いてようやく完成した。


■2016/09/14追記

 この変換アダプタを作るための基板のみ2枚セットをこちらで頒布します。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« Rsaspberry Pi... 超簡単!TWEア... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。