快読日記

日々の読書記録 独断と偏見はひらにご容赦!

読了『「鬼畜」の家』石井光太

2016年10月17日 | ノンフィクション・社会・事件・評伝
10月15日(土)

親が虐待の末に子供を殺してしまうニュースを見るたびに、どんなふうに生まれ、どう育てられたら我が子を殺せる人間になるのか、と思う。
『「鬼畜」の家 わが子を殺す親たち』(石井光太/新潮社)を読了した。
帯の「虐待する親たちを3代までさかのぼり、その生育歴にも至る」に関しては、少しだけ期待はずれか。
3つの事件をたった1冊に収めているくらいだから、そこまでは無理か。
でも、そこを除けば、ものすごく読み応えがあった。


ひとつめの事件(厚木市幼児餓死白骨化事件)の加害者の親戚にあたる女性の「この家で大きな問題が起こるのは、時間の問題だって思ってました」(81p)という証言もあるように、“殺す親”たちの生育歴や生育環境には共通点が多く、“起こるべくして起きた”感はぬぐえない。
何かがごっそり抜けている人間?
(共通点と言えば、揃いも揃ってみんな“アトピー”で“ディズニー好き”だ。なぜだ。)

じゃあ、同じような環境で育てばみんな子供を虐待するのか、殺すのか、といえばもちろん否!なので、いろんな要素が組み合わさり重なった結果がこれかと思うと、ページを繰る手も重くなる。

2つめの事件、小さい子供たちが寝ている隣で出産して、その場で処理する女の姿はおぞましいが、うっかり「タフだなー」と感心してしまった。
彼女も“異様なほどの受動的人間”だ。

3つめ、表紙写真に登場するウサギ用ケージ(実際使われたものより大きいそうだ)に3歳の男の子を閉じ込め、タオルで口を縛って窒息死させた事件。
長時間かけて窒息に至る「遷延性窒息」という言葉を初めて知った。
どんなに苦しかっただろう。
その加害者夫婦の妻(筆者が彼女の詐病に気づくくだりは、どのホラーよりも怖い)の母親への取材が何とも言えずすごかった。
尼崎の角田美代子の本を読んだときにも思ったけど、「モンスター」って確かにこの世に実在するなあ。
そういう人物に育てられ(“育て”たかどうかはともかく)、「極めて強い受動」(39p)性を植え付けられた子供が、「虐待する親」になる道はそんなに遠くない。


エピローグで、望まない妊娠などの理由で子供を手放したい母親と養親(里親)をつなぎ、特別養子縁組を斡旋するNPOを取材している。
もしここに来なかったら加害者になっていたかも、と思わせる女性も登場する。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10月16日(日) | トップ |   
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。