快読日記

日々の読書記録 独断と偏見はひらにご容赦!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

読書中『言葉を離れる』横尾忠則

2016年10月08日 | エッセイ・自叙伝・手記・紀行
10月7日(金)

『小学二年生』がなくなるんだそうですね。
もう『小学一年生』だけしか残っていないという。

うちは両親ともに全然本を読まない家だけど、とりあえず欲しがれば買ってくれた。
中でも『小学○年生』と『○年生の学習』(『科学』は買ったことがなかった。今思えばあれが運命の岐路だったか…。)は定期購読してくれて、毎月本屋のおじさんが持ってきてくれた。
『小学○年生』の別冊ふろくのおかげで、ホームズの『まだらのひも』や『赤毛連盟』を読めたし『カゲマン』も大好きだった。
今でもミステリが好きなのはこういうきっかけがあったからかも。
本を読むことが楽しいのはもちろんだが、「あと少しで届く!」というときの待ち遠しさといったらない。

本読みにとって、そういう幼少期の読書体験は、何にも増して語りたいネタ。需要がないので語れないだけで。
今日読み始めた『言葉を離れる』(横尾忠則/青土社)はいきなり、自分はいかに本を読まなかったかという話から始まって、むしろ、それがよかったんだ、という展開だ。
なんだかちょっとうらやましいなあ。

わたしにとって本を読むことは知力の筋トレだし、モノを考えるときのガイド(補助線)でもあるから、読書なしの人生というのは全く想像ができない。
ところが一方で、本なんか読まねえよ〜!と叫んで木に登ったり歌ったりする子供に憧れを抱くこともある。

わたしが「本を読む自分である」ということは、自負でもあり劣等感のもとでもある、ということだ。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 読了『百人一首がよくわかる... | トップ | 読書中『チェスタトンの現代... »
最近の画像もっと見る

エッセイ・自叙伝・手記・紀行」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。