Indoor airplane world
 





 プレイステーションのリペア用で、スティックがセンターに戻るタイプ(画像上)のジョイスティックをリリースしました。

 現行のジョイスティックが産完了になったためです。

 スロットルフリーのジョイスティックも特注で製造してもらっていましたが、こちらも生産完了になっています。

 インドアプレーン用送信機では、スロットルがセンターから上に割り当てられるので、慣れるまで使いにくいかもしれません。でもスティックから指を放せばセンターに戻って、モータがストップするので便利な面もあります。

 また、船や車ではスティックのセンターから下にバックを割り当てることができます。

 自分自身も大分前から、スロットルスティックがセンターに戻るタイプの送信機で、インドアプレーンや船を操縦しています。

 最近リリースした2チャンネル赤外線送信機組み立てキットにも、プレイステーションのリペア用ジョイスティックを使っています。

 以前使っていたジョイスティックは、スロットルだけをフリーに改造できましたが、プレイステーション用のジョイスティックは、構造上スロットルだけをフリーに改造することができません。

 どうしてもという場合は、全方向フリーになります。まあ慣れれば、それでも不自由なく操縦できます。むしろ船の操縦には向いている一面もあります。

 それはスティックから指を離しても、一定の速度と一定の旋回半径で走航するのを可能にしてくれるからです。

 それとプレイステーション用のジョイスティックには、ノブを押下するスイッチがついています。このスイッチの利用例がテオポウウオの放水銃です。

 片手で3チャンネルの操作ができます。車のライトを点灯したり、船に載せたカメラのシャッターを切ったり、戦車の砲塔旋回に使ったりといろいろ応用できます。

 以下はプレイステーションのリペア用ジョイスティックをスティックフリーにする方法を紹介したものです。



 ジョイスティックの赤丸部分のツメを起こします。



 ベースが簡単に外れます。



 スプリングとプラスチックパーツを外します。



 元通りに組み直せば、全方向フリーのジョイっスティックになります。
















コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 健康診断 Fusion PCBに... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。